伊東武夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊東 武夫
Ito Takeo.jpg
伊東武夫
生誕 1889年7月6日
日本の旗 日本 福岡県
死没 (1965-02-24) 1965年2月24日(75歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1911 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

伊東 武夫(いとう たけお、1889年明治22年)7月6日 - 1965年昭和40年)2月24日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

福岡県に生れる。1909年(明治42年)、陸軍士官学校に入校し1911年(明治44年)5月、同校(23期)を卒業。同年12月、陸軍歩兵少尉に任官。

1937年(昭和12年)7月、留守第6師団司令部付となり、翌月、歩兵大佐に昇進。1938年(昭和13年)3月、第8国境守備隊第1地区隊長に就任し海拉爾要塞守備に従事。1940年(昭和15年)3月、独立混成第9旅団付となり、同年8月、歩兵第114連隊長に就任し日中戦争に出征。援蒋ルート遮断作戦に参加した。

1941年(昭和16年)8月、陸軍少将に進級し第38歩兵団長に就任。太平洋戦争開戦に伴い、第16軍隷下として蘭印作戦に参加しジャワ島を攻略。次いで第17軍戦闘序列に編入。

1942年(昭和17年)10月、ガダルカナル島の戦いに投入され、撤退するまで苦戦を続けた。 1944年(昭和19年)7月、独立混成第40旅団長に発令され、ニューアイルランド島守備を担当。同年10月、陸軍中将に進み終戦を迎えた。

戦後、戦犯容疑(間諜処刑事件)により拘留され、ラバウルでのオーストラリア軍軍事法廷において、1946年(昭和21年)5月24日、銃殺刑の判決を受けたが、同年10月28日に無罪となった[1]

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献『真相を訴える』、65頁、302頁。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 松浦義教『真相を訴える - ラバウル戦犯弁護人の日記』元就出版社、1997年。(改題『ラバウル戦犯弁護人 - 報復裁判に立ち向かった日本人』光人社〈光人社NF文庫〉、2006年。 ISBN 4-7698-2508-0