伊勢運輸区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊勢運輸区

伊勢運輸区(いせうんゆく)は、三重県多気郡多気町多気にある東海旅客鉄道(JR東海)東海鉄道事業本部所属の運転士車掌が所属する乗務員区所で紀勢線多気駅構内に位置している。名称から伊勢市駅にあると思われがちだが、伊勢市駅構内にある線路群は2016年(平成28年)3月31日をもって廃止された伊勢車両区の跡地である(車両区以前は運輸区の伊勢派出と呼ばれていた)。

歴史[編集]

  • 1990年(平成2年)3月:伊勢運輸区が発足する。検修部門(旧伊勢運転所)を伊勢運輸区伊勢派出所とする。
  • 2001年(平成13年)4月:伊勢運輸区伊勢派出所を伊勢車両区として分離する[1]
  • 2018年(平成30年)2月24日:津市や津市観光協会と合同で、名松線沿線の観光をPRするイベントを名古屋市金山総合駅で開催する[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “駅管理体制見直し”. 交通新聞 (交通新聞社). (2001年4月1日) 
  2. ^ JR東海伊勢運輸区など 金山総合駅でJR名松線沿線の観光をPRするイベント”. 交通新聞 (2018年2月28日). 2019年8月11日閲覧。