伊藤三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤三郎
いとう さぶろう
生年月日 1920年3月29日
出生地 日本の旗 千葉県成田市
没年月日 (1997-10-16) 1997年10月16日(77歳没)
死没地 日本の旗 神奈川県川崎市
出身校 早稲田高等工学校(現早稲田大学
前職 逓信省職員
川崎市職員
所属政党 無所属

Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 第7・8・9・10・11代 神奈川県川崎市長
当選回数 5回
在任期間 1971年4月23日 - 1989年10月10日
テンプレートを表示

伊藤 三郎(いとう さぶろう、1920年(大正9年)3月29日1997年(平成9年)10月16日)は、日本政治家神奈川県川崎市長(第7・8・9・10・11代)、全国革新市長会会長等を歴任した。

来歴[編集]

千葉県成田市生まれ。1940年早稲田高等工学校(現早稲田大学)を卒業後、逓信省航空局に入省。第二次世界大戦での兵役を経て、敗戦後の1951年川崎市役所に就職。技術吏員を振り出しに、職員組合委員長、労働組合連合会委員長、自治労神奈川県本部委員長等を経て、1971年の川崎市長選挙に日本社会党日本共産党の推薦を受けて出馬し、7期目の当選を目指していた保守系の現職・金刺不二太郎を破り、初当選を果たす。選挙戦では、金刺陣営に佐藤栄作内閣総理大臣(当時)が応援に入ったものの、当時の革新自治体ブームや多選批判(金刺は1946年の市長公選制の施行以来、25年にわたり川崎市長の座にあった)、「青い空、白い雲」をキャッチフレーズに掲げた公害対策が川崎市民の支持を受けた。なお、当時の川崎市は厚生省の調査で「日本一の大気汚染地帯」と評されるほど、「公害の街」として全国的に認知されていた。1975年の川崎市長選挙では、川崎市選出の神奈川県議会議員であった斎藤文夫(のち自民党参議院議員)が伊藤の再選を阻止するために出馬したが、斎藤らを破り2期目の当選を果たした。

川崎市長就任後、伊藤は率先して公害対策に取り組み、全国で初めて二酸化炭素総量規制を盛り込んだ公害防止条例を1972年に制定。1974年には公害病認定患者に対する川崎市独自の補償制度を新設。1977年には環境アセスメント条例の制定を行った。また「母と子と老人を大切に」をスローガンに掲げて福祉政策にも力を入れ、川崎市内各地に「老人いこいの家」(長寿ケアホーム)を設置、保育所も「1万人に1ケ所」を目指して建設が進められた。1985年2月「指紋押捺拒否者告発せず」を決定、大きな反響を呼んだ。

当選以降、公害対策や福祉政策が評価を受け、公明党民社党も市議会で与党勢力に加わり、1987年の川崎市長選では自由民主党推薦の永井英慈(のちに衆議院議員)を破り、5選を果たした。しかし、5期目の任期途中の1988年には、川崎市助役への1億円利益供与疑惑に端を発するリクルート事件が発覚し、関係者への解職処分を行った。翌1989年10月、任期途中に川崎市長を病気辞任。同年の市長選には、1987年の市長選で伊藤に敗れた永井が再び出馬したが、伊藤市政の下で川崎市助役を務めた高橋清が永井を破り、初当選した。

1997年10月16日、心不全により川崎市内の病院で死去。享年77。

著書[編集]

  • 『ノミとカナヅチ-人間都市づくりの10年』(1982年7月、第一法規出版

関連事項[編集]

公職
先代:
金刺不二太郎
Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市長
公選第7・8・9・10・11代:1971年 - 1989年
次代:
高橋清