伊藤信吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤信吾(いとう しんご、1968年 - )は、日本の実業家男前豆腐店代表取締役社長千葉県市川市出身。明治大学経営学部卒業。

「男前豆腐」「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」など、今までにないユニークで斬新なコンセプトの豆腐を開発。この豆腐にちなみ自らのニックネームも「ジョニー」とする。

来歴[編集]

幼いときから目立ちたいという願望があったが、小児喘息のため運動が出来ず、そのようなチャンスは伊藤になかった。[1]会計士を目指し[2]、明治大学経営学部を卒業後、知人に請われ、シンガポールフカヒレを扱う貿易会社で経理の仕事を始めた。帰国後は築地の水産会社で勤務する。水産物の流通を学んだ後に、これを専門として自立しようという目的からだった。[1]

しかし、1993年に父親の経営する三和豆友食品に引き込まれてしまう。豆腐を造るというのも面白いと伊藤は考えたが[2]、旨い豆腐をつくるよりも製品の価格が重視される従来の営業方針に疑問を持ち、本当に旨い豆腐を造りたいと伊藤は思うようになった。また、多くの豆腐がありきたりな物であったことから、他とは違った個性がある豆腐を造ろうとした。そして、1999年に営業部次長に就任。商品の企画を担当するようになり、「おたま豆腐」、「男前豆腐」などの新商品を開発。これらは人気商品となった。2004年には常務取締役に就任。また、ヒット商品「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」を開発した。

さらに独自のスタイルを発展させるため、2005年3月に男前豆腐店有限会社を設立し代表取締役社長に就任。8月に今までの会社を辞めて、9月に男前豆腐店を株式会社に改組し、関西でも、特に豆腐の本場・京都でも自分の豆腐が認められるか確かめるために[1][3]京都府南丹市に移転した。2006年からは新製品「ジョニ男」の開発や、山梨県で新工場の稼動などをしている。海外進出も狙っているとされる。[1]

著書[編集]

参考[編集]

  1. ^ a b c d 三股理「作ってます! 伊藤信吾<豆腐>」読売ウィークリー3057号、読売新聞社、2006年。
  2. ^ a b イノベーティブワン〜伊藤信吾氏(男前豆腐株式会社 代表取締役社長)』イノベーティブワン 2005年11月2日(2005年11月14日時点のアーカイブ
  3. ^ アントレプレナースペシャルインタビュー 男前豆腐店株式会社 代表取締役 伊藤 信吾 氏』AOL Career(2006年5月14日時点のアーカイブ

外部リンク[編集]