伊藤光彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤光彦(いとう てるひこ、1937年- )は、日本の評論家。

略歴[編集]

長野県生まれ。京都大学文学部独文科卒、毎日新聞社ドイツ特派員、欧州総局長、1982年『ドイツとの対話』で日本エッセイストクラブ賞受賞。92年福井県立大学教授、2000年和光大学表現学部教授。08年退職。

著書[編集]

  • ドイツとの対話 毎日新聞社 1981.9
  • ドイツの深謀 欧州再生への不気味なエネルギー PHP研究所 1982.4
  • 謀略の伝記 政治家ウェーナーの肖像 1982.7 (中公新書)
  • 新聞のドイツ語 白水社 1987.5
  • 現代ドイツを新聞で読む 白水社 1992.4
  • ニュースの愉しみ 毎日新聞社 1993.12
  • 田舎に暮らして世界を視る 平凡社 1997.4
  • 若狭の記録1998-99 福井県立大学オープンカレッジ「言葉と社会」講座報告集(編)北国図書 1999.1
  • ジャーナリズム曠野紀行 1980~2000どんな時代だったか 明窓出版 2000.12
  • ドイツ語情報世界を読む 新聞からインターネットまで 白水社 2001.4

翻訳[編集]

  • マリアンネの犯行 ハイコ・ゲープハルト 集英社 1984.1

参考[編集]

  • 著書の紹介文