仙葉由季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
せんば ゆき
仙葉 由季
生年月日 (1969-03-13) 1969年3月13日(51歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 160 cm
血液型 O型
職業 ダンサーストリッパープロデューサー振付家俳優ヌード・モデルモデル作家パフォーマー
ジャンル 映画テレビドラマ舞台・写真展・単行本雑誌
活動期間 1989年 -
テンプレートを表示

仙葉 由季(せんば ゆき、1969年3月13日 - )は、日本マルチタレント女優。元AV女優。元ストリッパー

経歴[編集]

神奈川県出身。1989年芳友舎専属タレントとしてAVデビュー、ソフト路線の単体女優として活動[1]。翌1990年にAV業界を引退。グラビア女優として多数の雑誌で活動。新聞、雑誌の連載多数。写真雑誌全盛期に、荒木経惟をはじめとする多くの写真家の作品展や写真雑誌、CDジャケットにもモデルとして参加。グラビア女優・作品モデルとして、情報誌、グラビア誌、写真雑誌をほぼ制覇。アナログ時代の各情報誌に「独特な哲学を持つ被写体」「人間オブジェ」と称された。近年にもグラビアでその裸体を披露している。また、浅草ロック座でストリッパーとして20年以上踊った(1991-2012年)。代表演目「白いカラス」。マルチタレント。現在は舞台女優として活躍。芝居、舞踏、トークライブ、音楽ライブなど。浅草ロック座タレントのソロ演目の振付師。新宿ゴールデン街五番街「ぱいんつりー」を運営、週末土日を本人が営業。

写真作品展・雑誌モデル[編集]

  • 平地勲「IN NUDE」
  • PARCOギャラリーBORDER展
  • 写真展「百瀬恒彦作品展」
  • Gallery CLASKA 「永瀬正敏写真展〜impress刻印〜」
  • 未来画廊「永瀬正敏写真展〜impress刻印〜」
  • 「ShINC.Magazine」「コマーシャルフォト」「IN NATURAL」「BRUTUS」「ID-JAPAN」など、写真雑誌、ファッション誌、他多数

写真集・単行本[編集]

  • 1989年 芳友舎「仙葉由季写真集」撮影:小玉敏勝
  • 1991年11月 五味彬氏、アートディレクター高田正治氏との共同制作本「sEnBa」を発表

新聞、雑誌の連載[編集]

短編小説[編集]

テレビ・映画[編集]

ラジオ[編集]

CF[編集]

  • CF「スポーツクラブ・リフレ」広告ポスター、パンフレット

ストリップ関係、プロデュースなど[編集]

  • 1991年11月11日浅草ロック座「スクラップ・エンジェル」にて自身のプロデュースでストリップデビュー。舞台台本兼メイン出演者としてのオファーを請け、デビュー公演準備のため制作スタッフ一行とパリとロンドンのショーを9日間に渡り見て回るという、今日では考えられない厚待遇によるデビューであった。
  • 日本各地の劇場をはじめ、カナダ、マカオでも活躍する
  • 出演兼制作に取り組み、クラブショーやストリッパーの振り付けを始める
  • 1995年 カナダ3都市(ウィニペグ、エドモントン、バンクーバー)、ゲストステージ遠征
  • 2005年 浅草ロック座5月公演プロデュース
  • 2012年2月、浅草ロック座にてストリッパーを引退
  • 2014年5月、浅草ロック座「一夜限りの復活」
  • 代表作「白いカラス」
  • 1997年~現在、振付師
  • 2005年~現在「Team Pretty」総合プロデュース 全8公演

音楽関係[編集]

  • 布袋寅泰 GUITARHYTHM WILD TUAR」LONELY★WILDに因んだ短編小説でツアーパンフレットに参加
  • 布袋寅泰 SUPER SONIC GENERATION TOUR」ツアー映像2曲に出演(SPIDER IN THE SKY、LOVE OR DIE)
  • ROSSO(眠らないジル)ジル役でPV出演
  • 山崎ハコ アニバーサリーコンサート」ゲスト出演
  • ヒカシューはなうたはじめ Humming Soon」カバーガール。撮影は、アラーキー。
  • LiLi+phalus、ヒカシュー、フリーマンアレイ、LIVEゲスト出演

