仮面ライダー (仮面ライダー龍騎)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

本記事では、特撮テレビドラマ仮面ライダー龍騎』に登場する「仮面ライダー」について記述する。

『仮面ライダーディケイド』に登場した「龍騎の世界」の仮面ライダーは仮面ライダーディケイドを参照。

概要[編集]

本作における「仮面ライダー」とは、神崎士郎が開発したカードデッキを使用し、戦闘強化服を装着してミラーワールドへ行くことのできる者を指す(劇中では「ライダー」と略されて呼ばれることが多い)。カードデッキの入手経緯は通常は士郎に直接選定された人間が変身するという形だが、カードデッキがあれば誰でもライダーに変身可能であるため真司や手塚、吾郎のように本来の持ち主が死亡したなどして遺されたデッキを入手し変身した例外も存在する。

本作のライダーは疑似ライダーを除いて13人存在し、仮面ライダー同士は最後の1人になるまで戦い合う掟になっている。また契約モンスターは他のモンスターが人間から集めた生命エネルギーを摂取して強くなるため、人間界に侵入するモンスターの駆除も行う。ライダー全員に言えることだが、近くに他のモンスターが出現すると金切り音が聞こえてくる。

ほとんどの戦闘はミラーワールドの中で行われるが、変身後も現実世界で活動することは可能で、契約モンスターを現実世界に召喚することもできる。

本作に登場するライダーのモチーフは騎士であり、加えて契約モンスターの属性を持つ。騎士というモチーフは、本作企画初期に仮面ライダーシリーズではなく『仮面ライダー』の企画原型の一つである『クロスファイヤー』をモチーフとした騎士ヒーローであった名残である[1]

共通装備[編集]

アドベントカード
契約モンスターや武器を召喚したり、必殺技を発動するためのカード。様々な種類があり、特に契約モンスターの絵柄が描かれた「アドベント」のカードはそれ自体が契約の証にもなっている。カードごとに攻撃力を表すAP(アタックポイント)、または防御力を表すGP(ガードポイント)という数値が設定されており、20APが1tに相当するが、この設定はあくまで目安に過ぎず、劇中での威力の強弱にはほぼ反映されていない。
サバイブ体のライダーは金色に縁取られたアドベントカードを使用する。これは放送当時のカードダスEXでは「SVカード」と呼称されていた。SVカードにはカードイラスト直下に存在するパワーを現す表示(1個につき1000AP・GP相当)にオレンジまたはブルーの縁取りがなされており、カードダス設定ではこの縁取られた表示はサバイブによる上昇値とされていた。
カードデッキ
アドベントカードのセットで、専用のケース・ベントホルダーに収納されている。変身のキーアイテムであるのみならず、仮面ライダー同士の身分証明のようにも用いる。変身者でなくても触れるだけでモンスターの出現による金切り音を聞き取ることができ、ミラーワールドを観ることも可能。モンスターとの契約後は各ライダーのモチーフをイメージした紋章が浮かび上がる。契約後のセットの内容及びカードの枚数は、各ライダー固有のものとなる。
このデッキが破壊された場合は変身が解除され、契約破棄とみなされ契約モンスターに捕食対象として狙われたり、現実世界とミラーワールドを行き来できなくなり、いずれ消滅する。
戦闘時、ライダーがカードをデッキから引く際のカードの選択は、ライダーが自らの意思で行う[2]。すなわち各ライダーには自分のデッキの構成を十分に把握し、戦況に適したカードを選択する能力が要求される。なお、1枚のカードを戦闘中に使えるのは1回だけである。
ベントホルダーのカラーはライダーに準じており、例えば龍騎のものでは通常形態では黒、サバイブでは赤となる。
Vバックル
鏡や水面などの鏡面にカードデッキを翳すことで実体化するベルト型のカードデッキホルダー。いわゆる「変身ベルト」。カラーは銀色だが、オーディンのみは金色である。各ライダーとも変身ポーズをとって「変身」と発声した後(ポーズと発声がなければ変身できないというわけではない)、カードデッキをケースごと装填することによって仮面ライダーに変身する。オルタナティブも同様の方法で変身する。
バイザー
ライダーがアドベントカードを使用する為の装備で、通称・召喚機。名称は各ライダーごとに異なり、契約モンスターの前半分を用いたものになる(例えば「ドラグ」レッダーなら「ドラグ」バイザーなど)。デザインや装備法もそれぞれ違っており、装身具タイプ(ドラグバイザー、メタルバイザー)、武装タイプ(ダークバイザーやマグナバイザー)などがある。
カードを使用する際の操作はバイザーの形態によって異なるが、概ね以下の通り(各ライダーの項目も参照されたい)。
  1. バイザーのカード装填口を開口させる
  2. デッキからカードを1枚引き出し、装填口に挿入(ベントイン)する
  3. 装填口を閉鎖すると、カードの種類が電子音声で読み上げられ、効果が発動する(対応する武器や技が使用可能になる)
なお、龍騎サバイブのストレンジベントを除き、使用済みのカードがバイザーから取り出されたり排出される描写はない。
また、龍騎とナイトのサバイブ形態のバイザーが発する電子音声はエコーがかかる。
ライドシューター
  • 全長:3250mm
  • 全幅:1120mm
  • 全高:1400mm
  • 最高時速:930km
現実世界とミラーワールドを結ぶ次元空間・ディメンションホールを移動することができるビッグスクーター風の次元転送マシン。ミラーワールド内の移動にも使用可能。普段はディメンションホール内に置かれており、ライダーがミラーワールドへ突入する際に乗車し起動する。ライダーが乗降する際には車体上部の大型スクリーン・ゲイルプロテクト・スクリーンと座席シートのホールディングシェルが可動し乗降を補助する。頑強な車体を活かし、体当たり攻撃にも使用される。
運転席のマニピュレート・コンソールに「アドベント」のカードを装填して起動するという設定が存在するが、作中では一度も描写されていない。
全ライダーが同型のライドシューターを所持している設定だが、タイガ、インペラー、ベルデ、リュウガ、オーディンの搭乗シーンは作中に登場していない。
撮影では公道を走らないことから、それまでの仮面ライダーシリーズとは異なりベース車などの制約を受けない自由なデザインがなされた[1]

神崎士郎に作られた仮面ライダー[編集]

主要なライダーである龍騎・ナイト・ゾルダはそれぞれ、初代仮面ライダーの複眼・クラッシャー・触角をデザインに取り込んでいる[3]

仮面ライダー龍騎[編集]

城戸真司が変身する仮面ライダー。TVSP版では真司の先代として榊原耕一も変身していた。

ソリッドフェイスシールド(面甲にあたる部分)の奥にはレッドアイ(複眼)が存在する。変身ポーズは右手を左斜め上に伸ばすという物で、仮面ライダー新1号の変身ポーズを意識した物である。

フェイスシールドのデザインは騎士ヒーロー企画の頃から検討されていた物であり、複眼は仮面ライダーの企画へと移行した際に付け足された[1]。口元は『仮面ライダーX』のパーフェクターをイメージしている[1]

