伊藤久秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 久秋(いとう ひさあき、1897年 - 1980年10月27日[1])は、日本の経済学者。

長崎県出身。長崎高等商業学校[2]、1944年「地域の経済理論」で京都帝国大学経済学博士。長崎高等商業学校教授、1926年までドイツフライブルクに学び、のち青山学院大学経済学部教授。1968年定年、名誉教授、大東文化大学教授。立地論が専門。

著書[編集]

  • マルサス人口論の研究』丸善 1928
  • 『工業経済理論』内外出版印刷 1935
  • 『理論経済学講義案 上 (序論及生産論)』平野書店 1937
  • 『経済思想と学説』経済特殊研究叢書 大同書院 1939
  • ウエーバー工業立地理論の研究』叢文閣 1940
  • 『地域の経済理論』叢文閣 1940
  • 『価格論 理論経済学の基礎』有斐閣 1956
  • 『ウェーバー工業立地論入門』大明堂 1970
  • 『読書余録』崙書房 1980

共編[編集]

  • 『経済立地論概説』江沢譲爾共編 時潮社 1959

翻訳[編集]

  • シュルチェ・ゲーバァニッツ『不列顛世界権の根柢』伊藤久秋 1921
  • カール・ディール『社会問題二十五講』山内正暸共訳 改造社 1930
  • アルバート・M.レバンソン, バベット・S.ソロン『現代の価格理論』榎本弘共訳 勁草書房 1966

記念論文集[編集]

  • 『経済立地の理論と計画 伊藤久秋教授古稀江沢譲爾教授還暦記念論文集』青木外志夫,西岡久雄編 時潮社 1967

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『読書余禄』