仙台空港 - 山形線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仙台空港 - 山形線(宮城交通)
仙台空港 - 山形線(宮城交通)
仙台空港 - 山形線(山交バス)
仙台空港 - 山形線(山交バス)

仙台空港 - 山形線(せんだいくうこう - やまがたせん)は、宮城県名取市にある仙台空港山形県山形市を結ぶ高速バス路線である。

2008年6月30日を以て、燃料高騰と利用者低迷で廃止されたが、訪日外国人旅行者(インバウンド)拡大への期待を受け[1]2017年4月21日から運行が再開された[2]

運行会社[編集]

運行経路[編集]

仙台空港 - (仙台空港IC) - (仙台東部道路) - (仙台南部道路) - (東北自動車道) - (山形自動車道) - (山形蔵王IC) - 山形駅(東口1番乗り場)

  • 2008年の運行休止までは、山形市内の山形県庁前、鉄砲町、山交ビルの各停留所にも停車していた。

運行回数[編集]

  • 1日4往復(宮城交通、山交バスとも各2往復担当)。

運賃[編集]

2017年4月21日現在

  • 片道1,500円(小人半額)

歴史[編集]

運行休止前の車両(宮城交通)
運行休止前の車両(宮城交通)
運行休止前の車両(山交バス)
運行休止前の車両(山交バス)
  • 1998年平成10年)12月19日 - 運行開始(1日4往復、大人片道1,800円)。
  • 2003年(平成15年)8月1日 - 1日8往復に増便し、運賃を大人片道1,500円に値下げ。
  • 2005年(平成17年)10月1日 - 宮城県側運行会社が宮交観光サービスから宮城交通になる。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 1日10往復に増便。
  • 2008年(平成20年)
    • 4月1日 - 1日8往復に減便。
    • 6月30日 - 燃料高騰と利用者低迷により、同日の運行をもって廃止。
  • 2017年(平成29年)4月21日 - 1日4往復にて運行再開。併せて、宮城交通が担当する2往復のみ、icscaに対応。

その他[編集]

  • 予約不要(定員制)。
  • 2008年の運行休止までは予約制であった(空席があれば予約なしでも乗車できた)。
    • 運行開始当初は、「運行日5日前までに予約人員が0の場合は運休することがある」と案内していた。(予約をしていない場合は運行会社に当日運行の有無の確認が必要であった)
  • 鉄砲町停留所に利用者用無料駐車場があった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]