フォーム
通常形態
  • 身長:190cm
  • 体重:90kg
  • パンチ力:200AP
  • キック力:400AP
  • ジャンプ力:ひと跳び35m
  • 走力:100mを5秒
基本形態。基本カラーは。ドラグレッダーとの契約前・ドラグレッダーのカードを盗まれた際には契約モンスター無しとみなされ、ブランク体になる。遠近どちらにも対応可能だが、主に格闘戦を得意としている。トリッキーな効果のカードこそ持たないが、全体的な身体能力のバランスが取れており、全ライダーの中でも高い戦闘スペックを誇る。しかし当初は真司の戦闘経験不足のために無駄な動作も多くその力を発揮出来ない事も少なくなかった。徐々に戦闘に慣れていき、そつなく戦える戦闘能力を身につけていったものの、ライダー同士の戦いに対する考えから本気で戦えない事もあった。
TVSP版で変身した榊原は真司とは対象的に力強い肉弾戦を展開し、必殺技を放つ際にはカンフーの使い手の様な叫び声を発していた。
ブランク体
  • 身長:190cm
  • 体重:90kg
  • パンチ力:50AP
  • キック力:100AP
  • ジャンプ力:ひと跳び10m
  • 走力:100mを8秒
ドラグレッダーの契約前・ドラグレッダーのカードを失った際に変身する龍騎の素体形態。通常時よりも戦闘能力が著しく低下しており(それでも常人よりは戦闘能力は高い)、基本カラーが赤から群青色へと変化し、ドラグレッダーと契約していないため龍の意匠が無いなど細部が異なる。
龍騎サバイブ
  • 身長:193cm
  • 体重:95kg
  • パンチ力:300AP
  • キック力:500AP
  • ジャンプ力:ひと跳び45m
  • 走力:100mを4.5秒
士郎から託されたSURVIVE・烈火のカードをドラグバイザーツバイに装填して強化変身する龍騎の最強形態。基本カラーは赤。変身時には全身から炎を発する。他のライダー・数々のモンスターを圧倒する程の戦闘能力を発揮する他、ストレンジベントのカードが追加された事で戦術の幅が拡がり、通常時よりもオールラウンドに立ち回る事が可能。
劇場版ではこの形態に直接変身している。
デザインモチーフは
契約モンスター
以下の項を含め、括弧内は使用フォーム。
無双龍ドラグレッダー(通常)
  • 全長:6.15m
  • 全幅:0.37m
  • 全高:0.55m
  • 重量:210kg
  • 最高飛行速度:500km/h
龍型のモンスター。5000AP。基本カラーは赤。劇中で蓮が「大物」と評している様にモンスターの中でも強力な部類に入る。空中を飛行し、剣状の尻尾・ドラグテイルドラグシャウ(口部)から吐く5000℃の火球・ドラグブレスを武器とする。
当初は真司を餌として狙ったが、彼と契約し龍騎に力を与える。契約後にも真司が戦いを放棄する態度を見せただけで食い殺そうとするなど、非常に凶暴な性格をしている。しかし契約の長期化に伴い徐々に真司に信頼を寄せていき、アドベントのカードを使用していないにも関わらず彼の窮地に自ら現れた事もある。
烈火龍ドラグランザー(サバイブ)
  • 全幅:1.10m
  • 重量:380kg
ドラグレッダーがサバイブの力でパワーアップした姿。APも7000へと上昇している。モンスターモードバイクモードの2つの姿をとる。
モンスターモード[4]
  • 全長:10.55m
  • 全高:0.99m
  • 最高飛行速度:900km/h
召喚時の通常形態。ドラグジャウから吐く7000℃の火炎弾・厚さ50cmの鉄板を斬り裂くドラグテイルを武器とする。龍騎サバイブを背中に乗せながら飛行し、空中戦も行う。
バイクモード
  • 全長:6m
  • 全高:1.22m
  • 最高走行速度:760km/h
  • ベース車種:ホンダ・X4
ファイナルベント時に変形するバイク形態。龍騎サバイブが背中に跨ると両目のドラグアイをスライドしたドラグフェイスシールドが覆い、ボディーから車輪のドラグホイールが出現し、ボディーがZ字状に折り畳まれ、同時に両腕のドラグアームが前部のドラグホイールを挟み込んで変形完了する。その巨体に反してウィリー走行も可能。
召喚機
龍召機甲ドラグバイザー(通常)
左腕に装備されている、龍の頭部を模したガントレットタイプの召喚機。上部カバーを開き、その中にカードを装填する。
ライドバイザー(ブランク体)
ドラグバイザーと同様にブランク体の左腕に装備されているガントレット型の召喚機。カードを装填する過程も同様だが、カバーの開閉が自動で行われる点が異なる。
龍召機甲ドラグバイザーツバイ(サバイブ)
  • 全長:660mm
  • 重量:1.5kg
ドラグバイザーがサバイブの力で変化する、龍の頭部を模したハンドガン型の召喚機。普段はベルトの左腰部に装備する。カード装填口が2箇所あり、口の銃口部分にサバイブのカードを装填する事で龍騎サバイブに強化変身する。変身後にカードを装填する場合は後頭部のハンマー部分に装填する。ビーム・火炎弾を放つ射撃武器としても使用可能。
所有カード・武器・技
ソードベント
ドラグセイバー(通常)
ドラグテイルを模した青龍刀の様な剣。2000AP。厚さ40cmの鋼鉄を真っ二つに斬り裂く程の鋭い切れ味を誇る。劇中では最も多用されている。
ライドセイバー(ブランク体)
ブランク体専用の剣。APは300と極端に低く、ディスパイダーへの一撃も効果が無くあっさり折れてしまった。
ドラグブレード(サバイブ)
  • 全長:1200mm
ドラグバイザーツバイ本体から展開する短剣。3000AP。ソードベントのカード自体が存在するが、劇中ではカードの装填を必要としない。厚さ60cmの鋼鉄を一振りで寸断する程の鋭い切れ味を誇る。
バーニングセイバー(サバイブ)
ドラグブレードから炎の刃を飛ばす技。劇中では使用されず、『仮面ライダーディケイド』にてディケイド コンプリートフォームが召喚した龍騎サバイブが使用している。
ガードベント
ドラグシールド(通常)
ドラグレッダーの腹部・ドラグボディーを模した盾。2000GP。2枚召喚可能で、手に持って使用する他、両肩に装備して他の武器との併用も可能。
ファイヤーウォール(サバイブ)
ドラグランザーが龍騎サバイブを守る盾となる防御技。4000GP。
ストライクベント
ドラグクロー(通常)
ドラグレッダーの頭部を模した手甲。2000AP。右腕にはめて使用する。本来は打撃武器として設定されているが、その用途での使用例は少ない。ドラグセイバーの柄を顎の部分で挟んでいるスチール写真もあるが、劇中では未使用である。
ドラグクローファイヤー(通常)
ドラグクローを装備した龍騎の構えに合わせ、ドラグレッダーが敵に火球を浴びせる。2000AP。昇竜突破(しょうりゅうとっぱ)とも呼ばれている。
シュートベント
メテオバレット(サバイブ)
敵に向かってドラグバイザーツバイから放つレーザー・ドラグランザーが吐く火球を同時に浴びせる。4000AP。モンスターを撃破可能な程の火力を誇り、劇中ではファイナルベントではなくこちらでモンスターにとどめを刺す事もあった。
ストレンジベント
龍騎サバイブのみが所有する、使用すると別のアドベントカードに変化する特殊カード。劇中ではトリックベント・スチールベントに変化した。
シャドーイリュージョン(サバイブ)
ストレンジベントで発動。ナイトのシャドーイリュージョンと同様に自身の分身体を複数生成する。2000AP。
スチールベント(サバイブ)
ストレンジベントで発動。相手の武器を瞬時に奪い取る。劇中ではオーディンのゴルトシールドを奪取したが、直後にオーディンもスチールベントのカードを使用したため、すぐに奪い返された。
ファイナルベント
ドラゴンライダーキック(通常)
ドラグレッダーと共に空中に舞い上がり、ドラグレッダーが放つドラグブレスを受けながら跳び蹴りを叩き込む。6000AP。発動時には腰を低く落とした特徴的な構えを取る。本編中では一度も破られた事が無く、文字通りの必殺技である。
ドラゴンファイヤーストーム(サバイブ)
龍騎サバイブを乗せたドラグランザー・バイクモードがウィリー走行し、火炎弾を連続発射しながら接近して車体で敵を踏み潰す。9000AP。
合体技
ダブルライダーキック(通常)
ハイパーバトルビデオで使用。仮面ライダーアギトとの合体技。発動時にはアギトのライダーキックと同様に龍騎の足元に龍の紋章が出現する。

