伊原弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊原 弘(いはら ひろし、1944年7月4日[1] - )は、日本の歴史学者中国史の都市専門分野の東洋史学者、城西国際大学客員教授。

略歴[編集]

昭和19年に日本統治下の朝鮮大邱で生まれた。島根県松江市出身。1968年(昭和43年)中央大学文学部史学科卒業、1975年(昭和50年)中央大学の大学院文学研究科博士課程単位取得退学。城西国際大学の国際人文学部講師や教授を経て、2015年に客員教授となる。日本大学通信教育部など唐宋変革の講義を行い、複数の大学の東洋史の講師として教鞭に立った。中国都市史、中国社会史を中心に研究[2]

著書[編集]

  • 『中国中世都市紀行 宋代の都市と都市生活』昭和63年(1988年)出版の 中公新書
  • 『中国開封の生活と歳時 描かれた宋代の都市生活』山川出版社 1991年
  • 『蘇州 水生都市の過去と現在』1993年 講談社現代新書
  • 『中国人の都市と空間』原書房 1993年
  • 『「水滸伝」を読む 梁山泊の好漢たち』1994年 (講談社現代新書)
  • 『宋代中国を旅する』NTT出版 気球の本 1995年
  • 『王朝の都豊饒の街 中国都市のパノラマ』農山漁村文化協会(図説・中国文化百華 第7巻) 2006年
  • 『中国都市の形象 宋代都市の景観をよむ』勉誠出版 2009年

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • エドワード・H.シェーファー『サマルカンドの金の桃 唐代の異国文物の研究』日本語版監修,吉田真弓日本語版訳 勉誠出版 (アシアーナ叢書) 2007年

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002
  2. ^ 『中国都市の形象』著者紹介