伊東信雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊東 信雄(いとう のぶお、1908年明治41年)3月17日 - 1987年昭和62年)4月10日)は、日本考古学者東北地方縄文弥生古墳時代古代中世近世史、樺太(サハリン)の先史時代研究に大きな業績を残した。東北大学名誉教授。

1957年に東北大学考古学講座初代教授に就任した。東北地方の原始・古代文化を考古学的手法により解明し、「東北の考古学の父」と呼ばれた。伊東は、山内清男とともに東北の古い縄文土器の編年を確立し、特に青森県垂柳遺跡の発掘において、東北地方の稲作農耕を明らかにする研究を進めた。

戦前には、通説として「東北の古代文化は遅れていた」、「東北地方は鎌倉時代まで石器時代が続いた」とされていた。山内と伊東は、東北の石器時代の終了時期は西日本と同じであり、縄文時代の終末期に稲作が導入され、古墳時代においても庶民の生活は、近畿・関東と大差なかったと考えた。

伊東は、弥生時代特有の石包丁を再検討し、東北地域南部の福島県・宮城県で石包丁が多く分布していることを確認した。また、扁平片刃石斧、太形蛤刃(ふとがた はまぐりば)石斧、有角(ゆうかく)石斧等も、仙台市南小泉で採集された弥生式土器と共伴するものと考え、これらの土器底には稲モミの圧痕があることを指摘し、稲作の存在を予測した。東北地域の北部については、青森県田舎館村から出土した壺、甕、高坏、蓋等が、形式的に中部地域・関東地域で発見される古手の弥生式土器に類似することに注目し、東北地方には農耕経済の上に立つ弥生文化があることを主張した。

略歴[編集]

  • 1908年(明治41年)3月17日 - 宮城県仙台市袋町1番地に生まれる。
  • 1911年(明治44年) - 父の開業に伴い、北海道江別市に転居。
  • 1919年(大正8年) - 千葉県金谷村(現・富津市)に転住。
  • 1927年(昭和2年)〜1929年(昭和4年) - 東北帝国大学医学部副手山内清男と知り合い、宮城県大木囲貝塚、槻木貝塚、千葉県上本郷貝塚、北海道函館市住吉町遺跡、宮城県室浜貝塚、福浦島貝塚、川下貝塚、高松貝塚などの発掘調査に参加する。
  • 1931年(昭和6年) - 仙台郷土研究会委員に委嘱。1933年(昭和8年)樺太史蹟名勝天然記念物調査会委員、1939年(昭和14年)宮城県史蹟名勝天然記念物調査会委員、1953年(昭和28年)宮城県文化財専門委員、1969年(昭和44年)宮城県多賀城跡調査研究指導委員会委員長をはじめ、多くの専門委員を歴任し、東北地方各地の調査組織や文化財保護の仕組みづくりに尽力した。

学歴[編集]

  • 1921年(大正10年) - 宮城県仙台第一中学校入学。
  • 1925年(大正14年) - 第二高等学校文科乙類入学。
  • 1928年(昭和3年) - 東北帝国大学法文学部入学。
  • 1931年(昭和6年) - 東北帝国大学法文学部国史学科卒業。卒業論文「上代日鮮関係とその影響」。
  • 1962年(昭和37年) - 博士論文「東北古代文化の考古学的研究」を東北大学に提出。博士号を授与される[1]

職歴[編集]

  • 1931年(昭和6年) - 東北帝国大学法文学部考古学参考品整理嘱託
  • 1932年(昭和7年) - 東北学院高等学部講師、考古学を担当
  • 1933年(昭和8年) - 第二高等学校講師
  • 1936年(昭和11年) - 東北帝国大学文学部講師
  • 1937年(昭和12年) - 第二高等学校教授
  • 1949年(昭和24年) - 東北大学助教授
  • 1957年(昭和32年) - 東北大学文学部考古学講座担当。主任教授就任
  • 1971年(昭和46年) - 東北大学を定年退職、名誉教授就任
  • 1972年(昭和47年) - 東北歯科大学教授(~1973年)
  • 1973年(昭和48年) - 東北学院大学教授(~1986年)

著作[編集]

  • 『古代東北発掘』学生社 1973
  • 『仙台郷土史の研究』宝文堂出版販売 1979

共編著・監修[編集]

論文[編集]

  • Cinii論文[2]
  • 宮城県図書館蔵書[3]

叙位・叙勲[編集]

追悼[編集]

  • 1989年『足跡 東北学院における伊東信雄先生』足跡編集会編
  • 1990年『伊東信雄先生追悼考古学古代史論攷』伊東信雄先生追悼論文集刊行会

評伝・回顧ほか[編集]

  • 芹沢長介1971「伊東信雄先生の学風と業績」『文化』35-1・2、東北大学文学会
  • 平山久夫1986「山内清男(続縄文)対伊東信雄(弥生)の論争点は決着したか」『北奥古代文化』17、北奥古代文化研究会
  • 佐々久1987「伊東信雄先生をおしむ」『仙台郷土研究』12-1 仙台郷土研究会
  • 氏家和典1987「伊東信雄先生を偲んで」『北奥古代文化』18、北奥古代文化研究会
  • 佐々木慶市1987「伊東さんと私」『国史談話会雑誌』28、東北大学国史談話会
  • 工藤雅樹1987「伊東信雄先生を偲んで」『国史談話会雑誌』28、東北大学国史談話会
  • 渡辺信夫1987「伊東信雄先生を悼む」『国史談話会雑誌』28、東北大学国史談話会
  • 村上啓一1987「伊東先輩を悼む」『国史談話会雑誌』28、東北大学国史談話会
  • 桜井清彦1989「考古学史を彩った人々 伊東信雄」『論争・学説日本の考古学』雄山閣出版
  • 芹沢長介2004「東北考古学の父 伊東信雄先生」『月刊考古学ジャーナル』523号、ニュー・サイエンス社
  • 東北大学総合学術博物館・東北歴史博物館2013『考古学からの挑戦-東北大学考古学研究の軌跡』東北大学総合学術博物館のすべてⅩⅢ
  • 志間泰治・相原淳一2016「歴史を掘り起こす」『宮城考古学』18、宮城県考古学会

脚注[編集]

[脚注の使い方]