伊吹有喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊吹 有喜
(いぶき ゆき)
誕生 1969年
日本の旗 日本三重県尾鷲市
職業 小説家
最終学歴 中央大学法学部法律学科卒業
活動期間 2009年 -
代表作 『四十九日のレシピ』(2010年)
主な受賞歴 第3回ポプラ社小説大賞特別賞
デビュー作 『風待ちのひと』(2009年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

伊吹 有喜(いぶき ゆき、1969年 - )は、日本小説家三重県尾鷲市生まれ、四日市市育ち[1]女性三重県立四日市高等学校中央大学法学部法律学科卒業。四日市市観光大使[1]

1991年出版社に入社。雑誌主催のイベント関連業務、着物雑誌編集部、ファッション誌編集部を経て、フリーライターになる。2008年永島 順子(ながしま じゅんこ)名義で応募した『風待ちのひと』(応募時のタイトルは「夏の終わりのトラヴィアータ」)で第3回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞。2009年に筆名とタイトルを改め同作で小説家デビュー。2014年、『ミッドナイト・バス』で第27回山本周五郎賞候補、第151回直木三十五賞候補。2017年、『彼方の友へ』で第158回直木三十五賞候補、第39回吉川英治文学新人賞候補。

作品リスト[編集]

  • 『風待ちのひと』(2009年6月 ポプラ社 / 2011年4月 ポプラ文庫)
  • 四十九日のレシピ』(2010年2月 ポプラ社 / 2011年11月 ポプラ文庫)
  • 『なでし子物語』(2012年11月 ポプラ社/2014年12月 ポプラ文庫)
  • 『ミッドナイト・バス』(2014年1月 文藝春秋/2016年8月 文春文庫)
  • 『BAR追分』(2015年7月 角川春樹事務所)
  • 『オムライス日和 BAR追分』(2016年2月 角川春樹事務所)
  • 『今はちょっと、ついてないだけ』(2016年3月 光文社)
  • 『情熱のナポリタン―BAR追分』(2017年2月 角川春樹事務所)
  • カンパニー』(2017年5月 新潮社)
  • 『彼方の友へ』(2017年11月 実業之日本社)
  • 『地の星 なでし子物語』(2017年9月 ポプラ社)
  • 『天の花 なでし子物語』(2018年2月 ポプラ社)

映像化作品[編集]

テレビドラマ
映画
四十九日のレシピ2013年11月9日公開、配給:ギャガ、監督:タナダユキ、主演:永作博美

・ミッドナイト・バス(2018年1月27日公開、監督:竹下昌男、主演:原田泰造

舞台化

・カンパニー ――努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)―― 宝塚歌劇 月組公演 (宝塚大劇場 2018年2月9日~3月12日 東京宝塚劇場 3月30日~5月6日 脚本・演出 石田昌也 主演 珠城りょう 愛希れいか)

脚注[編集]

  1. ^ a b 山本莉央 (2016年8月16日). “尾鷲で開催★「青空図書館」/ 伊吹有喜原作 映画『四十九日のレシピ』上映会”. 山本莉央のリポートblog. FM三重. 2016年11月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]