仲氏館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
仲氏館
三重県
城郭構造
築城主 仲新八郎
築城年 戦国時代
主な城主 仲新八郎
遺構 なし
指定文化財 なし
再建造物 なし
位置 北緯34度4分15.4秒
東経136度11分56.2秒

仲氏館(なかしやかた)は現在の三重県尾鷲市に存在したである。

概要[編集]

常聲寺の東側に存在した

歴史[編集]

戦国時代中村山城仲新八郎によって建てられた。文禄年間(1592年 - 1595年)仲新八郎は館の西隣に菩提寺として常聲寺を建立した。

所在地[編集]

三重県尾鷲市林町字殿元

関連項目[編集]

外部リンク[編集]