仙台 - 首都圏線 (ジェイアールバス東北)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仙台 - 首都圏線(仙台新宿系統)に使用される3列シート車両

仙台 - 首都圏線(せんだい・しゅとけんせん)は、首都圏東京都神奈川県横浜市)と宮城県仙台市(一部は大崎市)とを結ぶ、ジェイアールバス東北が運行する高速路線バスである。

2016年平成28年)10月1日より、東京都渋谷区[1]バスタ新宿)と宮城県仙台市を結ぶ昼行便仙台・新宿号(せんだい・しんじゅくごう)、夜行便ドリーム政宗号(ドリームまさむねごう)、神奈川県横浜市と宮城県仙台市を結ぶ夜行便ドリーム横浜・仙台号(ドリームよこはま・せんだいごう)、東京都と宮城県大崎市を結ぶ夜行便ドリームササニシキ号(ドリームササニシキごう)、そして東京駅発着の繁忙期運行便仙台・東京号(せんだい・とうきょうごう)の路線名称が統合された。

なお、本項では2008年3月31日までJRバス東北と東北急行バスにより共同運行されていた政宗号(まさむねごう)についても記載する。

各系統とも全席指定制なので、あらかじめ乗車券を購入しなければならない。

概要[編集]

1990年8月10日、仙台と新宿[2]を直結する初の定期高速路線として、JRバス東北・JRバス関東の2社に以前より東京・仙台間の高速バス(現在の「スイート号」)を運行していた東北急行バスを加えた3社で「政宗号」(昼行便)の運行を開始した。愛称名は、独眼竜の異名で知られる初代仙台藩伊達政宗に由来する。

JRバス関東は1992年に撤退。同社運行分はJRバス東北に移管された[3]

その後停留所増設や増便などが行われたものの、長く昼行便のみの運行が続いていたが、2003年4月1日に、JRバス東北が夜行便「ドリーム政宗号」の運行を開始した(運行開始当初は昼行便と同様の4列シート車を充当していた)。それまで仙台と東京を結ぶ夜行高速バスは東北急行バスの「スイート号」のみであったため、新たな夜行路線は好評をもって迎えられ、翌2004年には女性専用車(のち「レディースドリーム政宗号」)の運行も開始。2005年には夜行便の車両が独立3列シート化された[4]。なお、女性専用車の設定は2008年2月29日の出発便をもって終了している。

2005年には仙台と品川・横浜を結ぶ「ドリーム横浜・仙台号」、古川・泉中央[5]と東京を結ぶ「ドリームササニシキ号」もそれぞれ運行を開始した。

しかし、その後格安ツアーバスの台頭により、特に昼行便の利用が急激に減少した。そうした中、2008年3月31日をもってJRバス東北・東北急行バスの2社による共同運行を終了。以降はJRバス東北が「仙台・新宿号」(昼行便)と「ドリーム政宗号」(夜行便)を、東北急行バスは「ネオスイート号」(昼行便)をそれぞれほぼ同じ区間[6]で運行。「ネオスイート号」は短命に終わった[7]が、「仙台・新宿号」「ドリーム政宗号」は運賃をツアーバスとほぼ同水準に引き下げたことにより利用が回復[8]、現在に至るまで堅調に推移している。

2016年4月4日より「仙台・東京号」(週末等のみ運行)も設定されている[9][10]

運行会社[編集]

※東京側の運行支援業務はジェイアールバス関東東京支店が担当。

過去の運行会社[編集]

政宗号
  • ジェイアールバス関東 - 1992年に撤退。乗務員は棚倉営業所(当時)の担当であった。
  • 東北急行バス - 2008年3月31日をもって共同運行を終了。翌日より「ネオスイート号」として同区間での運行を継続したが、同年6月30日の運行をもって休止。
ドリーム横浜・仙台号
  • 京急観光バス - 2008年3月15日の運行をもって撤退(乗車券販売等の運行支援業務は継続)。

運行経路[編集]

仙台・新宿号

バスタ新宿新宿駅) - 池袋駅東口(新宿行のみ) - 王子駅(新宿行のみ) - (王子北ランプ) - (首都高速道路) - (東北自動車道) - (仙台南IC) - JR長町駅東口 - 仙台駅東口(72番のりば)

