伊号第二十五潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊号第二五潜水艦から転送)
移動先: 案内検索
I-26 Japanese submarine.jpg
艦歴
計画 第三次海軍軍備補充計画(マル3計画
起工 1939年2月3日
進水 1940年6月8日
就役 1941年10月15日
その後 1943年10月24日亡失認定
除籍 1943年12月1日
性能諸元
排水量 基準:2,198トン 常備:2,584トン[1]
水中:3,654トン
全長 108.7m
全幅 9.30m
吃水 5.14m
機関 艦本式2号10型ディーゼル2基2軸
水上:12,400馬力
水中:2,000馬力
速力 水上:23.6kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで14,000海里
水中:3ktで96海里
燃料 重油:774トン[2]
乗員 94名[3]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首6門
九五式魚雷17本
航空機 零式小型水上偵察機1機
(呉式1号4型射出機1基)
備考 安全潜航深度:100m

伊号第二十五潜水艦(いごうだいにじゅうごせんすいかん、旧字体:伊號第二十五潜水艦)は、大日本帝国海軍の巡潜乙型(伊十五型潜水艦潜水艦の6番艦。

アメリカ合衆国本土を潜水艦搭載偵察機爆撃し、米英戦争以来130年ぶりのアメリカ合衆国本土に所在するアメリカ軍基地への艦砲射撃を行ったことで有名。戦果は商船タンカー、潜水艦等を合計6隻、計39,342トンを撃沈し、1隻、7,126トンに損傷を与えた。偵察任務に用いられることが多かった。

概要[編集]

竣工は1941年10月15日三菱重工業神戸造船所で行われた。竣工時の潜水艦長田上明次中佐。就役してすぐの11月21日に横須賀を出港し、ハワイ方面に向かう。

12月8日の太平洋戦争第二次世界大戦)開戦時には真珠湾の北東沖で哨戒任務に従事しており、新鋭艦として矢面に立たされることとなった。10日、伊6が視認したアメリカ空母を追跡中、米空母エンタープライズ搭載機の攻撃を受けるも回避。その後はアメリカ西海岸沿岸における通商破壊作戦に参加する。14日、アメリカ西海岸のアストリアとポートランドの間にあるコロンビア河口沖で通商破壊に参加中に発見した米ユニオン・オイル社タンカー「L・P・セント・クレア」(L. P. Cent Clare)を砲撃するも失敗。27日にはコロンビア河口沖10の地点付近で米タンカー「コネティカット」(Connecticut、8,684総トン)に魚雷1本を命中させて撃沈した。

1942年1月8日には、ジョンストンとクェゼリンの間で発見した水上機母艦[4]に対して魚雷4本を発射するも失敗。11日にクェゼリンに寄港し、2月8日に出港してオーストラリア・ソロモン諸島方面の偵察に向かう。14日、南緯05度18分 東経166度20分 / 南緯5.300度 東経166.333度 / -5.300; 166.333のオーストラリア北東沿岸で英船コールドブルック(Coldbrook、5,104総トン)を撃沈。以降は偵察に従事し、トラック経由で4月4日に横須賀に帰投して整備を受ける。

アメリカ本土砲撃[編集]

アリューシャン作戦に投入され、1942年5月11日に伊25、伊26は横須賀を出撃。27日にアリューシャン列島コジャック島を搭載機で偵察した。2隻はシアトル方面へ向かい、伊25は30日、シアトルの西北西700浬の地点付近で巡洋艦を視認する。6月14日にアメリカ西海岸に到達。21日、北緯47度22分 西経125度30分 / 北緯47.367度 西経125.500度 / 47.367; -125.500の地点付近で英タンカー「フォート・カモスン」(Fort Camosun、7,126総トン)を撃破。撃破されたフォート・カモスンは、ネアー湾英語版へと待避している[5]

1942年6月22日、伊25はオレゴン州アストリア市郊外のフォート・スティーブンス英語版陸軍基地を潜水艦基地と誤認し、14センチ砲で砲撃を行った(フォート・スティーブンス砲撃[5]

