伊丹公子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊丹 公子(いたみ きみこ、1925年4月22日[1] - 2014年12月15日[2])は、日本の俳人詩人。本名・岩田 きみ子。俳人の伊丹三樹彦は夫、同じく俳人の伊丹啓子は長女。

略歴[編集]

高知県出身。兵庫県立伊丹高等女学校(現・兵庫県立伊丹高等学校)卒業。1946年、三樹彦に師事。同年、三樹彦編集・発行の同人誌「まるめろ」創刊。1949年、日野草城主宰の俳誌「青玄」が創刊され、「まるめろ」は合流。2005年の「青玄」解散後は、2006年に啓子が創刊した「青群」に参加[3]。1972年、現代俳句協会賞受賞。また、詩を村野四郎に師事。2014年12月15日、心不全のため死去。

著書[編集]

  • 『メキシコ貝 句集』琅玕洞 青玄双書 1965 のち牧羊社
  • 『陶器天使 句集』牧羊社 精鋭句集シリーズ 1975
  • 『空間彩色 伊丹公子詩集』冬樹社 1976
  • 『沿海 伊丹公子句集』沖積舎 1977
  • 『時間紀行 伊丹公子句集』牧羊社 1979
  • 『ドリアンの棘』現代俳句女流シリーズ 牧羊社 1982
  • 『ガルーダ 現代俳句の一〇〇冊』現代俳句協会 1983
  • パースの秋 句集』牧羊社 1985
  • 『伊丹公子集 自解100句選』牧羊社 1987
  • 『異国の街にて 伊丹公子紀行文集』冬樹社 1989
  • 『天球水球 伊丹公子詩集』冬樹社 1991
  • 『機内楽 句集』牧羊社 1992
  • 『現代俳句文庫 伊丹公子句集』ふらんす堂 1993
  • 『アーギライト 伊丹公子カナダ句集』春陽堂書店 1994
  • 『地球の絵葉書 伊丹公子紀行文集2』春陽堂書店 1995
  • 『山珊瑚 伊丹公子句集』春陽堂書店 1996
  • 『カンボジアの壁 伊丹公子詩集』春陽堂書店 1997
  • 『伊丹公子 花神現代俳句』花神社 1999
  • 『運河と水仙 伊丹公子句集』春陽堂書店 1999
  • 『伊丹公子紀行文集3 地図と文鎮』春陽堂書店 2000
  • 『詩人の家 伊丹公子エッセイ集』沖積舎 2001
  • 『イコン絵師 伊丹公子句集』沖積舎 2002
  • 『伊丹公子自筆百句選』沖積舎 2003
  • 『黒い聖母 伊丹公子詩集』Nagiko Lee, Catherine Yamamoto 訳 沖積舎 2004
  • 『伊丹公子紀行文集4 海山の手帖』沖積舎 2005
  • 『私の手紙 伊丹公子第13句集』沖積舎 2007
  • 『博物の朝 伊丹公子句集』角川書店 2010
  • 『港都譚 伊丹公子エッセイ集』沖積舎 2011
  • 『伊丹公子全句集』沖積舎 2012
  • 『伊丹公子全詩集』沖積舎 2014

作詞[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』2008年
  2. ^ “訃報:伊丹公子さん89歳=俳人”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年1月8日). オリジナルの2015年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150108150551/http://mainichi.jp/select/news/20150109k0000m060016000c.html 2015年1月10日閲覧。 
  3. ^ 死去直前の第34号(2014年12月)まで作品を寄稿している。ちなみに同号に寄せた作品は「山珊瑚」7句。

外部リンク[編集]