仙台・東京横浜号

横浜駅東口(17番のりば) - (東神奈川ランプ) - (首都高速道路) - 東京駅(乗車:八重洲南口、降車:日本橋口) - (首都高速道路) - (東北自動車道) - (仙台南IC)- JR長町駅東口 - 仙台駅東口(73番のりば)

古川仙台・東京号

東京駅(乗車:八重洲南口、降車:日本橋口) - (首都高速道路) - (東北自動車道) - (仙台南IC) - 仙台駅東口(73番のりば) - 泉中央駅 - 鷹乃杜団地入口 - 大和町バスターミナル - 道の駅三本木 - 古川駅

仙台・東京号

東京駅(乗車:八重洲南口、降車:日本橋口) - (首都高速道路) - (東北自動車道)- (仙台南IC) - 仙台駅東口(73番のりば)

運行回数[編集]

仙台・新宿号
  • 1日7往復(昼行便5、夜行便2)。
    • このうち昼行便1往復と夜行便1往復は週末等のみ運行。
仙台・東京横浜号
  • 1日1往復(夜行便1)。
古川仙台・東京号
  • 1日1往復(夜行便1)。
仙台・東京号
  • 1日2.5往復(昼行便下り2本、上り1本、夜行便1往復)
    • 全便週末等繁忙期のみ運行。

歴史[編集]