当初は、アストリア市街も攻撃目標に含んでいたものの、コロンビア川の河口を入ったところにあるアストリア市街へ砲撃は届かなかった。突然の攻撃を受けたフォート・スティーブンスはパニックに陥り、陸砲が配備されていたにも拘らず「伊25」に対して何の反撃も行えなかった[6]。この砲撃によって電話線や送電線が一時寸断されたものの、基地施設の損害は皆無であった。また、人的被害も配置に付く際に転んで頭を切った兵士1人のみである[5]

なお、この攻撃は、米英戦争以来、およそ130年ぶりのアメリカ本土に所在するアメリカ軍基地への攻撃であり、その後現在に至るまで外国軍によるアメリカ本土の基地への軍事攻撃は行われていない。

7月11日横須賀に帰投。

アメリカ本土空襲[編集]

1942年8月15日、横須賀を出港。9月9日及び9月29日の2回、アメリカ合衆国オレゴン州ブルッキングス森林に大規模山林火災を発生させることを企図して零式小型水上偵察機焼夷弾による爆撃を行った。火災は小規模なもので果々しくなかったが、当時敗戦続きだったアメリカ国民を震え上がらせる結果となった。また、アメリカ合衆国本土が飛行機によって爆撃された唯一の事例として知られている。搭乗員は、飛行長藤田信雄飛行兵曹長、偵察員奥田省三飛行兵曹

ソ連の潜水艦を誤認攻撃[編集]

爆撃後の10月10日、米タンカー「キャムデン」(Camden、6,653総トン)と、米タンカー「ラリー・ドヘニー」(Larry Doheny、7,038総トン)の2隻を撃沈。10月11日、オレゴン州西方960浬の地点付近を浮上航行中のソ連海軍の潜水艦L-16を米海軍の潜水艦と誤認して魚雷攻撃し撃沈する事件が発生する。 当時、日本とソビエト連邦の間には日ソ中立条約が締結されており、戦争状態ではなかった。

1943年1月8日、トラックへ帰還するべくラバウル北方110km地点付近で浮上航行中、敵潜水艦の発射した魚雷1本が命中するも不発。その後無事にトラックに帰還した。

沈没[編集]

3月29日にトラックを出港し、フィジー諸島方面へ向かう。5月18日、フィジー島西方420浬地点付近で米タンカー「H・M・ストレー」(H. M. Storey、10,763総トン)を撃沈した。その後一旦トラックに寄港した後、ソロモン諸島方面へ向かう。8月23日、エスピリトゥサント島を飛行偵察。24日に戦艦3(実際には重巡洋艦)等の在泊を打電後スバへ航行中に消息を絶つ。1943年9月下旬に沈没したと考えられている。第6艦隊第1潜水戦隊第2潜水隊司令の宮崎武治大佐、潜水艦長の小比賀勝中佐以下乗員100名全員戦死。1943年10月24日亡失と認定され、12月1日に除籍となる。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』405頁による。

艤装員長[編集]

  1. 田上明次 少佐:1941年4月28日 -

艦長[編集]

  1. 田上明次 少佐:1941年10月15日 -
  2. 小比賀勝 中佐:1943年7月15日 - 10月24日戦死認定

脚注[編集]

  1. ^ 常備排水量:2,589トンとする資料もある。
  2. ^ 燃料搭載量は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。752.6トンとする資料もある。
  3. ^ 乗員数は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。
  4. ^ 連合軍側に該当艦なし
  5. ^ a b c Bombs Fall on Oregon: Japanese Attacks on the State”. Life on the Home Front. 2015年3月25日閲覧。
  6. ^ 『帝国海軍太平洋作戦史 1』P.102 学研 2009年

書籍[編集]

  • 「伊25号出撃す・アメリカ本土を攻撃せよ」光人社、槇幸著(2009年) ISBN: 978-4-7698-2614-9

参考文献[編集]

関連項目[編集]