令和3年台風第16号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第16号
カテゴリー5の スーパー・タイフーンSSHWS
衛星画像
衛星画像
発生期間 2021年9月23日12時 - 10月2日0時(UTC
寿命 8.5日
最低気圧 920 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
105 knot
死傷者数 負傷者21人
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

令和3年台風第16号(れいわ3ねんたいふうだい16ごう)は、2021年9月に発生し日本に接近した台風である。

概要[編集]

9月23日21時(JST)、マリアナ諸島で台風16号が発生し、アジア名「ミンドゥル(MINDULLE)」と命名された。命名国は北朝鮮で、朝鮮語タンポポ(민들레)を意味する[1]。台風は発達・大型化しながら日本の南を北上し、26日15時には「猛烈な」台風となった[2]。最盛期の勢力は、中心気圧920hPa、中心付近の最大風速55メートル、最大瞬間風速75メートルであった。9月29日には名古屋大学の研究チームが航空機観測を行った[3]。その後10月1日に「大型で非常に強い」台風として八丈島に最も接近し、伊豆諸島千葉県等を暴風域に巻き込みながら進んだ[4]。そして翌日2日9時に日本の東で温帯低気圧に変わった。

影響・被害[編集]

台風が接近した関東地方などで影響・被害が出た。10月1日に観測された最大瞬間風速は、千葉県銚子市で41.8m/s、三宅島の坪田で41.7m/sなど[4]。千葉県では、いすみ市に「緊急安全確保」が出され、 勝浦市・いすみ市・御宿町には「避難指示」が出された[5]

総務省消防庁によると、11月26日までに確認された人的被害は、重傷者1人・軽傷者20人。また住家被害は、一部破損8棟・床上浸水と床下浸水がそれぞれ1棟ずつ[5]

気象津波の観測[編集]

この台風の北上において東京大学の田中宏幸教授らの研究チームは世界で初めて素粒子(ミュー粒子)を用いて東京湾気象津波を観測した[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 平成25年台風第26号 - この台風と進路等が類似していた台風で、関東地方に接近し、伊豆大島に大きな被害を出した。