伊号第二百二潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊号第二〇二潜水艦から転送)
移動先: 案内検索
伊号第二百二潜水艦
SenTaka.jpg
呉に入港中の伊号第二百二潜水艦
(1944年12月中旬、沖)
基本情報
建造所 呉海軍工廠
運用者  大日本帝国海軍
種別 潜水艦
艦級 伊二百一型潜水艦
建造費 12,325,000円[1]
経歴
計画 マル戦計画
起工 1944年5月1日
進水 1944年9月2日
竣工 1945年2月14日[注釈 1]
除籍 1945年11月30日
最後 1946年4月5日海没処分
要目
基準排水量 1,070トン
常備排水量 1,291トン
水中排水量 1,450トン
全長 79.00m
垂線間長 76.00m[2]
5.80m
深さ 6.70m[2]
吃水 5.46m
機関 マ式1号8型過給機付内火機械2基[3]
蓄電池 特D型 2,088基[4]
主電動機 特E型 1,250馬力4基[3][4]
推進 2軸
出力 水上 2,750bhp
水中 5,000shp
速力 水上 15.8ノット
水中 19.0ノット
燃料 重油146トン[3][4]
航続距離 水上 5,800カイリ/14ノット
水中 135カイリ/3ノット
潜航深度 110m
乗員 定員36名[5]
特修兵教員最大29名[6]
兵装 25mm機銃 単装2基
九五式潜水艦発射管4門(艦首)
九五式魚雷 10本
レーダー 22号電探1組
テンプレートを表示

伊号第二百二潜水艦[注釈 2](いごうだいにひゃくにせんすいかん)は、日本海軍の潜水艦伊二百一型潜水艦の2番艦。太平洋戦争末期に竣工したが竣工したが訓練に終始し、戦後アメリカに引き渡された。

艦歴[編集]

マル戦計画の潜水艦高、第4501号艦型の2番艦、仮称艦名第4502号艦として計画。

1944年5月1日、呉海軍工廠で起工。8月25日、伊号第二百二潜水艦と命名されて伊二百一型潜水艦の2番艦に定められ、本籍を呉鎮守府と仮定[7]。9月2日進水し、本籍を呉鎮守府に定められる[8]。10月1日、艤装員事務所を呉海軍工廠内に設置し事務を開始[9]

1945年2月11日、艤装員事務所を撤去[10]。14日竣工し、役務を呉鎮守府練習兼警備潜水艦に定められ、呉潜水戦隊第三十三潜水隊に編入[11][注釈 1]。同日、大竹に回航。16日から伊予灘で訓練に従事。20日、に帰投[12]

3月1日から広島湾で訓練に従事。6日、大竹に帰投。10日、呉に回航。4月30日まで呉に在泊[13]

4月10日、第三十三潜水隊から除かれ[14]第六艦隊第十一潜水戦隊に編入。30日から伊予灘で訓練に従事[15]

5月9日、呉に帰投。11日、単独訓練終了後の舞鶴回航と右舷機械の換装工事を指示される。13日から伊予灘で訓練に従事。22日、呉に帰投。23日から伊予灘で訓練に従事。28日、伊予灘での訓練を終了し舞鶴へ回航。30日、舞鶴着[16]。以後、舞鶴を基地として訓練に従事。

8月15日、第六艦隊第十五潜水隊に編入[17]。終戦時は舞鶴に所在。11月30日、海軍省の廃止に伴い除籍。

1946年4月5日、向後崎西方沖でアメリカ海軍により海没処分された。

潜水艦長[編集]

