ともいきの国 伊勢忍者キングダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ともいきの国 伊勢忍者キングダム
Aduchijou-mogi.jpg
安土城模擬天守
施設情報
愛称
  • 伊勢時代村
  • 伊勢戦国村
前身
テーマ
管理運営 みんなで伊勢を良くし本気で日本と世界を変える人達が集まる株式会社
面積 33.4ha
開園 1993年4月27日
所在地 519-0603
日本の旗 日本 三重県伊勢市二見町三津1201-1
位置 北緯34度29分53.93秒 東経136度46分39.73秒 / 北緯34.4983139度 東経136.7777028度 / 34.4983139; 136.7777028座標: 北緯34度29分53.93秒 東経136度46分39.73秒 / 北緯34.4983139度 東経136.7777028度 / 34.4983139; 136.7777028
公式サイト ise-jokamachi.jp
テンプレートを表示

ともいきの国 伊勢忍者キングダム(ともいきのくに いせにんじゃきんぐだむ[1][2][3][4])は、三重県伊勢市に存在し、安土桃山時代戦国時代が主題のテーマパーク。通称 伊勢時代村、伊勢戦国村。

概要[編集]

忍者劇場などのアトラクションが存在する。戦国時代文化などを取り入れており、忍者劇場や野外劇場では真田幸村猿飛佐助といった戦国時代・江戸時代初期の武将や忍者の役柄が登場することもある。

敷地面積33.4ha、総工費300億円(安土城は70億円)で開園[5]。当初は二見浦の海岸付近に建設する予定であったが、現在地となった[6]宮上茂隆安土城天守復元案を元に、レプリカ建築として再現したとする安土城天守閣があるが、本物の安土城天守は本能寺の変後に焼失し、詳細な記録もほとんど残っていないため、この真偽は不明。滋賀県近江八幡市安土町の城址は史跡に指定され、その場所への再建は認められないことから、様々な候補から現在地 伊勢市二見町に民間施設として建てられた。

経歴[編集]

1993年4月27日に大新東子会社の株式会社時代村により「伊勢戦国時代村」として開園。2001年に累計来場者数500万人を突破。2003年4月に「伊勢・安土桃山文化村」に名称を変更。2004年に大新東がテーマパーク事業から撤退して時代村運営を終了し、時代村を分社して施設毎に独立運営することとなり、独立法人として営業開始。2008年10月に萩本欽一を村長に迎えて「ちょんまげワールド伊勢」に名称変更。開園初年間来場者数200万人が2015年には8万人まで減少し、2016年に不動産ファンド事業企業「共生バンクグループ」が買収してグループ企業として再始動[7]。買収後はインバウンド向けに施設の大リニューアルを実施し、総額100億円程度の改装費をかけ、現存施設も生かしながら温泉大浴場・刀鍛冶工房・侍と忍者のコスプレ施設などを新たに加えてリニューアル。安土城は1泊500万円のホテルとして利用される予定[4]。2017年7月に施設名を「伊勢安土桃山城下街」、2018年6月に法人名を「伊勢安土桃山城下街 株式会社」に変更。2019年3月1日に施設名を「ともいきの国 伊勢忍者キングダム」、7月24日に法人名を「みんなで伊勢を良くし本気で日本と世界を変える人達が集まる株式会社」に変更[8]

不当解雇訴訟[編集]

2019年(平成31年)3月28日、当時企画営業職として採用されていた親子の女性スタッフ2名が、当施設を以前運営していた伊勢・安土桃山城下街株式会社より不当な解雇・退職扱いを受けたとして民事訴訟を提起。津地裁伊勢支部は1250万円の支払いを命じた。担当外の業務をさせられたり、何度も上司が変わるなどして母親がその是正を求めたところ、合意なく出勤停止を告げられ反対する娘と共に退職扱いにしたとされる。この額は、出勤停止を命じた2017年(平成29年)9月から、2019年(平成31年)3月までの総賃金に当たる。[9][10]

アクセス[編集]

鳥羽駅より伊勢二見鳥羽周遊バス(CANばす)で約30分・無料送迎バスで約30分(1日1本)。宇治山田駅・伊勢市駅より伊勢二見鳥羽周遊バス(CANばす)で約30分。二見浦駅より徒歩で約15分・タクシーで5分。最寄りICは伊勢IC。

関連作品[編集]

テレビ[編集]

アニメ[編集]

関連施設[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 伊勢安土桃山城下街”. スポット情報. 近畿日本鉄道. 2018年2月10日閲覧。
  2. ^ 伊勢安土桃山城下街”. 伊勢志摩観光ナビ. 伊勢志摩観光コンベンション機構. 2018年2月10日閲覧。
  3. ^ 伊勢・安土桃山城下街の観光スポット情報”. 観光三重. 三重県観光連盟. 2018年2月10日閲覧。
  4. ^ a b 1泊500万円「安土城ホテル」 新たな“国主”が意図を語る週刊新潮 2017年4月13日号
  5. ^ 伊勢志摩国立公園指定50周年記念事業実行委員会 編 1997, pp. 99–100.
  6. ^ 伊勢志摩国立公園指定50周年記念事業実行委員会 編 1997, p. 100.
  7. ^ 週刊新潮2017年4月6日号136項TEMPO欄より
  8. ^ みんなで伊勢を良くし本気で日本と世界を変える人達が集まる株式会社の情報 - 国税庁
  9. ^ 「伊勢新聞」平成31年4月2日
  10. ^ 毎日新聞「伊勢・テーマパーク不当解雇 未払い給与支払い命令 地裁支部 /三重」、2019年4月3日

参考文献[編集]

  • 伊勢志摩国立公園指定50周年記念事業実行委員会 編 編 『伊勢志摩国立公園50年史』伊勢志摩国立公園指定50周年記念事業実行委員会、1997年3月24日、205頁。 

外部リンク[編集]