伊藤乙次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤乙次郎

伊藤 乙次郎(いとう おとじろう、1866年12月2日慶応2年10月26日) - 1941年3月27日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

愛知県出身。伊藤久敬の息子として生まれる。愛知一中攻玉社を経て、1886年12月、海軍兵学校13期生)を卒業し、1888年4月に海軍少尉任官。日清戦争では「比叡」航海長として出征した。海軍大学校では、丙種で学び、1897年12月、将校科(1期)を優等で卒業し、さらに選科でも学んだ。その後、海軍省軍事課課僚、軍務局第1課局員、常備艦隊副官参謀、「常磐」航海長、「須磨」副長、「笠置」副長、ドイツ駐在などを歴任。

日露戦争時は、台中丸乗組、佐世保鎮守府付、軍務局先任局員であった。「浅間艦長ドイツ大使館付武官などを経て、1911年12月、海軍少将に進級。水路部長、佐世保鎮守府参謀長、佐世保工廠長を歴任し、1915年12月、海軍中将となった。呉工廠長、技術本部長、将官会議議員を経て、1920年12月、予備役に編入された。

のち、神戸製鋼所社長、海防義会理事長に就任した。

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

  • 妻 伊藤静江 加茂厳雄(海軍機関中将)の妹

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2379号「叙任及辞令」1891年6月6日。
  2. ^ 『官報』第4172号「叙任及辞令」1897年6月1日。
  3. ^ 『官報』第5230号「叙任及辞令」1900年12月6日。
  4. ^ 『官報』第6494号「叙任及辞令」1905年2月25日。
  5. ^ 『官報』第813号「叙任及辞令」1915年4月21日。
  6. ^ 『官報』第2517号「叙任及辞令」1920年12月21日。
  7. ^ 『官報』第3727号「叙任及辞令」1895年11月29日。
  8. ^ 『官報』第3866号・付録「辞令」1896年5月21日。
  9. ^ 『官報』第979号「叙任及辞令」1915年11月4日。
  10. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等旭日大綬章受章者一覧(戦前の部)

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。