仲村修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仲村 修(なかむら おさむ、1949年 - )は、朝鮮文学者。 岡山県生まれ。岡山大学卒、大阪外国語大学朝鮮語科専攻科卒業。神戸市職員となり、神戸市立中学校教師をへて韓国仁荷大学大学院修士課程修了。1997年『韓国・朝鮮児童文学評論集』(編訳)で日本児童文学学会奨励賞受賞。オリニの会・オリニほんやく会主宰、日本児童文学者協会・日本児童文学学会・朝鮮学会会員。[1]

翻訳など[編集]

  • 朴洪根『ヘラン江のながれる街』新幹社 1992
  • 『ユガンスン 朝鮮のジャンヌ・ダルク』金石出絵 ソウル書林 1993
  • 『韓国・朝鮮児童文学評論集』編訳 明石書店 1997
  • 李元寿ほか『子どもたちの朝鮮戦争 ユギオ6.25』編訳 素人社 コリア児童文学選 1998
  • 権正生『わら屋根のある村』吉村はんな画 てらいんく 1998
  • 魚孝善ほか『日本がでてくる韓国童話集』オリニ翻訳会共編訳 金愛子画 素人社 コリア児童文学選 1999
  • 李周洪ほか『愛の韓国童話集』編 オリニほんやく会訳 李康碩画 素人社 コリア児童文学選. 韓国現代童話集 2001
  • クォン・ジョンセン作 チョン・スンガク絵『黄牛のおくりもの』いのちのことば社フォレストブックス 2003
  • 『鬼神のすむ家 コリア児童文学選 韓国現代童話集』オリニ翻訳会共編訳 素人社 2005
  • クォン・ジョンセン作 ソン・ジンホン絵『こだぬきさんちのはるむかえ』いのちのことば社フォレストブックス 2005
  • 『韓国昔ばなし』徐正五再話 白水社 2006
  • 『韓国古典文学の愉しみ』編 オリニ翻訳会訳 白水社 2010

[編集]

  1. ^ 『韓国古典文学の愉しみ』著者紹介