仮面ライダーナイト[編集]

秋山蓮が変身する仮面ライダー。TVSP版では蓮からカードデッキを託された真司も変身した。

一見すると騎士の兜の様な頭部であるが、ソリッドフェイスシールドの奥にはブルーアイ(複眼)が存在する(第1話・最終話などで確認可能)。顎の部分のデザインは初代ライダーのクラッシャーを継承している[5]。変身ポーズは拳を握って曲げた右腕を内側に向けて振りかぶるという物で、仮面ライダー2号の変身ポーズを意識した物である。

フォーム
通常形態
  • 身長:195cm
  • 体重:95kg
  • パンチ力:200AP
  • キック力:300AP
  • ジャンプ力:ひと跳び40m
  • 走力:100mを4.5秒
基本形態。基本カラーは紺色。パワーは高くないがスピードに優れ、スピーディーかつ華麗な剣術戦を得意とし、豊富な特殊カードも有する。
デザインモチーフはコウモリ。
ナイトサバイブ
  • 身長:198cm
  • 体重:97kg
  • パンチ力:300AP
  • キック力:450AP
  • ジャンプ力:ひと跳び50m
  • 走力:100mを4.2秒
手塚から託されたSURVIVE・疾風のカードをダークバイザーツバイに装填して強化変身するナイトの最強形態。基本カラーは。変身時には全身から風を発する。龍騎サバイブと同様に他のライダー・数々のモンスターを圧倒する程の戦闘能力を発揮し、通常時と同様にスピーディーかつ華麗な剣術戦を得意とする。
劇場版ではこの形態に直接変身した。
契約モンスター
以下の項を含め、括弧内は使用フォーム。
闇の翼ダークウイング(通常)
  • 全長:1.15m
  • 翼長:3.9m
  • 全高:0.35m
  • 重量:85kg
  • 最高飛行速度:900km/h
コウモリ型モンスター。4000AP。ナイトの背中に合体して飛行能力を与え、ダークビル(口部)から吐く超音波攻撃や高速飛行しながら翼のグレートウイングを使用する斬撃・体当たりを繰り出す援護攻撃を行う。
蓮と契約する直前に士郎の実験で現実世界に召喚され、蓮の恋人である恵理に超音波を浴びせている。この時恵理を獲物として捕食しようとしたが、蓮と契約したため未遂に終わる。テレビシリーズではその後も2度彼女を狙おうとしているが蓮に止められている。ドラグレッダーと同様に契約の長期化に伴い蓮に信頼を寄せていき、名を呼ばれただけで現れた事もある。
疾風の翼ダークレイダー(サバイブ)
  • 重量:100kg
ダークウイングがサバイブの力でパワーアップした姿。APも6000へと上昇している。ドラグランザーと同様にモンスターモードバイクモードの2つの姿をとる。
モンスターモード[6]
  • 全長:1.3m
  • 翼長:3.9m
  • 全高:0.9m
  • 最高飛行速度:950km/h
召喚時の通常形態。ダークビルから吐く超音波・全身から放つ光刃を武器とする(前者は劇中未使用、後者は劇場版ラストシーンのみ使用)。ナイトとの合体能力は失われたものの、ナイトサバイブを乗せながら飛行し、空中戦も行う。
バイクモード
  • 全長:3.7m
  • 全幅:0.9m
  • 全高:1.23m
  • 最高走行速度:900km/h
  • ベース車種:ホンダ・シャドウスラッシャー[6]
ファイナルベント時に変形するバイク形態。ナイトサバイブが両耳のダークイヤーを掴んで背中に飛び乗ると、両翼がバイクのボディーを形成しながら頭部を軸に全身が90度回転し、右翼が前部・左翼が後部となって変形完了する。
召喚機
翼召剣ダークバイザー(通常)
左腰のホルスターに提げている剣型の召喚機。ライダー・モンスターのボディを両断する程の鋭い切れ味を誇り、ナイトが好んで使用する。ダークウイングの様な装飾を持つナックルガードが特徴。ナックルガード部の翼を展開し、内部にカードを装填する。
翼召剣ダークバイザーツバイ(サバイブ)
ダークバイザーがサバイブの力で変化する盾型の召喚機。普段は左腕に装備される。カード装填口が2箇所あり、上部の装填口にサバイブのカードを装填する事でナイトサバイブに強化変身する。変身後にカードを装填する場合は下部の装填口(ダークブレードの鞘)に装填する。本体に後述のダークブレードが収納されている。ダークブレードを引き抜くと3000GPの小型の盾・ダークシールドとして使用される。
所有カード・武器・技
ソードベント
ウイングランサー(通常)
ダークウイングの尾・ダークテイルを模した大型のランス。2000AP。ライダー・モンスターのボディを一撃で貫く程の破壊力を誇る。パタの様に手元を保護する装甲があり、盾としても使用可能。敵に投げ付けて使用する事もある。
ダークブレード(サバイブ)
ダークバイザーツバイから引き抜く剣。4000AP。伸縮自在の刃でモンスターの角やライダーのボディ・武器を両断する程の鋭い切れ味を誇る。ソードベントのカード自体は存在するが、劇中ではカードの装填を必要としない。またこの状態でのカードの装填も可能。
ガードベント
ウイングウォール(通常)
背中に装備するダークウイングが変化したマント。3000GP。他のアドベントカードと異なり、契約モンスターが直接変化する珍しいタイプの武装である。
シュートベント
ダークアロー(サバイブ)
ダークバイザーツバイ両端の弓が開いて変形したボウガン。3000AP。吸収した太陽光を光の矢に変化して発射する。
トリックベント
シャドーイリュージョン(通常・サバイブ)
自身の分身体を複数生成する。1000AP。最大8体まで分身可能で、さらに分身体のそれぞれがカードを使用可能。ダークウイングとの合体中に発動した場合はダークウイングと共に分身する(劇場版で使用)。サバイブ状態でも使用可能で、APが2000へと上昇している。
ナスティベント
ソニックブレイカー(通常)
ダークウイングの発する超音波で敵を撹乱する。1000AP。
ブラストベント
ダークトルネード(サバイブ)
ダークレイダーの両翼のホイールブラスターから突風を放つ。2000AP。
ファイナルベント
飛翔斬(ひしょうざん)(通常)
ウイングランサーを装備し、ダークウイングと合体して空中に舞い上がり、ウイングウォールで自身の体をドリル状に包み、急降下して敵を貫く。5000AP。この時ウイングランサーが未召喚の場合は自動的に召喚される。
疾風断(しっぷうだん)(サバイブ)
ナイトサバイブを乗せたダークレイダー・バイクモードの機首・ダークエッジからビームを発射して敵を拘束し、ナイトサバイブのマント状の翼・ナイトウイングで車体を包んで突撃し敵を貫く。8000AP。

