他田氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
他田氏
家紋
本姓 他田部氏
種別 武家
神官
出身地 信濃国小県郡
主な根拠地 信濃国小県郡
信濃国諏訪神社
凡例 / Category:日本の氏族

他田氏(おさだし)とは、日本氏族のひとつで、神武天皇の皇子神八井耳命を祖とする多氏に属する古代氏族とされる。

概要[編集]

他田氏の祖は部民制における他田部氏の出で、部民制は7世紀に血縁に基づく氏族制へと変わっていくが、部称は氏族名に転化されて残り、奈良時代神護景雲2年(768年)に爵2級を与えられた伊那郡他田舎人千世売(おさだのとねり-ちよめ)や万葉集防人の歌を残した小県郡の他田舎人大嶋(おさだのとねり-おおしま)など、主に信濃国を中心に他田を名乗る人物が記録に残されている。ただし、同じ「他田舎人」であっても祖先が「他田の宮に奉仕する舎人」だったということ以外は示しておらず、必ずしも血統的な同族と特定されるわけではない。

また、承平8年(938年)に東山道を京に向かう平貞盛と追撃してきた平将門の軍勢100騎とが信濃国分寺付近で戦った記録に、戦死者として信濃国小県郡郡司他田真樹(おさだのまき)の名前が残されている。

後述する他田目古系統など、主に各地の郡衙などに勤める地方役人であったとされるが詳細はわかっていない。9世紀中頃より郡司の権限が国司に集約されるに従って、他田氏の記録も見られなくなっていく。

他田目古[編集]

有力な他田氏としては、他田目古の系統がある。多氏出身とされる科野国造家の後胤とされる金刺舎人直金弓金刺舎人姓を賜り、建五百建命の8世孫)の子で、他田舎人部の伴造家となったことから他田舎人直となり、子孫は他田を名乗ることになる。したがって、目古の兄である金刺麻背を祖とする諏訪氏とは同祖の関係となる。

他田目古の子孫は、孫の老が従六位下伊那郡擬少領(「擬」は臨時の意味)に補されたことで主に南信濃に勢力を持ち、文治5年(1189年)の奥州合戦で勲功をあげた他田太郎重常を輩出している。また伊那の豪族で、江戸時代柳間交代寄合(三千石)として家門を保った知久氏の祖も目古系統の他田氏とされている。

その他[編集]

祖が長田御厨の庄官を勤めたと伝えられる信濃国高井郡発祥の保科氏には「長田は他田に通じるもの」として他田氏出身とする説があり、「信濃史源考」では諏訪氏の庶流としていることから前述の他田目古の系統である可能性もある。