仙台市立七北田中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仙台市立七北田中学校
国公私立 公立学校
設置者 仙台市
校訓 創造・友愛・健康
設立年月日 1947年4月1日
開校記念日 4月17日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 981-3131
宮城県仙台市泉区七北田字東裏100番地

北緯38度19分27秒 東経140度53分34.6秒 / 北緯38.32417度 東経140.892944度 / 38.32417; 140.892944座標: 北緯38度19分27秒 東経140度53分34.6秒 / 北緯38.32417度 東経140.892944度 / 38.32417; 140.892944
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

仙台市立七北田中学校(せんだいしりつ ななきたちゅうがっこう)は、宮城県仙台市泉区七北田字東裏にある公立中学校。通称は「七中」(ななちゅう)。

概要[編集]

本校は、戦後学制改革学校教育法)により、新制中学校として当時の七北田村に開校した。開校当時は、新制七北田小学校の校舎の一部を間借りしてのスタートであった。最盛期には生徒数1200余名を数えるが、現仙台市泉区の団地造成に伴い、仙台市立将監中学校など多くの中学校が同校から分離した。 著名な卒業生としてフィギュアスケート本田武史羽生結弦がいる。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)と一連の余震では、本校が位置する仙台市泉区内では、最大で震度6弱にも及ぶ激しい揺れにより学校施設が被害を受け、修繕工事が行われている間、近隣の学校の一部を間借りして授業を行う措置が取られた。

校歌[編集]

作詞 斎藤荘次郎 作曲 佐藤 長助

校章の由来[編集]

縦に走る山の形は、郷土の山、秀麗泉ヶ岳を表す。 横に走る白線は、泉ヶ岳に源を発し、西から東へと泉区を横断して住民生活の上水道、農業用水として幾多の恩恵を与えている清流「冠川」を図案化したものである。

沿革[編集]

農繁休暇[編集]

1950年(昭和35年)より、学校公認の農繁公認休暇が取られた。当時は、畑・田圃を耕運機ではなく馬や牛で耕し、特に田植え、稲刈りの時期には家族総出で行われた。子供も中学生になると一人前とみなされ、朝から晩まで作業したため、3日間の休暇を与えていた。それでも忙しい者には、非公式ながらも農繁休暇を認めていた。特に1965年(昭和40年)は、異常な人手不足のため、5日間を公認休暇とした。

校舎[編集]

  • 1949年(昭和24年)校舎が完成。当然ながら、初期の校舎は木造であった。七北田村第4代村長の遠藤永次郎の提唱により、向陽台の村有地に植えられた杉が木材に使用された。
  • 1973年(昭和48年)新校舎(現校舎)完成。コンクリート造りであり、旧校舎よりも北側に建設される。その後旧木造校舎は取り壊されたが、旧体育館だけは改修、1999年(平成11年)まで使われていた。
  • 2011年(平成23年)東日本大震災により巨大な亀裂が校舎に入り、職員以外校舎に入ってはいけなくなった。
  • 2012年(平成24年)東日本大震災によって起きた、校舎の被害の修理が開始した。

著名な卒業生[編集]

下記の人物はいずれもフィギュアスケート選手

参考文献[編集]

  • 創立五十周年記念誌「ななきた」

外部リンク[編集]