仮面ライダーシザース[編集]

  • 身長:190cm
  • 体重:93kg
  • パンチ力:250AP
  • キック力:300AP
  • 走力:100mを5秒
  • ジャンプ力:ひと跳び35m

須藤雅史が変身する仮面ライダー。基本カラーは金色[7][8]。所有カードは全部で4枚と少なく、カードのスペックも他のライダーに劣る。しかし防御力はかなり高く、TV版では龍騎のドラグクローファイヤーをもシェルディフェンスで跳ね返したほど。劇中でも事実上ナイトとのファイナルベントの撃ち合いで競り勝っており、さらにTVSP版では一度は王蛇を倒し、須藤が浅倉を逮捕したことも明かされているなど戦闘力も他のライダーに引けを取らない。また、ボルキャンサーとの挟み撃ちによる共同戦法を得意としている。他のライダーと異なり、契約モンスターに人間を何人も捕食させていることを明確に描写されているライダーでもあり、「食べさせて強化した」とも取れる発言が存在する。

デザインモチーフは、『仮面ライダー』のショッカー怪人・カニバブラー。

契約モンスター
ボルキャンサー
  • 身長:224cm
  • 体重:165kg
カニ型の二足歩行モンスター。3000AP。シザースの命令で、自分の周りを嗅ぎ回る者を襲って喰らっていた。ドラグセイバーを弾くほどの防御力を有している。カードデッキが破壊された須藤を契約破棄とみなして捕食し、さらに弱ったナイトを捕食しようとしたところで、龍騎のドラゴンライダーキックを受けて倒される。
オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』では、ショッカーの同盟怪人として登場し、処刑広場の決戦では龍騎を迎え撃った。
召喚機
シザースバイザー
左腕に装備されたハサミ状の召喚機。接合部を開き、その中にカードを装填する。ハサミの部分は鋭い切れ味を誇る武器になっている。
所有カード・武器
ストライクベント
シザースピンチ
ボルキャンサーの右腕のハサミを模した武器。右腕に装着して使用する。1000AP。一撃で鋼鉄の板を砕き、敵を数十mも跳ね飛ばす威力を持つ。敵を挟み込んで動きを封じることもできる。
ガードベント
シェルディフェンス
ボルキャンサーの背の甲羅を模した盾。左手のシザースバイザーと合体する形で装備される。2000GP。ダイヤモンドに匹敵する硬度を誇り、いかなる衝撃も跳ね返す。前述の通り龍騎のドラグクローファイヤーには耐え、TVSP版での王蛇のベノクラッシュも耐えはしたが、連続での蹴りを浴びシェルディフェンスを弾かれてしまい防ぎきれなかった。
ファイナルベント
シザースアタック
ボルキャンサーのアシストでシザースがジャンプし、高速で空中前転しながら体当たりする。4000AP。設定上のAPは低いが、劇中使用時はナイトの飛翔斬に競り勝つほどの威力を見せた。

仮面ライダーゾルダ[編集]

  • 身長:192cm
  • 体重:110kg
  • パンチ力:300AP
  • キック力:300AP
  • 走力:100mを7秒
  • ジャンプ力:ひと跳び15m

北岡秀一が変身する仮面ライダー。基本カラーは緑。最終回では北岡に代わって由良吾郎が変身している。所有カードはほとんど銃火器類の召喚で、主に銃撃戦を得意とする反面、龍騎、ナイト、王蛇などと比べて格闘能力はそれほど高くなく、接近戦では苦戦することが多い。初登場時はソリッドフェイスシールド奥のフォトエレクトロアイが赤く点滅し、側頭部のチェーンが回転するなどメカニカルな演出が行なわれていた。

最終回で変身した吾郎は、北岡とは異なり、自身が得意とする我流の格闘技を主体にしながら武器で射撃する戦法をとった。

ゾルダサバイブを登場させる構想もあったが実現しなかった[9]

