仔羊エルマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
仔羊エルマー
生年月日 (1982-05-07) 1982年5月7日(36歳)
出身地 日本の旗 日本 大分県大分市
血液型 O型
身長 158cm
言語 日本語
芸風 リズム芸、漫談
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2005年 -
現在の代表番組 テレ遊びパフォー!
エンタの神様
公式サイト 仔羊エルマーの恵まれない子供達へ支援物資を送ったが、着払い!

仔羊エルマー(こひつじエルマー、1982年5月7日 - )は、日本のお笑い芸人ピン芸人

大分県大分市出身。ワタナベエンターテインメント所属。

略歴・人物[編集]

2005年に芸人活動を開始。所属事務所は、呵生プロダクション[1] → おふぃす犬猫かまきりを経て[2]2008年4月から代官山プロダクション[3]2009年からヴァーサタイルエンタテインメント[4]2010年オルスタエンタテインメントに所属[5]。この後、ワタナベコメディスクールを経てワタナベエンターテインメントに所属。

自分が主演のライブ『仔羊エルマー独演界 上質下品唯我独尊』を、2007年中に6回(2月12日4月9日6月11日8月6日10月8日12月10日)開催。8月6日の第4回は、出演者を全員同郷の大分県出身者にして開催した。また、自らが企画として加わったライブ『笑×雷×音』(ワーライオン)を、2005年9月22日と2007年9月22日に開催、音楽ライブ『アコギな奴ら』(2005年11月26日から2008年4月26日まで、28回開催)の司会も務めていた[2]

2010年当時は、鼻の下に「八」の字型のを生やしていた[6]

芸風[編集]

かつては、刺青模様のものや、パンダの絵が描かれた全身タイツを着てネタを演じ(パンダ模様の時は頭にパンダの耳型も付けている)、7・5調の一言ネタを「ありえな~い、だけどもありえる~」というセリフと振り付けのブリッジと、大の字になったような形で「ハイッ!」と言ったポーズでつないで行っていた。『エンタの神様』での衣装はこれとは違い、女子高生を意識したスカートの制服と青いかつらで、髭も青く染めて「ありえないJK」として出演していた[6]

のち、2015年は『パイプ椅子組体操』というネタを演じている[7]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CD[編集]

  • 独唱パンク Vol.4 (2007年12月25日、ピープルズレコーズ)
    チバ大三プロデュース。他の参加者はアンダーソン、青木研治、河内伴理、川上テルヒサ、恋川春町、桜川春子、ろみ。ゲスト参加は三上寛

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1回戦・東京 1/15(土) 有明スタジオ”. R-1ぐらんぷり2005 (2005年1月15日). 2016年1月22日閲覧。
  2. ^ a b アコギな奴ら@僕っお手伝いっ!”. 仔羊エルマーオフィシャルブログ (2009年4月25日). 2016年1月22日閲覧。
  3. ^ 上質e下品e”. 笑害者。仔羊エルマー 公式モバイルサイト. 2016年1月22日閲覧。
  4. ^ こんばんわっ”. 仔羊エルマーオフィシャルブログ (2009年12月7日). 2016年1月22日閲覧。
  5. ^ 第2回エルマーたんと遊ぼう☆彡~答えて!?エルマーたん!!~お返事45”. 仔羊エルマーオフィシャルブログ (2010年8月31日). 2016年1月22日閲覧。
  6. ^ a b c 仔羊エルマー”. エンタの神様 番組公式サイト. 2016年1月22日閲覧。
  7. ^ 仔羊エルマーのパイプ椅子で組体操☆ミ”. 仔羊エルマーオフィシャルブログ (2015年11月14日). 2016年1月22日閲覧。

外部リンク[編集]