伊号第十三潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊号第一三潜水艦から転送)
移動先: 案内検索
Insert image here.svg
艦歴
計画 昭和17年度計画(マル追計画
起工 1943年2月4日
進水 1943年11月30日
就役 1944年12月16日
その後 1945年7月16日戦没
除籍 1945年9月15日
性能諸元
排水量 基準:2,620トン
常備:3,603トン
水中:4,762トン
全長 113.70m
全幅 11.70m
吃水 5.89m
機関 艦本式22号10型ディーゼル2基2軸
水上:4,400馬力
水中:600馬力
速力 水上:16.7kt
水中:5.5kt
航続距離 水上:16ktで21,000海里(38,892km)
水中:3ktで60海里(111km)
燃料 重油:搭載量不明
乗員 竣工時定員116名[1]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm3連装機銃2基
同単装1挺
53cm魚雷発射管 艦首6門
魚雷12本
航空機 特殊攻撃機『晴嵐』 2機
(四式一号一〇型射出機 1基)
備考 安全潜航深度:100m 

伊号第十三潜水艦(いごうだいじゅうさんせんすいかん)は、大日本帝国海軍の潜水艦。普遍的には伊十三型潜水艦の1番艦とされているが、海軍省が定めた公式類別では伊九型潜水艦の5番艦[2]

艦歴[編集]

マル追計画の潜水艦甲、第620号艦型の2番艦、仮称艦名第621号艦として計画[3]。建造中の1943年後期に、建造隻数が削減された伊四百型潜水艦を補うため設計変更された[4]

1943年2月4日川崎重工業神戸造船所で起工。10月1日伊号第十三潜水艦と命名[5]、伊十型潜水艦の4番艦に定められ[6]、本籍を佐世保鎮守府と仮定[7]。11月30日進水。1944年12月16日竣工し、本籍を佐世保鎮守府に定められ[8]、第六艦隊付属に編入、神戸発呉へ。その後は呉にて搭乗員の訓練などに従事。12月30日伊号第400潜水艦と第一潜水隊を新編[9]

1945年5月28、29に鎮海入港、燃料補給。7月4日彩雲2機を大湊にて搭載、同月11日大湊発トラック島へ向け出港。本来の晴嵐搭載の任務ではなく、トラックへの輸送作戦だった。出港後、マリアナ東方海面を南下して、7月20日頃トラック入港の予定だったが、8月1日までにトラックへ入港しないことから喪失と認定された。米側記録によると7月16日に米護衛空母「アンツィオ」(アンジオ)の艦載機および米護衛駆逐艦ローレンス・C・テイラー英語版」の攻撃により小笠原北東方の北緯34度28分、東経150度55分(米軍記録より)の海中で撃沈された。艦長以下140名が戦死認定。9月15日に除籍。

潜水艦長[編集]

艤装員長
  1. 大橋勝夫 中佐:1944年9月10日[10] - 1944年12月16日[11]
潜水艦長
  1. 大橋勝夫 中佐:1944年12月16日[11] - 1945年8月1日 戦死認定、同日付任海軍大佐[12]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和19年12月16日付 内令員第2475号。この数字は航空関係要員を含み、特修兵その他臨時増置された人員を含まない。
  2. ^ 本艦が艦艇類別等級別表に登載された1943年10月1日時点で伊号第九潜水艦が除籍済みかつ伊号第一潜水艦(2代)が同表未登載のため、法令上は伊十型潜水艦の4番艦。これら2艦も含めた場合、同表上では伊九型潜水艦の通算6番艦となる。
  3. ^ 戦史叢書『海軍軍戦備(1)』、pp. 841-843。
  4. ^ 世界の艦船『日本潜水艦史』、p. 62。
  5. ^ 昭和18年10月1日付 達第235号。
  6. ^ 昭和18年10月1日付 内令第2026号。
  7. ^ 昭和18年10月1日付 内令第2045号。
  8. ^ 昭和19年12月16日付 内令第1359号。
  9. ^ 昭和19年12月30日付 内令第1392号。
  10. ^ 昭和19年9月13日付 秘海軍辞令公報 甲 第1592号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072100900 で閲覧可能。
  11. ^ a b 昭和19年12月21日付 秘海軍辞令公報 甲 第1675号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072102300 で閲覧可能。
  12. ^ 昭和20年11月28日付 海軍辞令公報 甲 第1993号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072108400 で閲覧可能。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0462-8
  • 世界の艦船 No. 469 増刊第37集 『日本潜水艦史』、海人社、1993年。
  • 防衛研修所戦史室 戦史叢書 第31巻 『海軍軍戦備(1) -昭和十六年十一月まで-』、朝雲新聞社、1969年。