仮声帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仮声帯
Gray956.png
喉頭鏡で声帯を見た図(仮声帯は右側に Vestibular fold とラベル付けされている。)
Gray954.png
喉頭および気管上部の冠状断面図。
ラテン語 Plica vestibularis, plica ventricularis
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

仮声帯(喉頭前庭ヒダ、前庭ヒダ)は、喉頭蓋の付着部のすぐ下、声帯突起英語版のすぐ上にあって、甲状軟骨英語版の角の部分と披裂軟骨英語版の前横の面を結ぶ繊維状の組織により狭い隙間を囲む、2つの深い粘膜のヒダの内の一つである。

粘膜に包まれたこの靱帯の下縁は、喉頭室英語版の上部の境界を構成する半月形の縁を形成する。

仮声帯の重要な役割として、呼吸や発声の際に食物や飲料が気道に入らないようにすることがある。[1] 癌の治療として喉頭蓋を除去すると、喉頭蓋がある場合と違い窒息しない。[要出典]

仮声帯は通常の発声では大きな役割を果たしていない。しかし、チベットのシャント英語版フーメイでは、低く響き渡る口調を生じるのに用いられる[2]。同様に、ヘヴィメタルのいくつかの形で用いるスクリーミング唱法英語版デスヴォイス唱法、黒人音楽でのブロウと呼ばれる唱法でも用いられる。声帯と仮声帯の両方から同時に発声すると二重声を生じる。

声帯の表面が単層扁平上皮により階層化されているのに対して、仮声帯の表面は呼吸上皮英語版でおおわれている。

追加画像[編集]

馬の喉頭の断面図:
1 舌骨 2 喉頭蓋 3 仮声帯(Plica vestibularis) 4 声帯(Plica vocalis) 5 室筋 6 喉頭室 (Ventriculus laryngis) 7 声帯筋 8 喉頭隆起 (thyroid cartilage) 9 輪状軟骨 (cricoid cartilage) 10 声門下腔 11 第1気管軟骨 12 気管 (Trachea)
喉頭の入口の後面像


関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Vestibular fold flap for post-cordectomy laryngeal reconstruction; Mamede, Ricz, Aguiar-Ricz, Mello-Filho; Abstract
  2. ^ Fuks, Leonardo (1998), From Air to Music: Acoustical, Physiological and Perceptual Aspects of Reed Wind Instrument Playing and Vocal-Ventricular Fold Phonation, Stockholm, Sweden, http://www.speech.kth.se/music/publications/leofuks/thesis/contents.html 2010年1月5日閲覧。 

外部リンク[編集]