仲村颯悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仲村 颯悟(なかむら りゅうご、1996年1月10日[1] - )は、日本の映画監督沖縄県沖縄市出身。 沖縄県立球陽高等学校[2]慶應義塾大学環境情報学部卒業。[3]

来歴[編集]

小学生の頃から映像制作を行う。これまで制作した作品は30本以上に及ぶ[4]。また、その頃から地域の公民館を借りて、友達らと一緒に上映会を開催していた。

2009年に沖縄観光ドラマコンペティションに応募した「やぎの散歩」の脚本が選ばれ、自らメガホンを取った。その後、2010年に「やぎの散歩」がショートショートフィルムフェスティバルにおいて、ノミネートされ話題となった[5]2009年宮古島で自身の自主映画の上映会が開催された際、映画制作仲間と2人で宮古島へ行き、地元の子どもたちと「島の時間」を制作。「島の時間」完成後に宮古島で開かれた上映会では、2日間の上映で1600人を動員した[6]

2010年日本テレビ世界まる見え!テレビ特捜部』番組内において実施された映像コンテストにて、ビートたけしより「たけし賞」を受賞した。

2016年に5年ぶりの長編映画「人魚に会える日。」を全編自主制作、劇場公開。東京公開初日には女優の樹木希林が登壇し話題を集めた。[7]

人物[編集]

  • 同じ沖縄県出身アーティストであるCoccoと親交が深く、2010年に著名映像作家らと共に制作費0円の自主制作映像企画「Inspired movies」に参加した[8]
  • 自主制作映画時には自身が出演することもあったため、演技にも興味があるといい、多くの映画にエキストラ出演している。
  • ホラー映画が大好きであり、「やぎの冒険」製作時もヤギのホラー映画を作ろうと提案したが、プロデューサーに却下された。
  • 女優の満島ひかりは中学校の先輩にあたり、自ら企画した卒業記念イベントに登場した。[9]

主な監督作品[編集]

映画[編集]

  • 「僕がゾンビになった日」(2007年)
  • 「がじゅまる」(2008年)
  • 「ピンポンダッシュ大作戦」(2009年)
  • 「耳切坊主」(2009年)
  • 「やぎの散歩」(2009年)
  • 「島の時間」(2009年)
  • やぎの冒険」(2010年)
  • 「ジョンの初恋」(2011年)
  • 「人魚に会える日。」(2016年)[10]
  • 「ゆしぐとぅ」(2016年)[11]

その他[編集]

  • Cocco「三村エレジー」MV(2012年
  • 「日本のいいところ」短編映像(2012年)

主な出演作品[編集]

  • 「KOTOKO」(2012年、塚本晋也監督) - 琴子の姉の子ども役
  • 「ハイザイ〜神様の言うとおり〜」(2012年、福永周平・泉尾昌宏監督) - 組長役

過去の受賞歴[編集]

  • ショートショートフィルムフェスティバル2010」において「やぎの散歩」が「旅!シヨーットプロジェクト部門」にノミネート(2010年)
  • 「田辺弁慶映画祭」において「やぎの冒険」が正式招待(2010年)
  • 「第10回天草映画祭」において「やぎの冒険」が「風の賞」受賞(2011年)
  • 「第14回上海国際映画祭」において「やぎの冒険」がパノラマ部門に正式招待(2011年)
  • 「第3回カナダトロント新世代映画祭」において「やぎの冒険」が公式コンペティション部門に正式招待(2011年)
  • 「第13回ソウル国際青少年映画祭」において「やぎの冒険」がチルドレン・オブ・ヘブン部門に正式招待(2011年)
  • なら国際映画祭2011」において「やぎの冒険」が正式招待(2011年)
  • 「鶴岡食文化映画祭」において「やぎの冒険が正式招待(2011年)
  • 「岡山映画祭2012」において「やぎの冒険」が正式招待(2012年)

執筆活動[編集]

コラム連載[編集]

  • 沖縄タイムス「やぎから人魚へ〜仲村颯悟監督日記〜」(2015年
  • 琉球新報「南風」(2015年[12]
  • 共同通信社「わたしと今とツナガル世界」(2016年

寄稿[編集]

  • タバブックス「仕事文脈 vol.8」
  • ブルシープ「はじめて投票するあなたへ、どうしても伝えておきたいことがあります。」(監修:津田大介

書籍[編集]

  • 沖縄教販「やぎの冒険 リュウヤのしごと」
  • 汐文社「映画カントクは中学生!」(著者:艸場よしみ)
  • ゴマブックス「映画 人魚に会える日。メモリアルー学生映画監督と大学生スタッフの挑戦ー」

脚注[編集]

  1. ^ “監督 仲村 颯悟”. 日本映画劇場. (2011年1月2日). http://www.nihoneiga.info/now/0015/01.html 2013年8月20日閲覧。 
  2. ^ 仲村監督「やぎの冒険」世界へ 国際映画祭出品相次ぐ (2011年6月30日). “琉球新報”. http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-178798-storytopic-6.html 2013年8月20日閲覧。 
  3. ^ “「モンパチ」キヨサク&満島ひかり、沖縄出身の仲村颯悟監督の大学卒業を祝福”.  映画.com. (2019年2月25日). https://eiga.com/news/20190225/6/ 2019年2月25日閲覧。 
  4. ^ “沖縄発の新人映画監督はなんと14歳の中学生!”. ニュースウォーカー. (2011年1月6日). http://www.japanfmnetwork.com/yomuraji/070309/main.html 2013年8月20日閲覧。 
  5. ^ “日本映画史上初、中学生映画監督・仲村颯悟監督作品「やぎの冒険」がロードショー公開”. ビデオSALON.Web. (2011年1月11日). http://www.genkosha.com/vs/news/entry/post_189.html 2013年8月20日閲覧。 
  6. ^ “AAF Café vol.7 レポート”. AAF通信 (アサヒ・アート・フェスティバル). (2010年8月12日). http://www.genkosha.com/vs/news/entry/post_189.html 2013年8月20日閲覧。 
  7. ^ 樹木希林、無償でイベント出席 沖縄出身20歳の映画監督にエール
  8. ^ “Cocco「Inspired movies」同梱CDに未発表音源収録”. ナタリー. (2011年3月25日). http://natalie.mu/music/news/46773 2013年8月20日閲覧。 
  9. ^ “ 満島ひかり、中学後輩の映画監督が慶應卒業し駆け付ける”. NEWSポストセブン. (2019年3月5日). https://www.news-postseven.com/archives/20190305_878032.html 2019年3月5日閲覧。 
  10. ^ 19歳の仲村颯悟5年ぶり新作、沖縄の今を切り取る「人魚に会える日。」2月公開”. 映画ナタリー (2015年10月14日). 2015年10月14日閲覧。
  11. ^ 怒りだけじゃない。沖縄出身の大学生が撮った若者たちの葛藤”. BuzzFeed (2016年6月23日). 2016年6月23日閲覧。
  12. ^ “コラム「南風」 5年ぶりの映画監督”. 琉球新報. (2015年7月14日). https://ryukyushimpo.jp/hae/prentry-245725.html 2015年7月14日閲覧。 

外部リンク[編集]