伊藤亮太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤 亮太郎
生誕 (1973-05-21) 1973年5月21日(49歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県
学歴 桐朋学園大学
ジャンル クラシック音楽
担当楽器 ヴァイオリン

伊藤 亮太郎(いとう りょうたろう、1973年5月21日 - )は、千葉県出身の、日本ヴァイオリン奏者

人物・来歴[編集]

小学生の頃から各種コンクールに参加し、桐朋女子高等学校音楽科(共学)、桐朋学園大学に進む。

1992年から1年間、ロンドンに留学した後、同大学ソリスト・ディプロマコースを修了した[1]

ヴァイオリンを、江藤俊哉ジェルジ・パウク堀正文澤和樹に師事した[2]

1997年、弦楽四重奏団「ARCO」(第1ヴァイオリン・伊藤亮太郎、第2ヴァイオリン・双紙正哉、ヴィオラ・柳瀬省太、チェロ・古川展生)を結成した[1]

1999年に、大阪室内楽コンクールで第3位に入賞、その後「アンダンテ・カンタービレ」(2000年9月)、「ハイドン・皇帝」(2002年3月)をリリースした。

2002年、第1回千葉市芸術文化新人賞受賞。

2005年から2015年まで、札幌交響楽団コンサートマスターを務める[3]

2015年NHK交響楽団コンサートマスターに就任[4]

コンクール歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b 伊藤亮太郎”. 千葉県文化振興財団アーカイブ. 公益財団法人千葉県文化振興財団. 2022年10月29日閲覧。
  2. ^ a b 出演者 伊藤亮太郎”. ヤマハ銀座店. 珠玉のリサイタル&室内楽 伊藤亮太郎と名手たちによる弦楽アンサンブル. 株式会社ヤマハミュージックリテイリング. 2022年10月28日閲覧。
  3. ^ 札幌交響楽団60年史デジタルアーカイブ 2022, p. MEMBER>歴代メンバー>コンサートマスター.
  4. ^ 楽員インタビュー 伊藤亮太郎”. オーチャードホール. N響オーチャード定期. 株式会社東急文化村 (2016年). 2022年10月28日閲覧。
  5. ^ 第51回~60回”. 日本音楽コンクール. 入賞者一覧. 日本音楽コンクール事務局 (2022年). 2022年10月28日閲覧。
  6. ^ アーティスト 伊藤亮太郎”. 東京・春・音楽祭. 東京・春・音楽祭実行委員会 (2022年). 2022年10月29日閲覧。

参考文献[編集]