伊藤功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 功(いとう いさお、1919年大正8年)6月16日[1] - 2015年平成27年)9月28日[2])は、昭和から平成時代の政治家秋田県大曲市長。旧姓は杉山[1]

経歴[編集]

大曲市出身[1]1937年(昭和12年)秋田県立大曲農業学校卒業[1]

1949年(昭和24年)角間川町役場に奉職し、1955年(昭和30年)合併により大曲市となる[1]。大曲市財政課長、総務課長、1974年(昭和49年)収入役、1976年(昭和51年)助役を経て[2]1979年(昭和54年)大曲市長に当選[1]。2期務め、1987年(昭和62年)引退した[1]

2015年(平成27年)9月28日、肺炎により秋田県秋田市の病院で死去した[2]

栄典[編集]

勲章等

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 日外アソシエーツ 1999, 45頁.
  2. ^ a b c 伊藤功”. Sogi.jp [追悼] (2015年10月12日). 2020年10月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ 編 『現代政治家人名事典』 日外アソシエーツ、1999年。ISBN 481691529X