伊木寿一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊木 壽一(いぎ ひさいち、明治16年(1883年3月3日 - 1970年11月28日[1])は、日本歴史学者。専門は日本古文書学。文学博士

経歴[編集]

山口県大津郡三隈村(現在の山口県長門市)に山口県士族伊木尚義の長男として生まれる。山口中学校・山口高等学校を経て、1906年東京帝国大学文科大学史学科卒業[2]、同大学大学院に入学し古文書学を専攻した[1]1907年、東京帝国大学史料編纂掛嘱託となり、『大日本古文書』の伊達家文書相良家文書等の編纂に従事し[1]1908年から國學院大學にて、1911年から慶應義塾大学にて講師として古文書学を講義した。1925年に史料編纂官となり[1]、『大日本史料』第9編の編纂を行い、1926年東北帝国大学文学部講師を兼ねた。

1940年に「日本古文書学ノ研究」により慶應義塾大学から文学博士の学位を授与[3]され、1943年、東京帝国大学史料編纂官を定年退官した[1]

1947年聖心女子学院専門学校の講師に、1949年立正大学文学部講師を兼任し、以後歿年まで、その職とは別に、慶應義塾大学・明治大学宇都宮大学東京都立大学などに出講した。また、1954年から東京都文化財委員会の専門委員になる。1966年日本古文書学会創設に伴い、その初代会長に就任した[1]

筆跡鑑定にも見識があり、戦前は大審院控訴院から鑑定を求められ、戦後も帝銀事件などの事件を担当した[4]

歿後、勲三等が贈られた。

著書[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]