伊居太神社 (池田市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
伊居太神社
Ikeda shrine 1.jpg
所在地 大阪府池田市綾羽2-4-5
位置 北緯34度49分48.7秒
東経135度25分30.7秒
北緯34度49分48.7秒
東経135度25分30.7秒
座標: 北緯34度49分48.7秒 東経135度25分30.7秒
主祭神 穴織大明神
応神天皇
仁徳天皇
社格 式内社(小)
村社
創建 仁徳天皇77年
地図
伊居太神社の位置(大阪府内)
伊居太神社
伊居太神社
テンプレートを表示
本殿と狛犬
神木

伊居太神社(いけだじんじゃ)は、大阪府池田市綾羽にある神社である。 呉の国から渡来し、日本に機織技術を伝えたとされる、織姫・穴織媛(あやはとりのひめ)と、応神天皇仁徳天皇を祀っている。正式名称は穴織宮伊居太神社。

歴史・概要[編集]

  • 応神天皇の時代、機織・縫製技術を得るために呉の国に派遣された猪名津彦命が、呉王に乞い連れ帰った呉服媛(くれはとりのひめ)・穴織媛(あやはとりのひめ)・兄媛(えひめ)・弟媛(おとひめ)の4姉妹のうち、池田の地に迎えられた呉服・穴織姉妹の妹、穴織媛が祀られている。
  • 仁徳天皇76年に穴織媛が死去し、その翌年に仁徳天皇がこの地に建てたとされる。
  • 延喜式神名帳』に掲載されている摂津国河辺郡の伊居太神社の論社の一つとされており、もう一つの論社は兵庫県尼崎市伊居太神社(いこたじんじゃ)である。
  • 延暦4年、桓武天皇の勅命により社殿を新たに、応神天皇、仁徳天皇を祀るようになった。
  • 現在の社殿は、織田信長摂津国への入国により焼失後、慶長9年(1604年)に豊臣秀頼によって再建された物である。

行事[編集]

その他[編集]

  • 「穴織媛」や「綾織媛」と表記される。
  • 「綾織媛」は、池田市内の町名である「綾羽」の由来である。
  • 五月山公園のすぐ側でひとつながりのような形になっている。
  • 池田市に現存する最古の神社である。
  • 呉服媛が祀られ、池田駅側にある呉服神社が「下の宮」とされるのに対し、五月山山麓にある伊居太神社は「上の宮」とされ、互いの関係はとても深い。
  • 地元では「いこた」神社と呼ばれる事がある。

交通[編集]

外部リンク[編集]