伊号第六十一潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
I61.jpg
艦歴
計画 大正12年度艦艇補充計画
起工 1926年11月15日
進水 1927年11月12日
就役 1929年4月6日
その後 1941年10月2日沈没
除籍 1942年4月1日
性能諸元
排水量 基準:1,635トン 常備:1,720トン
水中:2,300トン
全長 97.70m
全幅 7.80m
吃水 4.83m
機関 ラ式2号ディーゼル2基2軸
水上:6,000馬力
水中:1,800馬力
速力 水上:20.0kt
水中:8.5kt
航続距離 水上:10ktで10,800海里[1]
水中:3ktで60海里
燃料 重油:230t
乗員 58名
兵装 40口径十一年式12cm単装砲1門
留式7.7mm機銃1挺
53cm魚雷発射管 艦首4門、艦尾2門
八九式魚雷14本
Kチューブ(水中聴音機)
備考 安全潜航深度:60m

伊号第六十一潜水艦(いごうだいろくじゅういちせんすいかん)は、日本海軍潜水艦伊百六十二型潜水艦(海大IV型)の1番艦。太平洋戦争開戦直前、衝突事故により沈没[2]

艦歴[編集]

沈没の状況[編集]

1941年(昭和16年)10月2日、佐世保を特設潜水母艦「りおでじゃねろ丸」と共に出航し、艦隊集合地点の山口県室積沖を目指して航行していた。23時21分頃、壱岐水道烏帽子島灯台西方付近で、長崎橘港へ向かっていた特設砲艦「木曾丸」に衝突され沈没。同乗の第29潜水隊司令・久米幾次中佐、広川艦長以下70名が殉職した。衝突の主な原因は「木曾丸」が「りおでじゃねろ丸」を反航した後に目にした赤灯を、小型船と誤認して航行を続けたことにあった[6]及川古志郎海軍大臣から報告を受けた昭和天皇は、鮫島具重侍従武官を連合艦隊に派遣している[2]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』428頁による。

艤装員長[編集]

艦長[編集]

  • 吉富説三 少佐:1929年4月6日 - 11月5日
  • 中邑元司 少佐:1929年11月5日 - 1931年12月1日
  • 林一雄 少佐:1931年12月1日 - 1934年6月1日
  • 小野良二郎 少佐:1934年6月1日 - 1935年11月15日
  • 畑中純彦 少佐:1935年11月15日 -
  • (兼)大竹寿雄 中佐:1936年1月27日 - 1936年2月15日
  • 藤井明義 少佐:1936年2月15日 - 1936年6月30日
  • 石川信雄 少佐:1936年6月30日 - 1937年12月1日[7]
  • 松村寛治 少佐:1937年12月1日 - 1938年11月15日
  • 大畑正 少佐:1938年11月15日 - 1939年11月15日[8]
  • 上野利武 少佐:1939年11月15日 - 1940年3月20日[9]
  • (兼)小川綱嘉 少佐:1940年3月20日[9] - 1940年4月15日[10]
  • 中村省三 少佐:1940年4月15日 - 1940年10月15日[11]
  • 広川隆 少佐:1940年10月15日 - 1941年10月2日殉職

脚注[編集]

  1. ^ もしくは10ktで10,000海里(『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』p57の表より)。
  2. ^ a b #昭和天皇実録八巻493頁(伊号潜水艦沈没事件)
  3. ^ a b c d 『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集19巻』72頁。
  4. ^ a b c 『艦長たちの軍艦史』428頁。
  5. ^ 昭和13年6月1日付、内令第421号。
  6. ^ 『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』103頁。
  7. ^ 海軍辞令公報 号外 第99号 昭和12年12月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072700 
  8. ^ 海軍辞令公報(部内限)第402号 昭和14年11月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076700 
  9. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第453号 昭和15年3月20日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072077800 
  10. ^ 海軍辞令公報(部内限)第466号 昭和15年4月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072077900 
  11. ^ 海軍辞令公報(部内限)第543号 昭和15年10月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 勝目純也『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』大日本絵画、2010年。
  • 宮内庁編『昭和天皇実録 第八 昭和十五年至昭和十七年』東京書籍株式会社、2016年3月。ISBN 978-4-487-74408-4
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』光人社、1990年。ISBN 4-7698-0462-8
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集19巻』潜水艦伊号、光人社、1997年。

関連項目[編集]