伊藤圭祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤 圭祐
(いとう けいすけ)
生誕 1979年8月
居住 日本の旗 日本
研究分野 農芸化学
研究機関 東京大学
静岡県立大学
出身校 日本獣医畜産大学応用生命科学部卒業
静岡県立大学大学院生活健康科学研究科博士前期課程修了
東京大学大学院農学生命科学研究科博士後期課程修了
主な業績 グルカンスクラーゼの立体構造の解明
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

伊藤 圭祐(いとう けいすけ、1979年8月 - )は、日本農芸化学者。専門は、タンパク質工学・味覚科学。学位は、博士(農学)東京大学2008年)。静岡県立大学食品栄養科学部准教授・大学院食品栄養環境科学研究院准教授。

東京大学大学院農学生命科学研究科特任研究員、静岡県立大学食品栄養科学部助教などを歴任。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1979年生まれ[1]。日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学応用生命科学部食品科学科に入学[2]。食品学を学び、2003年に日本獣医畜産大学を卒業[2][3]。その後、静岡県立大学大学院に進学、生活健康科学研究科にて学んだ[2]2005年、静岡県立大学大学院博士前期課程を修了[2]。さらに、東京大学大学院農学生命科学研究科に進学[2]2008年、東京大学大学院博士後期課程を修了[2][3]。それに伴い、東京大学より博士(農学)の学位を取得[2][4]

学究活動[編集]

2008年、東大院農学生命科学研究科博士課程修了後、同研究科特任研究員に就任[2][5]。同年、京都大学大学院医学研究科客員研究員を兼任[2]。また、2009年には日本学術振興会特別研究員にもなっている[2][5]2010年、静岡県立大学食品栄養科学部の助教に就任した[2]

2016年、静岡県立大学食品栄養環境科学研究院・食品栄養科学部食品生命科学科(食品化学研究室)准教授[1]

研究[編集]

主な分野[編集]

農芸化学を専門に研究しており、特に蛋白質工学味覚科学といった領域を中心としている[6]。特に蛋白質について着目しており、その構造と機能について調査を行い、それぞれの相関について分析を試みている[7]。また、ヒトにとって有益な蛋白質の生産を試みており、蛋白質を生成する微生物を用いた研究に取り組んでいる[7]

グルカンスクラーゼの立体構造の解明[編集]

2011年、岩田想伊藤創平とともに、齲蝕の病原因子となる酵素「グルカンスクラーゼ」の立体構造を明らかにした[8][9]。それに伴い、グルカンスクラーゼによる多糖の合成メカニズムを解明した[8][9]。なお、齲蝕の病原因子となる酵素の立体構造を解明したのは、世界で史上初めてである[8][10]

伊藤圭祐らは、大腸菌を利用してグルカンスクラーゼ大量に合成し、それらにX線を照射し結晶の内部を分析することで、その立体構造を明らかにした[11][12]

略歴[編集]

  • 1979年 - 生誕
  • 2003年 - 日本獣医畜産大学応用生命科学部食品科学科卒業
  • 2005年 - 静岡県立大学大学院生活健康科学研究科修士課程修了
  • 2008年
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。3月、博士(農学)。論文の題は「味覚修飾タンパク質ミラクリンの発現系構築と構造生物学的解析(Taste-modifying protein miraculin : expression system construction and structural analysis)」[13]
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科特任研究員
    • 京都大学大学院医学研究科客員研究員
  • 2009年 - 日本学術振興会特別研究員
  • 2010年 - 静岡県立大学食品栄養科学部助教
  • 2016年 - 静岡県立大学食品栄養科学部准教授

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「教員情報詳細」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース』静岡県立大学。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 「Biomolecular Engineering Lab. / Members' profile」『伊藤圭祐』静岡県立大学食品栄養科学部生物分子工学研究室。
  3. ^ a b 「最終学歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース』静岡県立大学。
  4. ^ 「学位」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース』静岡県立大学。
  5. ^ a b 「主な経歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース』静岡県立大学。
  6. ^ 「専門分野」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース』静岡県立大学。
  7. ^ a b 「主要研究テーマ」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース』静岡県立大学。
  8. ^ a b c 静岡県立大学・京都大学東京大学科学技術振興機構「虫歯の病原因子である酵素の立体構造を世界で初めて解明――虫歯の予防物質を探索するための手がかりを得る」『虫歯の病原因子である酵素の立体構造を世界で初めて解明~虫歯の予防物質を探索するための手がかりを得る~科学技術振興機構、2011年2月17日。
  9. ^ a b 「京大ら、虫歯の病原因子である酵素の立体構造を解明」『京大ら、虫歯の病原因子である酵素の立体構造を解明 | エンタープライズ | マイコミジャーナル毎日コミュニケーションズ、2011年2月18日。
  10. ^ 「虫歯のもと『ねばねば』作る酵素、初めて解明」『虫歯のもと「ねばねば」作る酵素、初めて解明 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)読売新聞グループ本社、2011年2月19日。
  11. ^ 鍛治信太郎「虫歯の原因酵素、正体解明 歯周病など予防に期待」『asahi.com(朝日新聞社):虫歯の原因酵素、正体解明 歯周病など予防に期待 - アピタル(医療・健康)朝日新聞社、2011年2月18日。
  12. ^ 「虫歯酵素、立体構造を解明=予防物質開発に期待-静岡県立大など」『時事ドットコム:虫歯酵素、立体構造を解明=予防物質開発に期待-静岡県立大など時事通信社、2011年2月18日。
  13. ^ 博士論文書誌データベース

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]