伊藤久右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社伊藤久右衛門
Itohkyuemon CO.,LTD.
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
611-0013
京都府宇治市莵道荒槙19-3
設立 1952年
業種 食料品
法人番号 8130001048893 ウィキデータを編集
事業内容 宇治茶抹茶スイーツなど食品の卸・小売
代表者 代表取締役 北村公司
資本金 900万円
従業員数 約100名
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

株式会社伊藤久右衛門(いとうきゅうえもん)は、京都府宇治市に本社をおく企業。

概要[編集]

宇治茶のほか、抹茶を使ったスイーツ・茶そばなどの食品類を販売。また「夜半のみどり」シリーズとして、宇治の煎茶や抹茶などを使って製造した酒類も取り扱っている。2014年には「宇治抹茶カレー」をリリースし話題となった。[1][2] オンラインショップでは限定商品も販売。茶房を併設する店舗があり、抹茶パフェや抹茶そばなどを提供。

沿革[編集]

江戸後期・天保3年、初代伊藤常右衛門(いとうつねえもん)・瀧蔵が田原村名村(現・宇治田原町 南)にて茶業に携わったのがはじまり。

その後二代目伊藤常右衛門・久三郎、三代目伊藤常右衛門・由松、四代目伊藤多吉へと引き継いだ。1952年、五代目伊藤久三の代で宇治田原から宇治の地へと移り、宇治蓮華(現平等院表参道)に宇治茶販売の店舗を構えた。[3]

社名の由来[編集]

1952年、会社設立にあたって代々受け継いだ伊藤常右衛門の名を拝し、五代目伊藤久三自身の名にある「久」の一文字をとって、社名を「株式会社伊藤久右衛門本店」とした。[3]

店舗一覧[編集]

主な商品[編集]

  • 宇治茶 - 抹茶、煎茶、玉露雁ヶ音かぶせ茶ほうじ茶玄米茶京番茶和紅茶
  • 和菓子 - 抹茶あんみつ、抹茶大福、抹茶最中、抹茶羊羹、抹茶煎餅、抹茶飴、八ツ橋、わらび餅
  • 洋菓子 - 抹茶生チョコレート、抹茶ロールケーキ、抹茶チーズケーキ、抹茶プリン、抹茶クッキー、抹茶アイスクリーム、ほうじ茶アイスクリーム
  • 食品 - 茶そば、抹茶カレー、抹茶カプチーノ
  • - 夜半のみどりシリーズ(日本酒、ワイン、焼酎、梅酒、チョコ酒)
  • コラボレーション - キットカット(京都限定抹茶味・ほうじ茶味)
  • 茶房 - 抹茶パフェ、抹茶あんみつ、紫陽花パフェ、抹茶そば、抹茶カレーうどん

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]