伊勢海老汁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊勢海老汁(いせえびじる)は、イセエビを主な具とした味噌汁のことをいう。

伊勢海老の身はぶつ切りにし、基本的に姿形にはこだわらない。このため、安価な角の折れた伊勢海老などが使用されることが多い。これらの海老は殆ど地元で消費されるため、ほとんど市場には出回らない。

このような事情があるため、水揚げのある市町村以外では高価な海老を使用することになり、ほとんど水揚げのある地域の郷土料理と化している。

作り方[編集]

以下は代表的な作り方であるが、地域により異なる場合もある。

  1. コンブ出汁に伊勢海老をぶつ切りにして軽く煮る(この時点で汁に伊勢海老のミソが溶け込む)。
  2. 伊勢海老は色が変わればパッドに取りだしておく(伊勢海老を茹ですぎて身崩れしないようにするための処置)。
  3. 白みそを加え軽く沸騰する程度まで煮る。
  4. 伊勢海老を椀に盛りつけ、汁を掛ける。
  5. カイワレ大根や刻みネギのような香味を付ければ完成。

なお、伊勢海老鍋として出す料理店もある。

関連項目[編集]