艤装員長
  1. 今井賢二 大尉:1944年9月15日[18] - 1945年2月14日[19]
潜水艦長
  1. 今井賢二 大尉:1945年2月14日[19] - 1945年11月29日[20]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ a b 本艦の竣工日は丸スペシャル『日本の潜水艦III』p. 45、同日付施行の各法令、人事発令日による。呉鎮守府戦時日誌、丸スペシャル『日本の潜水艦I』p. 46、世界の艦船『日本潜水艦史』(1993)p. 86、世界の艦船『日本潜水艦史』(2013)p. 103、福井静夫『写真 日本海軍全艦艇史』資料篇 p. 艦歴表21、明示百年史叢書『昭和造船史 第1巻』p. 826ではいずれも「(昭和)20年2月12日」としているが、法令や人事発令との相関がとれない。また艦政本部による就役可否判定も2月14日付 艦本機密第141620番電で出されている。
  2. ^ 本来の艦名表記は伊號第二百二潛水艦。
脚注
  1. ^ 戦史叢書『海軍軍戦備(2)』p. 95。
  2. ^ a b 丸スペシャル『日本の潜水艦III』p. 19。
  3. ^ a b c 世界の艦船『日本潜水艦史』(2013)pp. 103-105。
  4. ^ a b c 世界の艦船『日本潜水艦史』(1993)pp. 136-137。
  5. ^ 昭和19年9月2日付 内令員第1680号。
  6. ^ 昭和19年9月2日付 内令員第1681号。
  7. ^ 昭和19年8月25日付 達第279号、内令第992号、内令第1000号。
  8. ^ 昭和19年9月2日付 内令第1028号。
  9. ^ 昭和19年10月9日付 秘海軍公報 第4821号。
  10. ^ 昭和20年2月19日付 秘海軍公報 第4936号。
  11. ^ 昭和20年2月14日付 内令第134号、内令第135号、呉潜水戦隊戦時日誌(昭和20年2月1日-28日)。
  12. ^ 呉潜水戦隊戦時日誌(昭和20年2月1日-28日)。
  13. ^ 第三十三潜水隊戦時日誌(昭和20年3月1日-31日)、第三十三潜水隊戦時日誌(昭和20年4月1日-30日)、第十一潜水隊戦時日誌(昭和20年4月1日-30日)。
  14. ^ 昭和20年4月10日付 内令第310号。
  15. ^ 第十一潜水戦隊戦時日誌(昭和20年4月1日-30日)。
  16. ^ 第十一潜水戦隊戦時日誌(昭和20年5月1日-31日)。
  17. ^ 昭和20年8月15日付 内令第735号。
  18. ^ 昭和19年9月19日付 秘海軍辞令公報 甲 第1597号。
  19. ^ a b 昭和20年2月26日付 秘海軍辞令公報 甲 第1731号。
  20. ^ 昭和20年12月20日付 第二復員省辞令公報 甲 第17号。

参考文献[編集]

  • 海軍省第二復員省
    • 昭和19年6月20日付 内令員第1062号。
    • 昭和19年8月25日付 達第279号、内令第992号、内令第1000号、内令員第1573号。
    • 昭和19年9月2日付 内令第1028号、内令員第1680号、内令員第1681号、内令員第1682号。
    • 昭和20年2月14日付 内令第134号、内令第135号、内令員第277号。
    • 昭和20年4月10日付 内令第310号。
    • 昭和20年8月15日付 内令第735号。
    • 昭和19年10月9日付 秘海軍公報 第4821号。
    • 昭和20年2月19日付 秘海軍公報 第4936号。
    • 昭和19年9月19日付 秘海軍辞令公報 甲 第1597号。
    • 昭和20年2月26日付 秘海軍辞令公報 甲 第1731号。
    • 昭和20年12月20日付 第二復員省辞令公報 甲 第17号。
    • 呉鎮守府戦時日誌。
    • 呉潜水戦隊戦時日誌。
    • 第三十三潜水隊戦時日誌。
    • 第十一潜水戦隊戦時日誌。
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』光人社、1990年。ISBN 4-7698-0462-8
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ判 日本海軍艦艇写真集20巻』潜水艦伊号他、光人社、1998年。
  • 世界の艦船 No. 469 増刊第37集 『日本潜水艦史』、海人社、1993年。
  • 世界の艦船 No. 791 増刊第114集 『日本潜水艦史』、海人社、2013年。
  • 福井静夫 『写真 日本海軍全艦艇史』、ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 福井静夫 『昭和軍艦概史III 終戦と帝国艦艇 -わが海軍の終焉と艦艇の帰趨-』、出版共同社、1961年。
  • 防衛研修所戦史室 戦史叢書 第88巻 『海軍軍戦備(2) -開戦以後-』、朝雲新聞社、1975年。
  • 丸スペシャル No. 43 日本海軍艦艇シリーズ『日本の潜水艦III』、潮書房、1980年。
  • 丸スペシャル No. 132 日本海軍艦艇発達史『日本の潜水艦I』、潮書房、1988年。
  • 明治百年史叢書 第207巻 『昭和造船史 第1巻(戦前・戦時編)』、原書房、1977年。