伊藤亮太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤亮太郎
生誕 (1973-05-21) 1973年5月21日(44歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県
学歴 桐朋学園大学
ジャンル クラシック音楽
担当楽器 ヴァイオリン

伊藤 亮太郎(いとう りょうたろう、1973年5月21日 - )は、千葉県出身のヴァイオリン奏者である。

略歴[編集]

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学卒業。1992年から1年間ロンドンに留学した後、同大学ソリスト・ディプロマコースを修了した。ヴァイオリンを、江藤俊哉ジョルジュ・パウク堀正文澤和樹に師事した。1997年、弦楽四重奏団「ARCO」(第1ヴァイオリン・伊藤亮太郎、第2ヴァイオリン・双紙正哉、ヴィオラ・柳瀬省太、チェロ・古川展生)を結成した。1999年に大阪室内楽コンクールで第3位に入賞、その後「アンダンテ・カンタービレ」(2000年9月)、「ハイドン・皇帝」(2002年3月)をリリースした。2002年、第1回千葉市芸術文化新人賞受賞。2005年から2015年まで札幌交響楽団コンサートマスターを務める。2015年NHK交響楽団コンサートマスターに就任。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公式記録には記載されていない。チャイコフスキー国際コンクールは本選進出者ですらもディプロマを出さなかった時代があり、その時代は規約に従って氏名は記載されていなかった。