任意売却

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

任意売却(にんいばいきゃく)とは、債務者(所有者)が住宅ローンに付保及び付加された抵当権及び根抵当権、差押等が完済できず、多額の債務が残る(オーバーローン)場合において、債権者(借りた金融機関)の同意を得て、差押解除及び抵当権抹消をしてもらう任意の売却方法を指す。略して「任売」(にんばい)とも呼ばれる。

任意売却については、競売前に行われた不動産売買をいう。

任意売却により売却した住宅ローン等の残債については、債権者等との協議により分割して完済する方法か、弁護士を依頼し、債務整理する必要がある。よって、残債を放置した場合には、給与や財産の差押等を受ける。

外部リンク[編集]

住宅金融支援機構:融資住宅等の任意売却