契約モンスター
鋼の巨人マグナギガ
  • 身長:285cm
  • 体重:510kg
  • 握力(ギガハンド〔左腕〕):50t
バッファロー型のモンスター。見た目は牛の角の付いた巨大ロボットのような出で立ちで、全ミラーモンスター中、一番メカニカルなデザインをしている。6000AP。全身重火器の塊であると同時に、防御力も高く龍騎に盾代わりにされたこともある。召喚時に咆哮を上げる以外は自ら動くようなことはせず、ゾルダの横に立っているだけというシーンも少なくなく、契約ミラーモンスターの中では唯一単独での戦闘シーンは描かれなかった。最期は王蛇のドゥームズデイを受けて消滅する。
召喚機
機召銃マグナバイザー
右腰に提げて携行するハンドガン型の召喚機。発射される強力破壊弾の連射力は秒間120発で、零距離で連射すればライダーも吹き飛ばせる。ゾルダのメインウェポンとして使用され、スライド部のスロットルレバーを引いた後、トリガー前部にあるマガジンスロット部にカードを装填する。
所有カード・武器
シュートベント
ギガランチャー
マグナギガのギガハンドとギガショルダー(両肩)・ギガバレル(右腕)を合体させたような形状のゾルダの身長をも上回る巨大な大砲。2000AP。10km彼方の敵に向かって、一撃でビルも破壊できる絶大な破壊力の高圧エネルギー砲弾を放つ。大型武装であるが故に移動力は落ちるが、高威力であるため、ゾルダが最も使用した武器である。なお初期は一発撃つ度に強烈な反動から、数メートル後退するという演出が行なわれていた。
ギガキャノン
マグナギガの両脚・ギガフットを模したビーム砲で、ゾルダの背中に装着する形で装備される。3000AP。こちらは移動力を落とすことなく使用できる。
ストライクベント
ギガホーン
マグナギガの頭部を模した格闘武器。銃口らしきものが付いているが、砲撃が可能かどうかは不明。2000AP。撮影用小道具自体は作られており、撮影会などでは披露されていたのだが、劇中では未使用。 北岡が「ごちゃごちゃした戦いは嫌い」と語るように接近戦を好まなかったためと思われる[独自研究?]
ガードベント
ギガアーマー
マグナギガの腹部を模した巨大な盾。3000GP。防御のみならず、ギガランチャーと合体させて反動を吸収するストッパーとして用いられる。本編中防御用に用られたのは26話と45話のみである。
ギガテクター
マグナギガの膝を模した装甲で、ゾルダの肩に装着する。1000GP。劇中未使用で、玩具ではカードの図柄も存在しているが、公式設定にはカードの存在自体が記述されていない。
ファイナルベント
エンドオブワールド
マグナバイザーをマグナギガの背中に接続し、マグナギガの全身から大量のミサイルやレーザーを一斉射撃する。7000AP。広範囲の相手を攻撃できるが、トリガーを引くまでに若干の隙が生じてしまうため、番組後半ではその隙を突かれて殆ど不発に終ることが多かった[注 1]。火力を一点集中させて放つと浴びた対象を中心に、上空数メートルに火柱が上がり、半径数十メートルが爆炎に覆われる。

仮面ライダーライア[編集]

  • 身長:190cm
  • 体重:92kg
  • パンチ力:200AP
  • キック力:300AP
  • 走力:100mを5秒
  • ジャンプ力:ひと跳び40m

手塚海之が変身する仮面ライダー。基本カラーは浅紅。後頭部に弁髪・ライアエンドを持つ。カードデッキは友人である斉藤雄一が手にしたものだったがガルドサンダーによって殺されたため、戦いを止めるべく手塚が引き継いだ。エビルウィップやコピーベントを用いたトリッキーな戦いを得意とする。また、手塚は神崎邸を訪れた際に士郎からSURVIVE・疾風のカードを渡されたが、使うことなく蓮に譲ったため、ライアがサバイブ形態になることはなかった。劇中では苦戦している描写が多いが、初戦でナイトを追い詰めたり、士郎の眷属モンスターであるガルドサンダーと互角に渡り合うなど、実際の基礎戦闘力は高い。

企画当初は13人の仮面ライダーすべてを登場させる予定はなく、ライアとガイは既に王蛇に倒されているとする案も存在していた[10]

契約モンスター
エビルダイバー
  • 全長:200cm
  • 体重:30kg
エイ型モンスター。4000AP。水中活動だけでなく飛行能力を合わせ持つ。全モンスター中最も軽量だが、ライダーを乗せられる強靭なボディを持ち、30cmの鉄板を切り裂く両端のヒレ・エビルフィンを武器とし、高速飛行しながら放つ強力な体当たり攻撃が得意技である。
召喚機
エビルバイザー
エイを模した召喚機で、左腕に装備する。カバーを上に押し上げてアドベントカードを装填する。設定上は小型の盾としても、敵を切り裂く武器としても使用できる。
所有カード・武器・技
スイングベント
エビルウィップ
エビルダイバーの尾を模したムチ状の武器。2000AP。設定上は電撃を放って攻撃できるとされる。
コピーベント
特殊カード。目の前にいるライダーの武器をコピーでき、作中では龍騎のドラグセイバーやドラグクロー、ナイトのウイングランサーをコピーした。
ダブルドラグクローファイヤー
龍騎のドラグクローをコピーし、共同で使用した。
ファイナルベント
ハイドベノン
エビルダイバーの背に乗り、波乗りのように敵に体当たりする。5000AP。

仮面ライダーガイ[編集]

  • 身長:195cm
  • 体重:100kg
  • パンチ力:300AP
  • キック力:300AP
  • 走力:100mを5秒
  • ジャンプ力:ひと跳び20m

芝浦淳が変身する仮面ライダー。西洋甲冑のような外観をしており、基本カラーは銀色。メタルホーンを用いた肉弾戦を得意とする。ナイトには初戦で敗北寸前にまで追い込まれたが、第19話での再戦時にはライアと戦いに迷いが芽生えていたナイト(最後には龍騎も参戦)が束になっても互角以上に戦っていた。他にもコンファインベントによって戦局を撹乱することを好む。多少の攻撃ではビクともせず、また致命傷を負ったとはいえゾルダのエンドオブワールドをまともに受けても生きているなど非常に高い防御力を誇る。

契約モンスター
メタルゲラス
  • 身長:235cm
  • 体重:270kg
サイ型の二足歩行モンスター。4000AP。頭部のドリル状の角や、両手に生えた頑丈で鉄板をも切り裂ける鋭利な爪・メタルネールを武器とし、巨体を活かした突進攻撃を得意とする。
オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』ではショッカーの同盟怪人として登場し怪人軍団と共に仮面ライダーオーズを襲い、処刑広場の決戦では仮面ライダーBLACKと仮面ライダーBLACK RXを迎え撃った。
召喚機
メタルバイザー
左肩に装備されている召喚機で、カードを投げ入れるようにして装填する。
所有カード・武器
ストライクベント
メタルホーン
メタルゲラスの頭部を模した格闘武器。右腕に装備して用いる。2000AP。ドリル状の角はひと突きで60cmの鉄塊を粉々に打ち砕き、敵を遠くまで殴り飛ばす威力を持つ。その一撃は龍騎やナイトを戦闘不能にした。盾としても使用できる。
コンファインベント
他のライダーが発動したカードの効力を打ち消す特殊カード。複数枚所持している。
ファイナルベント
ヘビープレッシャー
メタルホーンを装備した状態でメタルゲラスの肩に乗り、高速で突進して相手を粉砕する。5000AP。

仮面ライダー王蛇[編集]

浅倉威が変身する仮面ライダー。

契約のカードを複数所有しており、これによってメタルゲラス・エビルダイバーと追加契約し、2体のライダーの武器・技をも会得した。さらにユナイトベントによって3体のモンスターを合体させ、ジェノサイダーを誕生させる事も可能。しかし契約しているモンスターごとに餌を与えなければいけないため、契約を維持する上でのリスクも大きくなる。

なお名前の読みは「おうじゃ」であるが「おうだ」とも読めるため、視聴者の間で混乱が生じた[11]。王蛇サバイブを登場させる構想もあったが実現しなかった[9]

