伊勢崎絣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊勢崎絣を着た女性

伊勢崎絣(いせさきかすり)とは、群馬県伊勢崎市とその周辺地域で製造されている。「伊勢崎銘仙」とも呼ばれている。

概要[編集]

伊勢崎絣は「太織」という残り物の繭から引き出した生糸を用いた織物で、本来は農家が自家用に生産していたものであった。江戸時代中期にその基礎が築かれ、丈夫かつお洒落な縞模様が次第に庶民の間で人気を博し、伊勢崎周辺はもとより遠くは江戸大阪京都へも出荷されるようになった。明治に入ると近代的な染色、織物技術が海外から導入され、絣に用いられる糸も手で紡いだ手紡ぎ糸から機械生産による撚糸へと変わり、生産性も大幅に向上した。乃木希典学習院長が伊勢崎絣を高く評価、学習院の学校着に用いられるなど、明治末から昭和初期にかけて伊勢崎絣は「銘仙」と呼ばれるまでに成長を遂げた。その後、急速な洋装化や戦後日本における繊維産業の斜陽化に伴い生産量は激減したが、1975年には国から伝統的工芸品の指定を受け、ネクタイテーブルクロスのれん等、反物以外の製品に製造技術を応用し、再び注目を集めることとなった。そのような試行錯誤を続け、伊勢崎絣の伝統を絶やさない努力が現在に至るまで続けられている。

参考資料[編集]

  • 「さよなら伊勢崎特別市勢要覧 保存版」 2004年 伊勢崎市刊

関連項目[編集]