任道鎔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

任 道鎔(じん どうよう、Ren Daorong1823年 - 1906年)は、末の官僚。字は筱沅江蘇省宜興県出身。

抜貢であったが、咸豊年間に団練を組織して太平天国に備え、訓導に任じられた。さらに軍費を提供したことで当陽知県江夏知県を歴任した。1863年順徳知府に昇進し、直隷に侵入した捻軍沙河などで破った。善政を直隷総督曽国藩李鴻章に評価され、1870年に開帰陳許道に昇進した。1875年に直隷按察使代理となり、江西按察使、浙江布政使、直隷布政使を歴任した。1881年に山東巡撫に昇進し、緑営の改革や交通の整備を行ったが、弾劾を受け解任された。

その後、郷里に戻っていたが、1896年河道総督に起用された。1900年義和団の乱が発生した際には河南省でも蜂起が起きたが、冷静に対処し、河南省の防衛に協力した。1901年、浙江巡撫に転任となったが、間もなく引退した。

出典[編集]

先代:
周恒祺
山東巡撫
1881-1883
次代:
陳士杰
先代:
陳士杰
浙江巡撫
1883
次代:
劉秉璋
先代:
劉樹棠
河道総督
1896-1901
次代:
錫良
先代:
惲祖翼
浙江巡撫
1901-1902
次代:
聶緝槼