フォーム
通常形態
  • 身長:200cm
  • 体重:98kg
  • パンチ力:250AP
  • キック力:400AP
  • ジャンプ力:ひと跳び40m
  • 走力:100mを5秒
基本形態。基本カラーは。カードの枚数は少ないが、龍騎に匹敵する程の高い戦闘スペックを誇り、浅倉の闘争心・攻撃的な性格・凶暴性が相まって他のライダーを圧倒する戦闘能力を発揮し、執拗に標的を襲撃する戦法を得意としている。接近戦に特化している反面、防御系のカードを所持していないために遠距離攻撃には弱く、ギガランチャーに苦戦し、ドラグクローファイヤーを受けて敗退寸前に追い込まれた事もある。
デザインモチーフは『仮面ライダー』のショッカー怪人・コブラ男。
ブランク体
劇場版でリュウガのドラゴンライダーキックによってジェノサイダーを破られて変化した王蛇の素体形態。直後にファムに倒された。
なお映画公開時では通常のスーツの色を編集で変えていたのでベルトに紋章が残ったままだった。
契約モンスター
ベノスネーカー
  • 全長:6.25m
  • 重量:190kg
  • 最高移動速度:500km/h
コブラ型モンスター。5000AP。浅倉と同様に凶暴な性格をしており、口から放つ他のライダーのガードベントを溶かしてしまう程の強力な毒液[注 2]・頭部両脇の刃・ベノハーシュを武器とする。浅倉に対しては非常に忠実で、空腹時に契約不成立とみなして喰らおうとするも「待て」の一言で大人しく引き下がった。
メタルゲラス
元はガイの契約モンスターだったが、ガイの死後は王蛇を付け狙い浅倉に似た男性を車ごと殺害した[注 3]。その後契約モンスターとなる。
エビルダイバー
元はライアの契約モンスターだったが、ライアの死後は王蛇を付け狙い龍騎・ナイト・ゾルダと戦う王蛇に湖から奇襲するが、メタルゲラスと同様に契約モンスターとなる。
獣帝ジェノサイダー
  • 全長:5.3m
  • 全高:3.1m
  • 重量:490kg
ユナイトベントによってベノスネーカー・メタルゲラス・エビルダイバーの3体が融合して誕生する、の様な姿をしたキメラ型モンスター。7000AP。口から吐く光弾一発で複数のライダーをまとめて吹き飛ばすなど、AP相応の高い攻撃力を有する。設定上はジェノサイダーのアドベントカードも存在しているが、常にユナイトベントによって呼び出されるため使用されない。劇場版ではリュウガのドラゴンライダーキックで倒された。
召喚機
牙召杖ベノバイザー
コブラを模した杖型の召喚機。先端のコブラの頭の部分にアドベントカードを装填する。設定上は打撃武器としても使用可能だが、劇中でそのシーンは無い。
所有カード・武器
下記以外にライアのエビルウィップ・ハイドベノン、ガイのメタルホーン・ヘビープレッシャーを使用。
ソードベント
ベノサーベル
ベノスネーカーの尾を模したドリル状の剣。3000AP。王蛇が最も好んで使用する。「黄金の突撃剣」と称され、「ミラーワールドにおいて破壊出来ない物は存在しない」とされる。
スチールベント
相手の装備を奪うカード。劇中未使用。
ユナイトベント
ベノスネーカー・メタルゲラス・エビルダイバーの3体を融合させてジェノサイダーを召喚する。
ファイナルベント
ベノクラッシュ
空中からベノスネーカーの毒液の勢いを乗せて連続蹴りを叩き込む。6000AP。連続蹴りという性質上、TVSPのシザースの様に盾を弾き飛ばして攻撃を当てる事が可能だが、逆にインペラーの様に相手その物を途中で蹴り飛ばしてしまいトドメを刺せなかった事もある。
劇中で最も多くのライダー(ガイ・ライア・インペラー・シザース(TVSP))を倒した技である。
ドゥームズデイ
ユナイトベント発動時の必殺技。ジェノサイダーが腹部に小型のブラックホールを出現させ、王蛇が相手をその中へと蹴り込んで消滅させる。8000AP。威力は非常に高いが、発動から蹴りを繰り出すまでに時間が掛かる上に、発動中はジェノサイダーは動けずに隙だらけになってしまうなどデメリットが多い。そのためブラックホールで蹴った相手を消滅させられたのは最終話のみである[注 4]

仮面ライダーファム[編集]

仮面ライダーリュウガ[編集]

仮面ライダータイガ[編集]

  • 身長:197cm
  • 体重:97kg
  • パンチ力:250AP
  • キック力:400AP
  • 走力:100mを5秒
  • ジャンプ力:ひと跳び45m

東條悟が変身する仮面ライダー。基本カラーは白銀と青。デストバイザーやデストクローを用いた白兵戦や、デストワイルダーとのコンビネーションによる奇襲で標的を仕留める戦法、さらに不意打ちや裏切りといった卑怯な手段を得意とする。しかし、自身も敵からの不意打ちに弱く、また手の内を見抜かれたり、戦いが少しでも長引くと追い詰められている。

他のライダーは変身の際には左手でカードデッキを持つが、悟のみ右手で持って変身する。デッキは3つ存在し、香川と仲村も所持している。劇中では語られないが、うち2つは香川がタイガのデッキを研究して作り上げたコピーであり、ミラーワールドを覗くことなどはできるが変身能力はないとされる[12]

契約モンスター
デストワイルダー
  • 身長:245cm
  • 体重:280kg
  • 最高走行速度:時速300km
白虎型の二足歩行モンスター。5000AP。その巨体に反して優れた跳躍力を発揮して敵に飛びかかり、両腕の鋭利な鉤爪を武器として戦う。タイガの死後は野良モンスターとなり無差別に人を襲うが、龍騎サバイブのドラゴンファイヤーストームで倒された。
召喚機
白召斧(びゃくしょうき)デストバイザー[注 5]
斧型の召喚機。刃の付け根の白虎の頭をスライドさせ、アドベントカードを装填する。厚さ40cmの鉄板を寸断できる威力がある。
所有カード・武器
ストライクベント
デストクロー
デストワイルダーの両腕を模した巨大なクロー。両腕に装備して用いる。3000AP。その鉤爪はダイヤモンドも切り裂き、ライダーのボディも刺し貫くほど鋭く、手甲部分は盾としても使用できる。
フリーズベント
対象のモンスターを瞬間凍結させる特殊カード。これによって相手のライダーのアドベントやファイナルベントを無効化する。
リターンベント
コンファインベントで打ち消された効果を再発動する特殊カード。設定上はタイガが所持するとされるが、劇中未使用。
ファイナルベント
クリスタルブレイク
デストワイルダーが相手をタイガのいる方向へ引きずり、タイガがデストクローを突き立て結晶爆発させる。6000AP。多くのライダーに対して奇襲として用いられた技だが、デストワイルダーによる引き摺りの途中で隙を付いて脱出されることもあった。TVゲーム版ではデストワイルダーが相手を引きずるのではなく投げ飛ばしてタイガが決める技となっている。

