伊勢崎神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊勢崎神社
Isesaki-jinja torii 1.jpg
所在地 群馬県伊勢崎市本町21番地1[1]
位置 北緯36度19分11秒 東経139度11分36秒 / 北緯36.31972度 東経139.19333度 / 36.31972; 139.19333 (伊勢崎神社)座標: 北緯36度19分11秒 東経139度11分36秒 / 北緯36.31972度 東経139.19333度 / 36.31972; 139.19333 (伊勢崎神社)
主祭神 保食神ほか27柱[2]
社格 旧県社[3]
創建 建保元年[3]鎌倉時代
別名 飯福神社(旧称)
いいふくさま(通称)[3]
地図
伊勢崎神社の位置(群馬県内)
伊勢崎神社
伊勢崎神社
テンプレートを表示

伊勢崎神社(いせさきじんじゃ)は、群馬県伊勢崎市本町にある神社。旧社名は飯福神社で、通称・いいふくさま旧社格県社[3]。社紋は「丸に剣片喰」。

祭神[編集]

主祭神は保食神。このほか下記の27柱を祀る[2]

歴史[編集]

三浦義澄

創建は建保元年(鎌倉時代)、三浦義澄(三浦介義澄)によるものと伝えられている。地元・赤石城(伊勢崎城)城主からの信仰篤く、後に上杉謙信(輝虎)や由良信濃守成繁といった武将らも崇敬していたという。江戸時代以降、当地の領主が代々、社殿の修繕や祭典執行を担い、明和9年には吉田家から正一位に叙されている[3]

1873年(明治6年)に社格が村社に列し、1906年(明治39年)には神饌幣帛料供進神社の指定を受ける[4]1926年大正15年)、近くにあった稲荷神社など数社が合併し、社名を飯福神社から伊勢崎神社へと改称。1941年昭和16年)には社格が県社に列した[3]

境内[編集]

境内地の広さは約700である。ケヤキイチョウなどの木々が生い茂っている[5]

拝殿1935年(昭和10年)の建築[6]。正面入口上部に掲げられている巨大な木製のプロペラは、旧・中島飛行機(のちの富士重工業、現・SUBARU)の社員が1937年(昭和12年)に、戦地から無事に帰還するよう祈願して奉納した九〇式三号水上偵察機のものである。プロペラは当社の朱印や渡航・航空安全お守りのデザインにも反映されている[7][8]

境内社として稲荷神社(もと三光町)、福徳社(福徳社会館内)がある[5]

例祭・神事[編集]

上州焼き饅祭(2004年)

交通アクセス[編集]

地図
上は伊勢崎駅、右は新伊勢崎駅。
公共交通機関
JR両毛線および東武伊勢崎線伊勢崎駅から徒歩約10[12][13]
東武伊勢崎線・新伊勢崎駅から徒歩約10分間[12]
最寄りのバス停留所は「本町二番」。国際十王交通路線バスを運行している[13]
自家用自動車
北関東自動車道駒形インターチェンジまたは伊勢崎インターチェンジから自動車で約15分間[13]
関越自動車道本庄児玉インターチェンジから自動車で約25分間[13]
駐車場20台[12]。このほか近隣に伊勢崎市営の本町有料駐車場がある[14]

その他[編集]

  • かつての宮元町(みやもとちょう、現在の伊勢崎市三光町・平和町・本町)という町名は、当社の鎮座地であることに由来している[15]
  • 当社のお守りは袋に伊勢崎絣(伊勢崎銘仙)を用いたものがある。現代では貴重な生地であるため、取り替えは中身のみとすることが推奨されている[16]
  • 伊勢崎市出身の漫画家くらっぺの協力により『はぐちさんキーホルダーを製作している[17]
  • 伊勢崎市の名物「神社コロッケ」発祥の地である[8]
  • 伊勢崎市内には「飯福神社」が他に美茂呂町3412番地と、境中島407にある[1][18]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 県内神社紹介”. 群馬県神社庁. 2020年1月26日閲覧。
  2. ^ a b 御祭神”. 伊勢崎神社. 2020年1月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 「伊勢崎神社」『角川日本地名大辞典 10 群馬県』129ページ。
  4. ^ 伊勢崎町 飯福神社」『佐波郡神社誌』2ページ
  5. ^ a b 境内案内”. 伊勢崎神社. 2020年1月26日閲覧。
  6. ^ 御由緒”. 伊勢崎神社. 2020年1月26日閲覧。
  7. ^ プロペラについて”. 伊勢崎神社. 2020年1月26日閲覧。
  8. ^ a b 斎藤雅道 (2019年12月31日). “プロペラ飾る神社に見た伊勢崎市と中島飛行機の深い縁 戦後は富士重工「スバル360」も”. 乗りものニュース (メディア・ヴァーグ). https://trafficnews.jp/post/92452 2020年1月26日閲覧。 
  9. ^ 願いも煙も天まで届け 伊勢崎神社で巨大焼きまんじゅう焼き上げ”. 上毛新聞 (2020年1月12日). 2020年3月22日閲覧。
  10. ^ “伊勢崎で「上州焼き饅祭」 巨大焼きまんじゅう「福分け」”. 高崎前橋経済新聞 (フェイス). (2020年1月10日). https://takasaki.keizai.biz/headline/3647/ 2020年3月22日閲覧。 
  11. ^ ゑびす講祭”. 伊勢崎神社. 2020年3月22日閲覧。
  12. ^ a b c ぐんラボ! 伊勢崎神社”. 朝日印刷工業. 2020年1月26日閲覧。
  13. ^ a b c d 交通アクセス”. 伊勢崎神社. 2020年1月26日閲覧。
  14. ^ 市営駐車場・駐輪場のご案内”. 伊勢崎市 (2019年10月23日). 2020年1月26日閲覧。
  15. ^ 「宮元町」『角川日本地名大辞典 10 群馬県』914ページ。
  16. ^ 伊勢崎銘仙お守り”. 伊勢崎神社. 2020年1月26日閲覧。
  17. ^ 『はぐちさん』と伊勢崎神社がコラボして、オリジナルキーホルダーを作りました!”. 伊勢崎神社. 2020年1月26日閲覧。
  18. ^ 飯福神社の検索結果”. Mapion. 2020年1月26日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]