仲道祐子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仲道 祐子(なかみち ゆうこ、1967年8月28日 - )は静岡県出身のピアニスト

経歴[編集]

浜松市生まれ。浜松市立南部中学校3年在学中、1982年に第36回全日本学生音楽コンクールピアノ部門第1位入賞。アメリカ留学中、シルヴィア・ミューリングに師事。1986年桐朋女子高等学校音楽科を卒業してドイツへ渡り、クラウス・シルデに師事。1989年ミュンヘン音楽大学マスタークラス卒業。1991年ミュンヘン音楽大学大学院ピアノ科ならびに室内楽科を修了。

この間、1988年アドルフォ・L・アブレダ国際ピアノコンクール第2位(最高位)入賞。1991年、第37回マリア・カナルス国際音楽コンクールピアノ部門第2位ならびに特別賞入賞。1993年、第10回ロベール・カサドシュ国際ピアノコンクール第3位。1996年5月、紀尾井ホールのパフォーマンス・トゥデイでリサイタルデビューを果たす。1997年秋にドイツから日本へ活動の拠点を移す。リサイタルの他、クラシック・フィルハーモニー・ボンや読売日本交響楽団日本フィルハーモニー交響楽団など国内外の著名なオーケストラと共演しているのをはじめ、室内楽の分野でも活躍している。

夫は在京オーケストラの事務局員。姉の仲道郁代は著名なピアニストである。

外部リンク[編集]