伊勢安土桃山城下街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊勢安土桃山城下街
SAMURAI KINGDOM NINJA-ISE
Aduchijou-mogi.jpg
安土城模擬天守
施設情報
前身 伊勢戦国時代村
伊勢・安土桃山文化村
キャッチコピー ともいきの国
管理運営 株式会社伊勢安土桃山文化村
開園 1993年(平成5年)4月27日
所在地 519-0603
三重県伊勢市二見町三津1201-1
位置 北緯34度29分53.93秒
東経136度46分39.73秒
座標: 北緯34度29分53.93秒 東経136度46分39.73秒
公式サイト http://www.ise-jokamachi.jp/
テンプレートを表示

伊勢安土桃山城下街(いせあづちももやまじょうかまち[1][2][3])は、三重県伊勢市にある安土桃山時代の歴史、文化を扱うテーマパークである。1993年平成5年)に開業。10万坪の敷地に戦国時代の街並みを忠実に再現し、安土城の復元天守閣もある[4]。以前の名称は伊勢・安土桃山文化村(いせ・あづちももやまぶんかむら)であった。

概要[編集]

敷地面積33.4ha、総工費300億円(うち安土城は70億円)で開村した[5]。当初は二見浦の海岸付近に建設する予定であったが、取りまとめに失敗し、現在地となった[6]

宮上茂隆安土城天守復元案を元に、レプリカ建築としてほぼ忠実に再現したと主張する安土城があるが、本物の安土城天守は本能寺の変の後に焼失し、詳細な記録もほとんど残っていないため、この主張の真偽は不明である。城址は史跡に指定され、その場所への再建は認められないことから、当土地に民間施設として建てられた。

かつては日光江戸村グループに属して「伊勢戦国時代村」として運営し、2008年(平成20年)10月から萩本欽一を村長に迎え「ちょんまげワールド伊勢」(株式会社伊勢安土桃山文化村)という独立法人として営業していた。開業当初年間200万人あった来場者が2015年には8万人までに減少しており、2016年に、不動産ファンド事業を行う企業「共生バンクグループ」(代表・柳瀬公孝)が買収しグループ企業として再スタートした[7]。買収後はインバウンド向けに施設の大リニューアルを実施。総額100億円程度の改装費をかけ、現存する施設も生かしながら、温泉大浴場や刀鍛冶工房、侍・忍者に変身できるコスプレ施設、忍術学校などを新たに加えて2018年4月に全面リニューアル完了予定で、安土城は1泊500万円のホテルとして利用される予定[4]

2017年7月に施設名を「伊勢安土桃山城下街」に変更、2018年6月に法人名が「伊勢安土桃山城下街 株式会社」に変更された。

施設[編集]

劇場[編集]

  • 大忍者劇場
  • 大江戸劇場紅屋
  • 山田奉行所
  • ニャンまげ劇場
  • 野外舞台
  • 南京玉すだれ

体験館[編集]

  • 伊賀忍者妖術屋敷
  • 忍者からくり迷路
  • 忍者修行砦
  • 忍者まなび処
  • レンタル衣裳(忍者・着物)
  • 変身写真館(花魁・武者・甲冑・忍者・町娘)
  • 武徳館
  • 有田焼体験工房
  • 城下の真珠処
  • 蕎麦打ち体験

温浴施設[編集]

  • 天然温泉 安土城下の湯

遊戯処[編集]

  • 戦国腕試し館(弓矢)
  • 忍者森のアドベンチャー
  • 手裏剣道場
  • 吹矢道場
  • 舶来遊戯堂
  • 二人舟
  • 投扇興

見学処[編集]

  • 安土城
  • 黄金の間
  • 黄金の天満宮
  • 大櫓門
  • 日本庭園 松風園

展示館[編集]

  • 刀剣館
  • 日本刀公開鍛錬場
  • 忍者資料館

飲食・売店[編集]

  • 合戦大食事処
  • 松阪牛&伊賀牛焼き肉
  • 熊野地鶏らぁめん
  • 熊野地鶏炭火焼き
  • 極米おにぎり
  • 美し国の干物炭火焼き
  • 伊勢神木のばあむくうへん
  • 羅漢果の甘味処&バー
  • めで鯛囲炉裏戦国焼き
  • 活うなぎの蒲焼き
  • 伊勢名物食事処
  • 八ヶ岳高原蕎麦
  • たべあるき処
  • 安土城下の土産処
  • 楽市楽座
  • 京乃屋
  • 城下のバナナ処
  • AMATELUZ

所在地・アクセス[編集]

伊勢安土桃山城下街 株式会社

  • 〒519-0603 三重県伊勢市二見町三津1201-1
公共交通[8]
自動車[8]

脚注[編集]

  1. ^ 伊勢安土桃山城下街”. スポット情報. 近畿日本鉄道. 2018年2月10日閲覧。
  2. ^ 伊勢安土桃山城下街”. 伊勢志摩観光ナビ. 伊勢志摩観光コンベンション機構. 2018年2月10日閲覧。
  3. ^ a b 伊勢・安土桃山城下街の観光スポット情報”. 観光三重. 三重県観光連盟. 2018年2月10日閲覧。
  4. ^ a b 1泊500万円「安土城ホテル」 新たな“国主”が意図を語る週刊新潮 2017年4月13日号
  5. ^ 伊勢志摩国立公園指定50周年記念事業実行委員会 編 1997, pp. 99-100.
  6. ^ 伊勢志摩国立公園指定50周年記念事業実行委員会 編 1997, p. 100.
  7. ^ 週刊新潮2017年4月6日号136項TEMPO欄より
  8. ^ a b ACCESS”. 2018年1月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『伊勢志摩国立公園50年史』 伊勢志摩国立公園指定50周年記念事業実行委員会 編、伊勢志摩国立公園指定50周年記念事業実行委員会、1997年3月24日、205頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]