仮面ライダーインペラー[編集]

  • 身長:195cm
  • 体重:94kg
  • パンチ力:200AP
  • キック力:400AP
  • 走力:100mを5秒
  • ジャンプ力:ひと跳び50m

佐野満が変身する仮面ライダー。基本カラーは茶色。全ライダー中最も優れたジャンプ力を活かし、ムエタイに似た足技を駆使して戦う。モンスター程度なら互角に戦えるが、龍騎や他のライダーには敵わないなど個人の戦闘力はいまひとつである。契約したモンスターの眷属を従えた集団戦法を取る。

契約モンスター
ギガゼール
  • 身長:243cm
  • 体重:125kg
  • ジャンプ力:ひと跳び50m以上
レイヨウ型の二足歩行モンスター。4000AP。驚異的なジャンプ力を持つ発達した脚力によって高速移動し、両腕の高周波電磁カッターのガゼルカッターとドリル状の刃を持つ杖を武器としたヒット&アウェイ戦法を行う。また、四肢の電磁サークルから発する電気信号によってメガゼールマガゼールネガゼールオメガゼールなど他のレイヨウ型モンスターと意思疎通し、常に複数で行動する習性を持っており、これにより契約しているのは一体だけであるが同一群のレイヨウ型モンスターもインペラーの支配下に置かれることになる。
インペラー登場以前の序盤にも野生のレイヨウ型個体が多数出現しており、龍騎やナイトたちに倒されている。
召喚機
ガゼルバイザー
右脚の脛に装備されている召喚機。膝を曲げることでスロットが解放され、カードを装填する。
所有カード・武器
スピンベント
ガゼルスタッブ
  • 全長:1300mm
  • 重量:7.5kg
ギガゼールの頭部の角を模したドリル型の武器。右腕に装備する。2000AP。高周波を発しながら高速回転する2本の巨大なドリル・ガゼルトルネードでダイヤモンドも砕くことが可能。手甲部分のガゼルディフェンダーで敵の攻撃を防ぐことも出来る。
ファイナルベント
ドライブディバイダー
多数のレイヨウ型モンスターが一斉に攻撃した後、最後にインペラーが左足で膝蹴りを決めて止めを刺す。5000AP。TVゲームでは描写が異なる。

仮面ライダーベルデ[編集]

  • 身長:193cm
  • 体重:95kg
  • パンチ力:230AP
  • キック力:300AP
  • 走力:100mを6秒
  • ジャンプ力:ひと跳び25m

TVSPのみ登場。高見沢逸郎が変身する仮面ライダー。基本カラーは黄緑色。クリアーベントやコピーベント、バイオワインダーを駆使したトリッキーな奇襲戦法を得意とする。高見沢は他のライダーたちを先導したり、コピーベントで化けてだまし討ちを図るなど卑劣なやり方で標的を潰そうとしていた。

デザインモチーフは、『仮面ライダー』のショッカー怪人・死神カメレオン。

契約モンスター
バイオグリーザ
  • 全長:228cm
  • 体重:260kg
  • ジャンプ力:ひと跳び60m
カメレオン型の二足歩行モンスター。4000AP。保護色によって周囲の景色に紛れ込み、口部のバイオマウスから最大600mまで伸ばせる長い舌と、バイオスプリングというバネが仕込まれた逆関節の脚部による高いジャンプを武器としている。
召喚機
バイオバイザー
左の腿に装備されている、カメレオンの頭を模した召喚機。カメレオンの舌のようにカードキャッチャーを手元まで伸ばし、カードを装填する。
所有カード・武器
ホールドベント
バイオワインダー
  • 全長:12cm
  • 重量:1kg
バイオグリーザの目・ワンダーアイを模した小型のヨーヨー。左手に装備する。2000AP。時速200kmのスピードと、最大600mまで伸びるワイヤー・バイオストリングの働きで高い破壊力を発揮する。離れた敵を捕縛することも可能。
クリアーベント
自身のボディを透明化する特殊カード。
コピーベント
相手の装備をコピーする特殊カード。ライアのものとは異なり、装備と同時にライダーの姿もコピー可能であり、作中ではナイトの姿をコピーしてライアを騙し討ちにした。
ファイナルベント
デスバニッシュ
バイオグリーザがベルデの足に舌を巻き付けて振り子の要領で相手を捕え、パイルドライバーのように相手の頭を地面に激突させる。5000AP。非常に威力は高く、ライア、ナイトともに致命傷を負わせている。

仮面ライダーオーディン[編集]

  • 身長:205cm
  • 体重:100kg
  • パンチ力:350AP
  • キック力:500AP
  • ジャンプ力:ひと跳び50m
  • 走力:100mを4秒

バトルに勝ち残ったライダーが最後に対戦する相手とされる仮面ライダー。基本カラーは金色。神崎士郎の分身ともいえる存在でもある。「13番目の仮面ライダー」を自称し、実体を持たない士郎に代わって戦う。士郎が選んだ適当な人間の代理人が変身している設定だが[13]、劇中では変身する場面は描かれていない[注 6]。また発する声は他のライダーと異なり、どの代理人が変身しても共通の物であり、エフェクトが掛かっている。普段はオーディンのカードデッキは士郎が所有している。

「SURVIVE 無限」によって常時サバイブ状態になっており[注 7]、特定の変身者がいないために戦闘経験に乏しいという弱点もあるが、触れると爆発する金色の羽と共に瞬間移動するなどの他のライダーには無い特殊能力を備え、これを駆使する事で龍騎サバイブ・ナイトサバイブをも全く寄せ付けずに圧倒する程の戦闘能力を発揮する。

デザインモチーフは変身忍者 嵐[1]

契約モンスター
ゴルトフェニックス
  • 全長:1.9m
  • 翼長:4.3m
  • 重量:110kg
不死鳥型のミラーワールド内で最強とされているモンスター。8000AP。赤・青のオッドアイを持ち、常に金色の炎を纏う。3枚のサバイブカードの図柄はゴルトフェニックスを模した物であるとされる。
召喚機
ゴルトバイザー
錫杖型の召喚機。先端の鳥状の飾りの下の部分をスライドさせ、アドベントカードを装填する。翼部分を観音開きの様に展開すると、3枚のサバイブカードを装填するスロットが出現するが劇中未使用。
龍騎サバイブ・ナイトサバイブのバイザーとは異なり、電子音声にエコーは掛からない。
所有カード・武器
ソードベント
ゴルトセイバー
  • 全長:1050mm
  • 重量:2.3kg
ゴルトフェニックスの翼の一部を模した剣。4000AP。2本召喚可能で、それぞれ烈火・疾風の力を持つとされる。刀身・ゴルトエッジはミラーワールド内のありとあらゆる物質を斬り裂く程の強力な切れ味を発揮し、1本のみでナイトサバイブの疾風断を破る程の力も持つ。
ガードベント
ゴルトシールド
ゴルトフェニックスの背・尾を模した大型の盾。4000GP。劇中では龍騎サバイブのメテオバレットを防いだが、それだけでなく他のライダーのファイナルベントにもビクともしない程に頑強に出来ている。
タイムベント
時間を巻き戻す力を持つ特殊カード。劇中では士郎が破損した優衣の絵を修復するために発動した。
スチールベント
相手の装備を奪う特殊カード。龍騎サバイブに奪われたゴルトシールドを即座に奪い返した。
ストレンジベント
龍騎サバイブの物と同様に何が起こるかわからない特殊カード。劇中未使用。
ファイナルベント
エターナルカオス
オーディンの必殺技。10000AP。劇中ではゴルトフェニックスを背中に合体させた以外の描写は見られず、技の全貌は明かされなかった[注 8]。TVゲームでは独自に描写されている。
日本国外でリメイクされた『KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT』では新撮されて全貌が描かれている。

