伊藤千尋 (競馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 千尋(いとう ちひろ、男性、1985年9月10日 -)とは、地方競馬ホッカイドウ競馬所属の元騎手である。 勝負服の柄は胴黄・桃山形二本輪、袖桃・青縦縞。北海道岩見沢市出身、身長168センチメートル、体重47キログラム、血液型B型。岩見沢市立明成中学校卒業。妻は元騎手の笹木美典[1]地方競馬教養センター騎手課程第78期生[2]。所属厩舎の伊藤靖則調教師は実父。

来歴[編集]

2003年9月29日付けで地方競馬騎手免許を取得[3]。同年10月7日第3回門別競馬1日目第3競走D4-3組条件戦(40万円以下)ブレイベストオペラで初騎乗(11頭立て5番人気2着)。翌2004年4月29日第1回札幌競馬(地方)4日目第6競走D4-1組条件戦(40万円以下)をゴダイザンで優勝(10頭立て2番人気)し、初勝利。

2005年3月21日第19回全日本新人王争覇戦優勝(11人中)[4]

2006年9月23日第2回札幌競馬5日目第7競走3歳以上500万下でプリンスキングに騎乗し、中央競馬初騎乗(9頭立て9番人気8着)。

2007年11月24日から2008年1月20日まで高知競馬場で期間限定騎乗を行い[5]、同年12月8日第14回高知競馬1日目第8競走個人協賛「やったね修ちゃん特別」(B級ロ組)をカネショウシーズで優勝(8頭立て5番人気)し、同期間中での初勝利をあげた[6]。2008年[7]、2009年[8]も同様に高知競馬場で期間限定騎乗を行い、2009年度は10勝を挙げた。高知競馬での所属は松木啓助厩舎[5][7][8]

2020年3月31日付で騎手免許を返上し現役を引退した[9]

地方通算成績は5148戦285勝・2着351回・3着415回・勝率5.5%・連対率12.4%。中央競馬2戦0勝。

主な騎乗馬[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]