当初はJRバス関東も運行していた
  • 1990年平成2年)
  • 1992年(平成4年) - JRバス関東が撤退し運行支援に回る。2社での運行となる。
  • 2000年(平成12年)4月1日 - 上り便の池袋駅停車を開始。
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 1日5往復に増便。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - 夜行便「ドリーム政宗号」運行開始。
  • 2004年(平成16年)7月25日 - 「ドリーム政宗号」2号車を女性専用車両とし、「レディースドリーム政宗号」運行開始。
  • 2005年(平成17年)
    • 4月1日 - 「レディースドリーム政宗号」が独立3列シート車での運行となる。
    • 4月15日 - 「ドリームササニシキ号」運行開始。車両は4列シート(トイレ付き)。運行経路は、泉中央駅から泉IC経由であった。
    • 7月22日 - 「ドリーム政宗号」「ドリームササニシキ号」が独立3列シート車での運行となる(増発便は除く)。
    • 9月16日 - 「ドリーム横浜・仙台号」、JRバス東北・京浜急行バス(のち京急観光バスに移管)の2社で運行開始。神奈川県横浜市と宮城県を定期的に直結する初の交通機関であった。
ドリーム横浜・仙台号(JRバス東北)
仙台線(京急観光バス運行当時)
  • 2006年(平成18年)7月14日 - 「ドリームササニシキ号」に停留所追加(仙台駅東口、長町ターミナル)。これに伴い仙台南IC経由に経路変更。
  • 2007年(平成19年)
    • 11月30日 - 同日の古川発便より降車場所が東京駅日本橋口となる。
    • 12月1日 - 「レディースドリーム政宗号」の運行が翌年2月29日まで金・土・日と年末年始に変更。
  • 2008年(平成20年)
    • 2月29日 - この日の運行をもって「レディースドリーム政宗号」(夜行便2号車)の運行を終了。
    • 3月15日 - 「ドリーム横浜・仙台号」、この日の運行をもって京急観光バスが運行を休止、JRバス東北の単独運行となる(乗車券販売等は継続)。
    • 3月31日 - 「政宗号」、この日の運行をもって東北急行バスとの共同運行を終了。
    • 4月1日 - JRバス東北が「仙台・新宿号」(昼行)・「ドリーム政宗号」(夜行)、東北急行バスが「ネオスイート号」(昼行便)をそれぞれ独自に運行開始(「ネオスイート号」は同年6月30日まで運行)。同時に「長町ターミナル」(駅西側)から「JR長町駅東口」に停留所変更。
    • 5月12日 - この日より同年7月31日までの期間限定で、JRバス東北会社設立20周年を記念し、昼行便の大人片道運賃を3,000円に、夜行便の大人片道運賃を5,600円にそれぞれ値下げ(値下げ前の運賃は大人片道6,210円、往復(10日間有効)11,500円)。
    • 8月1日 - JRバス東北会社設立20周年キャンペーンを同年10月31日まで延長(のち2009年1月31日→同年7月31日まで再延長。ただし、金・土・日・祝日については、大人片道運賃が昼行便4,000円、夜行便5,800円となる)。
  • 2009年(平成21年)8月1日 - 同日以降も「特別謝恩割引」として割引運賃を継続。
  • 2010年(平成22年)12月1日 - 「仙台・新宿号」(昼行)1往復増便(増便分は夜行便と同じ独立3列シート車で運行)。あわせて同日より2011年3月17日までの期間限定で、夜行便の運賃(仙台発着)を改定(「ドリーム政宗号」は閑散期4,500円、繁忙期5,500円となる)。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月16日 - 同年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により運休していたが、この日より仙台発昼行便「仙台・新宿号」の運行を再開(新宿発昼行便は翌17日から)。午前発の2便のみ運行(以降順次増便)し、JR長町駅東口は通過[11]
    • 4月1日 - 新宿発着便はこの日より通常の運行に戻る(夜行便「ドリーム政宗号」も運行を再開。4月10日まで[12]4月28日5月10日の特定日[13]は夜行便の運賃が大人片道5,800円となる)。ただし、JR長町駅東口は引き続き通過。
    • 4月15日 - この日よりJR長町駅東口での客扱いを再開。
    • 7月28日 - 「ドリーム横浜・仙台号」「ドリームササニシキ号」、この日の古川・仙台発の便(横浜・東京発は翌7月29日)より運行を再開。
    • 12月1日 - 「仙台・新宿号」(昼行)1往復増便(独立3列シート車で運行)。
    • 12月16日 - この日より「仙台・新宿号」(昼行)のうち1往復(上り2号、下り1号)に4列ワイドシート車を導入(下り1号は翌12月17日より)[14]
  • 2013年(平成25年)
    • 4月1日 - 「ドリームササニシキ号」、この日の出発便より大和町バスターミナルへの停車を開始、JR長町駅東口・富谷学校前・吉岡志田町の各停留所を廃止。あわせて運賃を改定、往復割引を廃止。
    • 8月1日 - 運賃を昼行便3段階(S期間・A期間・B期間)、夜行便4段階(S期間・A期間・B期間・C期間)に改訂[15]
    • 12月1日 - 運賃改訂。昼行便は各期間とも500円、夜行便は200円~300円の値上げ。
  • 2014年(平成26年)
    • 4月1日 - 「仙台・新宿号」(昼行)、「ドリーム政宗号」(夜行)各1往復ずつ増便。いずれも独立3列シート車で運行[16]
    • 10月6日 - この日より同年11月30日までの予定で、昼行便「仙台・新宿号」1往復と夜行便「ドリーム政宗号」1往復が週末等のみの運行に変更[17]
  • 2016年(平成28年)
    • 3月31日 - この日出発分をもって、各路線ともみどりの窓口での乗車券発売を終了(取扱いは同日乗車分まで)[18]
    • 4月4日 - 「仙台・新宿号」「ドリーム政宗号」、新宿駅の発着場所をバスタ新宿に変更[19]。また、東京駅発着の「仙台・東京号」(週末等運行)の運行を開始[9]
    • 10月1日 - この日の出発便より各系統の路線名称を統合[20]
  • 2019年(平成31年・令和元年)
    • 4月1日 - この日の出発便より「仙台・品川横浜号」の品川バスターミナル停車を廃止、東京駅停車に変更。これにより路線名を「仙台・東京横浜号」に変更[21]
    • 6月21日 - 運賃改定。

使用車両[編集]

  • 原則として、化粧室付き独立3列シート車が使用される。
  • 一部昼行便、および2号車以降は化粧室付き4列シート車(40人乗りハイデッカー車)が使用される場合もある。
    • なお、「政宗号」の運行開始から2001年頃までは各社とも34人乗りスーパーハイデッカー車で運行していた。
  • 2004年7月25日~2008年2月29日まで夜行便の2号車は女性専用車(レディースドリーム政宗号)として運行されていた。運行日は以下の通り。
    • 運行開始~2007年11月30日:毎日運行
    • 2007年12月1日~2008年2月29日:金土日祝および年末年始に限り運行


