伊地知温子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊地知 温子
出生名 伊地知 温子
生誕 (1956-02-29) 1956年2月29日(61歳)
出身地 日本の旗 日本
大阪府豊中市
担当楽器 エレクトーン
活動期間 1979年 - 1984年

伊地知 温子(いじち あつこ、1956年2月29日 - )は、日本エレクトーン奏者。1980年代、関西エリアを中心に活動していた人物であった。

人物[編集]

  • 大阪府豊中市出身。実家は医師家庭。
  • 追手門学院大学卒業。
  • 1979年朝日放送テレビの朝の帯番組「おはよう朝日です」の初代エレクトーン奏者としてブラウン管に登場。特徴のある声と愛くるしいルックスで、一躍人気を博す。 
  • 声のイントネーションは、現在で言えば安田美沙子に通ずる。但し、京都弁ではないので関西人には分かる微妙な差はある。
  • ニックネームは顔立ちと髪型から「オムスビ温子」
  • 一旦番組を降板したが、「おはよう朝日です」が土曜日に「おはよう朝日です・土曜日です」を新たに開始するにあたり、再度登板。
  • 1984年3月31日放送分を以て「おはよう朝日です・土曜日です」を卒業。当日は『伊地知温子フェアウェルコンサート』と題しての放送であった[1]
  • レギュラー番組終了後、公的活動を一切行わなくなった後に結婚。その後は写真を含めてマスコミ等を含め、公の場には姿を現していない(「おはよう朝日です」の番組本が発刊された時にも彼女だけが写真の掲載がなかった)。

主なレギュラー出演番組[編集]

主な出演テレビCM[編集]

いずれもおはよう朝日ですの中で放映

  • 進々堂製パン:番組セットのエレクトーンに座った状態で「おいしいパン 食べたはりますかぁ~」と独特のイントネーションで出演
  • ヤマハ:屋外で撮影したソフトフォーカスのイメージCM。番組の生演奏コーナーの提供CM。 

ディスコグラフィー[編集]

  • Do Electone (LPレコード 販促用非売品)
  • あつこ(LPレコード)

脚註[編集]