伊藤八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤八郎(いとう はちろう、本名:伊藤節郎、1940年2月11日 - )は、岩手県出身の元プロボクサー。元日本ウェルター級チャンピオン。革新ジム所属。

経歴[編集]

1957年プロデビュー。ストレート・パンチを得意とするファイターで、全日本新人王獲得後、1958年9月5日、日本ライト級王者石川圭一と引分ける健闘を見せる。1959年3月11日、その石川の日本ライト級王座に挑戦するが惜敗。

その後、連敗続きのスランプがあったが立ち直り、石川にもノンタイトルで雪辱。1962年5月7日、日本ウェルター級王者渡辺亮に挑み、判定勝ちで王座に就く。同年9月10日、前王者渡辺の挑戦を受け、判定で敗れ王座陥落。王者としては短命に終わった。

通算戦績[編集]

65戦28勝(7KO)29敗8引分け

関連項目[編集]