伊号第二十七潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊号第二七潜水艦から転送)
移動先: 案内検索
艦歴
計画 第四次海軍軍備補充計画(マル4計画
起工 1939年7月5日
進水 1940年6月6日
就役 1942年2月24日
その後 1944年2月12日戦没
除籍 1944年7月10日
性能諸元
排水量 基準:2,198トン 常備:2,584トン[1]
水中:3,654トン
全長 108.7m
全幅 9.30m
吃水 5.14m
機関 艦本式2号10型ディーゼル2基2軸
水上:12,400馬力
水中:2,000馬力
速力 水上:23.6kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで14,000海里
水中:3ktで96海里
燃料 重油:774トン[2]
乗員 94名[3]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首6門
九五式魚雷17本
航空機 零式小型水上偵察機1機
(呉式1号4型射出機1基)
備考 安全潜航深度:100m

伊号第二十七潜水艦(いごうだいにじゅうななせんすいかん、旧字体:伊號第二十七潜水艦)は大日本帝国海軍潜水艦で、伊十五型潜水艦(巡潜乙型)の8番艦である。帝国海軍潜水艦の中で最も多くの撃沈トン数(97,831トン)を記録した艦であった。

当初は伊号第二十九潜水艦と命名されていたが、1941年昭和16年)11月1日に伊号第二十七潜水艦と改名されている[4]

艦歴[編集]

建造は佐世保海軍工廠で竣工は1942年(昭和17年)2月24日に行われた。

就役後すぐの5月31日特殊潜航艇によるシドニー港攻撃に参加。特殊潜航艇の母艦として1隻を輸送した。特殊潜航艇の捜索を打ち切った後は、メルボルン方面にて通商破壊を行い、2隻(計7,592トン)を撃沈。その後はインド洋アラビア海通商破壊任務につき、全部で15隻(計82,726トン)の商船を撃沈した。この記録は帝国海軍で随一のものである。(隻数では伊号第十潜水艦のほうが多い。)

1944年(昭和19年)2月12日モルディブ諸島南西沖においてイギリス船団を攻撃し、うち1隻を撃沈(イギリス船カディーブ・イスマイル、7,513トン)するも、護衛のイギリス海軍P級駆逐艦パラディン英語版」および同「ペタード英語版」の2隻による反撃を受ける。反撃開始から80分後に損傷のため浮上し、直後パラディンに体当たりを行い同艦を損傷させるも、対潜魚雷を受け撃沈される。艦長福村利明少将(死後、二階級特進)以下104名戦死。生存者はいなかった。同年7月10日、除籍。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』406-407頁による。

艤装員長[編集]

  1. 吉村巌 中佐:1941年10月31日[5] - 1942年2月24日[6]

艦長[編集]

  1. 吉村巌 中佐:1942年2月24日 -
  2. 北村惣七 少佐:1942年8月15日 -
  3. 福村利明 少佐:1943年2月23日 - 1944年2月12日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 常備排水量:2,589トンとする資料もある。
  2. ^ 燃料搭載量は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。752.6トンとする資料もある。
  3. ^ 乗員数は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。
  4. ^ 昭和16年11月1日付 海軍達 第333号。『昭和16年7月~12月 達(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C12070111100 
  5. ^ 海軍辞令公報(部内限)第737号 昭和16年10月31日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082900 。伊号第二十九潜水艦艤装員長。
  6. ^ 海軍辞令公報(部内限)第816号 昭和17年2月24日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072084300 

参考文献[編集]

  • 呉鎮守府潜水艦戦没者顕彰会『メインタンクブロー』1996年。
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』光人社、1990年。ISBN 4-7698-0462-8
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
  • 福井静夫『写真日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1