仲村亀二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仲村 亀二(なかむら かめに[1]1894年明治27年)10月3日 - 2004年平成16年)5月20日)は、男性長寿日本一だった沖縄県島尻郡知念村(現南城市)の男性。

2003年9月、中願寺雄吉の死去にともない、存命男性のうち日本最高齢となる[2]サトウキビ農家を営み、マグロの刺し身、 豚肉料理、日本酒を好物とした。孫と話すためよわい90にして標準語を学ぶなど、チャレンジ精神が旺盛だったという[2]2003年11月には、長寿を祝して稲嶺惠一沖縄県知事から記念品が贈られた。

2004年5月20日、老衰のため沖縄県佐敷町の病院で死去[2][1]。109歳と230日。

出典[編集]

  1. ^ a b “仲村亀二氏死去/男性長寿日本一”. 四国新聞. (2004年5月20日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/okuyami/article.aspx?id=20040520000326 2017年5月21日閲覧。 
  2. ^ a b c 仲村亀二さん死去 109歳、男性長寿日本一 2004年5月20日
先代:
中願寺雄吉
男性長寿日本一
 2003年9月28日-2004年5月20日 
次代:
小沢愍昌