伊藤亜人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊藤 亜人(いとう あびと、1943年 - )は日本文化人類学者。専門は韓国研究、農村研究、開発人類学東京大学名誉教授。伊藤亞人とも表記。

略歴[編集]

東京都生まれ。東京都立明正高等学校東京大学教養学部を卒業後、1970年東京大学大学院社会学研究科修士課程修了。同年7月、同大学院博士課程を中退し教養学部助手。その後東京大学東洋文化研究所助手、教養学部教授、大学院総合文化研究科教授。その後、琉球大学大学院教授、早稲田大学教授。この間、ハーバード大学客員研究員、ソウル大学校招聘教授などを歴任。

研究[編集]

漂泊漁民への民俗学的な関心から、東京大学では文化人類学を専攻。泉靖一李杜鉉(ソウル大学校教授・東京大学客員教授=当時)らから教えを受け、韓国研究を開始する。1972年以来30年以上に亘って、全羅南道珍島を中心に安東済州島などで人類学的なフィールドワークを行い、農村の相互扶助組織、親族、宗教儀礼、セマウル運動などに関する論文を多数発表。

戦前の日本の文化人類学では、植民地政策に伴って韓国社会の研究が盛んであったが、その後は政治状況から停止状態にあった。伊藤は戦後の日本人として初めて韓国で本格的なフィールドワークを行い、日本の韓国研究をリードするとともに、韓国文化が現在ほど日本で知られていない時代から、平易な言葉で日本へ紹介し続けてきた。2002年には韓国政府から長年の功績をみとめられ、大韓民国文化勲章を受章。一方では1990年代以降、よさこい祭り(高知市)やYOSAKOIソーラン祭り(札幌市)を事例に、市民参加型の地域開発を研究。YOSAKOIソーランの立ち上げや運営には自ら関わりながら、実践志向型の開発人類学を切り開いてきた。

栄典[編集]

  • 韓国玉冠文化勲章 (2002)

おもな著作[編集]

単著[編集]

  • 『韓国』(暮らしがわかるアジア読本、河出書房新社、1996年)
  • 『韓国珍島の民俗紀行』(青丘文化社、1999年)
  • 『韓国夢幻―文化人類学者が見た七〇年代の情景』(新宿書房、2006年)
  • 『文化人類学者で読む日本の民俗社会』(有斐閣、2007年)
  • 『珍島―韓国農村の民族誌』(弘文堂、2013年)

監修[編集]

  • 『朝鮮を知る事典』(平凡社、1986年)

編著[編集]

  • 『もっと知りたい韓国』(弘文堂、1985年)
  • 『もっと知りたい韓国』第2版、全2巻(弘文堂、1997年)

共編著[編集]

共訳[編集]

  • 嶋陸奥彦崔在錫『韓国農村社会研究』(学生社、1979年)
  • (嶋陸奥彦)金宅圭『韓国同族村落の研究―両班の文化と生活』(学生社、1981年)