オルタナティブ[編集]

  • 身長:195cm
  • 体重:98kg
  • パンチ力:300AP
  • キック力:450AP
  • 走力:100mを4.5秒
  • ジャンプ力:ひと跳び50m

香川英行が士郎の研究データと、タイガのカードデッキを元に作り出した疑似ライダー。仲村創が変身する。基本カラーは黒。ライダーの物とは異なるデッキとカードを用いるが、理論は同一のものである。ミラーワールドでの活動時間は8分25秒と短い。しかしスペックは高く、龍騎・ナイトのサバイブ形態にも匹敵する。また、他のライダーにはないカードも持ち、カードバイザーの音声もライダーと違い女性声が発せられる。スラッシュダガーで力任せに斬りかかる戦法をとる。なお、オルタナティブとは「代替品」を意味する英語である。

仮面ライダーディケイド』に登場した際は名前はオルタナティブだが頭部はオルタナティブ・ゼロのものになっている。

オルタナティブ・ゼロ[編集]

  • 身長:190cm
  • 体重:93kg
  • パンチ力:300AP
  • キック力:450AP
  • 走力:100mを4.5秒
  • ジャンプ力:ひと跳び50m

香川英行が変身する、オルタナティブのプロトタイプ。腕や胴の側面にプロトタイプを示すラインが入っているが、その他の外観や基本能力は完成型のオルタナティブと同じ。香川が相手の攻撃を全て記憶するため、同じ攻撃は二度と通用しない。『仮面ライダーウィザード』の特別編に登場してるが、『ディケイド』同様怪人扱いになっている。

契約モンスター
サイコローグ
  • 身長:225cm
  • 体重:125kg
コオロギ型の二足歩行モンスター。6500AP。素早い動きと高い跳躍力を誇り、目からミサイル弾を撃つことができる。接近音は他のミラーモンスターと異なる。
『仮面ライダー龍騎超全集 下巻』ではオルタナティブ・ゼロの契約モンスターと記載されているが[16]、『テレビマガジン特別編集 仮面ライダー龍騎』では香川と仲村の両方と契約していたと記載している[17]。契約主亡き後は野良モンスターとなっていたが、龍騎のドラグクローファイヤーとナイトの飛翔斬を受け倒される。
サイコローダー
  • 全長:222cm
  • 最高走行速度:時速680km
ホイールベント時やファイナルベント時に変形するバイク形態。前屈みの姿勢で走るサイコローグが宙に浮かび、下部に伸ばした両腕の間に前輪・両足から後輪・胸部から生体エンジンのパワーコアの順に各パーツが出現し、最後に両足から後方へスラッシュダガーと同型のマフラーが伸長して変形完了する。
召喚機
スラッシュバイザー
右腕に装着されているカードリーダータイプの召喚機。スリット部分にカードのコードを通すことでそのカードの能力を使える。カードは使用後に消滅する。
所有カード・武器
ソードベント
スラッシュダガー
ソードベントによって召喚される、サイコローグの腕の一部を模した大型剣。2000AP。超振動波を発して触れる物全てを粉砕する剣として用いるほか、青い炎状のエネルギー波を放って相手を攻撃する。
アクセルベント
一時的に超加速して攻撃する特殊カード。2500AP。
ホイールベント
サイコローグをサイコローダーに変形させるカード。4500AP。作中未使用(サイコローダー自体はファイナルベント発動時に登場)。
ファイナルベント
デッドエンド
サイコローダーに搭乗し、コマのように高速回転しながら相手に突撃する。劇中ではナイトサバイブの疾風断と相打ちになった。8000AP。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ そのため、モンスターへの止めにはギガランチャーをよく用いている。
  2. ^ 王蛇にも誤射でかけた事がある。
  3. ^ 王蛇を狙っていた理由は、『テレビマガジン特別編集仮面ライダー龍騎』では暴走[9]、『POPEYE特別編集 仮面ライダー the40th コレクション』では主人の為に敵討ちしようとしたモンスターとして紹介されている。
  4. ^ ただし最終話で消滅させた相手は標的(ゾルダ)その物ではなく、その契約モンスター(マグナギガ)であったため完全に成功したとは言えない。
  5. ^ 読みは玩具の商品名より。本来「斧」の字に「き」という読みは無い。
  6. ^ 最終話の台本には士郎がカードデッキを渡すためガード下でへたり込んでいる男に近づく場面も書かれていたが、放送ではカットされた[14]
  7. ^ 劇中には登場しないが、デザイナーの早瀬マサトは「サバイブになっていないオーディンの姿も存在するのだろう」と発言している[15]
  8. ^ この技の発動直後に地上波放送ではCMに入り、CMが明けると技を受けたナイトが力尽きていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e テレビマガジン特別編集 2004, pp. 76 - 77, 龍騎成立への道
  2. ^ テレビ朝日公式サイトQ&A → Q07
  3. ^ ファンタスティックコレクション 2003, p. 78.
  4. ^ テレビマガジン特別編集 2004, p. 21.
  5. ^ ファンタスティックコレクション 2003, p. 79
  6. ^ a b テレビマガジン特別編集 2004, p. 13.
  7. ^ 『Newtype THE LIVE Extra 仮面ライダー龍騎 THE SPECIAL』角川書店、2002年10月、p. 100。
  8. ^ 『週刊 仮面ライダー オフィシャル パーフェクト ファイル』30号、デアゴスティーニ・ジャパン、2015年4月28日、SERIES 12 FILE 06 SHEET 01。
  9. ^ a b c テレビマガジン特別編集 2004, p. 83.
  10. ^ 超全集 下巻 2003, p. 78.
  11. ^ テレビ朝日公式サイトQ&A → Q09
  12. ^ 超全集 下巻 2003, pp. 31、78.
  13. ^ テレビマガジン特別編集 2004, p. 41.
  14. ^ ファンタスティックコレクション 2003, p. 94.
  15. ^ 『装着変身seriesマニアックス』徳間書店〈Hyper mook〉、2006年5月、p.22。ISBN 4-19-730119-7
  16. ^ 超全集 下巻 2003, p. 42.
  17. ^ テレビマガジン特別編集 2004, p. 65.

参考文献[編集]