仙道さおり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仙道 さおり(せんどう さおり、1975年 - )は日本のパーカッショニスト。日本を代表するパーカッショニストである[1]

父親がクラシック・ギターを教えていた。5歳より猪俣猛のドラム・スクールでドラムを学んだ。中学生になり13歳の時クラシックパーカッションを学んだ[1]東京音楽大学付属高等学校を卒業後、コンガカホンなどラテンパーカッションを学びプロ活動を始めた[1][2]

主な共演者[編集]

参加ユニット[編集]

著書[編集]

映像作品[編集]

発売日 タイトル メディア レーベル
2007年5月25日 【大人の楽器生活】カホン、ジャンベの嗜み DVD アトス・インターナショナル
2008年3月18日 仙道さおり 直伝 極楽パーカッション ~音あそびのススメ~ DVD アトス・インターナショナル
2011年10月19日 音あそび LIVE LAB. DVD アトス・インターナショナル

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e インタビュー”. コルグ. 2012年5月27日閲覧。
  2. ^ 三原色が交差する洗練されたサウンド”. ベガ・ミュージックエンタテインメント. 2012年5月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]