利用状況[編集]

政宗号(仙台 - 新宿)
年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2002年(平成14年)度 365 3,852 79,584 218.0 20.7
2003年(平成15年)度 366 4,956 122,165 333.8 24.6
2004年(平成16年)度 365 5,490 127,417 349.1 23.2
2005年(平成17年)度 365 5,731 109,092 298.9 19.0
2006年(平成18年)度 365 5,542 89,462 245.1 16.1
2007年(平成19年)度 366 5,232 65,571 179.2 12.5
うち昼行便(2006年度より)
年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2006年(平成18年)度 365 3,678 54,704 149.9 14.9
2007年(平成19年)度 366 3,674 40,148 109.7 10.9
うち夜行便(2006年度より)
年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2006年(平成18年)度 365 1,864 34,758 95.2 18.6
2007年(平成19年)度 366 1,558 25,423 69.5 16.3
ドリームササニシキ号
年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2005年(平成17年)度 351 774 12,173 34.7 16.4
2006年(平成18年)度 365 815 14,600 40.0 17.9
2007年(平成19年)度 366 825 15,196 41.5 18.4

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ バスタ新宿の所在地は渋谷区千駄ヶ谷5丁目。甲州街道上に渋谷・新宿区境がある。
  2. ^ 前年(1989年)にJRバス関東がJRバス新宿駅(のちの新宿駅新南口)を開設していた。
  3. ^ 古川営業所の乗務員が担当した時期がある。
  4. ^ 当初は「レディースドリーム政宗号」のみであったが、のち通常便も3列化された。
  5. ^ のち仙台駅東口・JR長町駅東口にも乗り入れ。
  6. ^ 仙台の発着地が異なっていた(「ネオスイート号」は東北急行バス仙台営業所発着)。
  7. ^ 2008年6月30日の運行をもって廃止。
  8. ^ ジェイアールバス東北 厳しい環境の中、着実に実績(交通新聞ニュース 2009年4月15日)
  9. ^ a b 【お知らせ】 「東京駅⇔仙台駅」直通便 の運行を開始します!”. ジェイアールバス東北 (2016年3月31日). 2016年4月25日閲覧。
  10. ^ 2015年9月に女性専用臨時便として運行。同年~2016年の年末年始には昼行便を臨時便として運行した。
  11. ^ JRバス東北 仙台―新宿間22日まで運行 既に予約で満席(河北新報 2011年3月17日)
  12. ^ 本来は2011年3月18日からの予定であった。
  13. ^ これ以降はお盆・年末年始が該当。
  14. ^ おしらせ 仙台・新宿号 4列ワイドシート車の導入 (PDF) (JRバス東北ホームページ)
  15. ^ 運賃カレンダー(2013年8月1日~11月30日) (PDF) (JRバス東北ホームページ)
  16. ^ 【ダイヤ改正】 4/1 「仙台⇔首都圏」が1日9往復に増便”. ジェイアールバス東北 (2014年3月18日). 2014年4月1日閲覧。
  17. ^ 【お知らせ】10/6~11/30 「仙台⇔新宿」 運転日を一部変更します”. ジェイアールバス東北 (2014年9月4日). 2014年10月13日閲覧。
  18. ^ 交通新聞社発行の大型時刻表2016年3月号の該当路線の項(『(H28年)4/1出発分より「みどりの窓口」での発売はございません』との記載あり)より
  19. ^ 【お知らせ】新宿駅の乗り場が移転します(4月4日から)”. ジェイアールバス東北 (2016年2月9日). 2016年4月25日閲覧。
  20. ^ 仙台⇔首都圏の路線名称統合について”. ジェイアールバス東北 (2016年9月5日). 2016年10月2日閲覧。
  21. ^ 【高速バス】2019年4月1日 「仙台・品川横浜号」経路変更のお知らせ”. ジェイアールバス東北 (2019年2月28日). 2019年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]