パフォーマンス、ユニットプロデュース[編集]

  • 1991年「BIKER'S & TATTOO NIGHT」にパフォーマーとして参加以後、「S-ECT」をプロデュース
  • 「S-ECT」パフォーマンス
    • 横浜クラブヘブン「BIKER'S & TATTOONIGHT'99」
    • 茂木サーキット「jha」ブース
    • 西麻布イエロー「TATTOO NIGHT2000」
    • 幕張メッセ「MARY'S COMIN」
    • 渋谷WOMB「TRANS BEAUTY'01」
    • 新宿ロフトプラスワン「S-ECTトークライブ」
    • 「S-ECT」芝居公演「METEMPSYCHOSYS---輪廻---」(脚本、演出、振り付け、出演)

舞台芝居[編集]

  • 1999~2003年、劇団前進座70周年特別芝居公演「旅の終りに」(原作・脚本 五木寛之)客演(ローザ役)新国立劇場京都南座、大阪 国立文楽劇場、他で4年間に渡り全国巡演
  • 劇団「MOON DOGS」公演「ジャパン!」、武市半平太役で客演
  • 2017年7月、プロジェクト・ムー「新・盲人書簡」(原作・寺山修司、岸田理生)黒蜥蜴役で出演
  • 2017年11月、アジア・ミーツ・アジア釜山街頭公演出演
  • 2018年3月、DA・M公演 舞踏劇「Hyo-Ryu」出演
  • 2018年7月、プロジェクト・ムー「SORA 私たちはどこから来たの?」(原作・岸田理生、脚色・福田光一)オリンピア役で出演
  • 2018年9月、アジア・ミーツ・アジア「今昔・千夜一夜」東京公演出演
  • 2018年11月、劇団ロオル「まぼろしの薔薇」月下役で出演
  • 2019年6月、プロジェクト・ムー「アリス採り」(原案・岸田理生、脚本・福田光一)ハートの女王役で出演

クラブショープロデュース[編集]

  • 2000年〜2010年 仙台「クラブチチ」(専属ダンス講師)

イベント[編集]

  • サマーソニック 03」EDO WONDERLAND 日光江戸村林海象+仙葉由季のコラボレートパフォーマンスで参加
  • 澳門「アダルト万博 in MACAO」出場
  • 幕張メッセ「ビデックスジャパン」アダルトビデオブースの三日間で3000枚の色紙にサインを書く
  • 2019年10月13〜17日、作品展「裸のエチカ」六本木ストライプハウスギャラリー。仙葉を被写体とし、絵画、映像作品、造形作品、写真や文字、舞踏、各々の表現技法で9人のアーティストによるインスタレーションを企画。参加アーティストは、平地勲(写真家)、大橋宏(舞台演出家)、森永博志(作家)、林海象(映画監督)、福田光一(劇作家)、原田拓巳(舞踏家)、藤重道治(TVディレクター)、西原政典(美術家)、宮川菊佳(ギタリスト)、仙葉由季(女優、プロデューサー)。

エピソード[編集]

  • 左派系の劇団、前進座の特別公演「旅の終わりに」への出演は、公演会場事情を含め、ヌード経験のあるタレントとして画期的な出来事だった。
  • 「布袋寅泰 ツアー」出演もヌード業界のタレントとしては珍しかった。
  • ヒカシューの1991年のアルバムでは、アラーキー撮影による上半身ヌードを披露した。
  • 2013年「週刊大衆」「アサヒカメラ」各誌8ページのグラビアで44歳の裸体を披露。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【アイドルSEXY列伝】仙葉由季「いつでも脱ぐよ!」 カッコいい五十路女子” (日本語). zakzak (2019年3月22日). 2020年7月12日閲覧。

関連項目[編集]