伊萬里神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊萬里神社
Imari Shrine 1.jpg
所在地 佐賀県伊万里市立花町84
主祭神 橘諸兄ほか
社格 県社(旧香橘神社)
テンプレートを表示

伊萬里神社(いまりじんじゃ)は佐賀県伊万里市に所在する神社である。旧社格は県社。

概要[編集]

旧県社香橘神社(こうきつじんじゃ)と戸渡嶋神社(ととしまじんじゃ)、岩栗神社(いわくりじんじゃ)が合祀され1962年(昭和37年)に現在の伊萬里神社が成立した。旧戸渡嶋神社及び岩栗神社の鳥居も境内に残されている。

香橘神社は社伝では垂仁天皇の代に天皇の命で常世の国から不老長寿の妙薬と称された非時香菓(ときじくのかぐのこのみ、のこと)を持ち帰った田道間守命が帰途この地に非時香菓を一株植えたことから、日本における橘の初渡来地として「橘の宮」と称されたことが始まりと言われている。そのことから、田道間守命を祀る中嶋神社が境内社として本殿近くに合祀されている。

また、伊万里出身の森永製菓創業者である森永太一郎の胸像が境内に建立されている。

祭礼[編集]

交通[編集]

関連項目[編集]