仏眼院 (桑名市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仏眼院ぶつげんいん
Butsugen-in (Kuwana).JPG
所在地 三重県桑名市南魚町35番地
山号 寳興山
宗旨 天台宗
本尊 文殊菩薩
法人番号 1190005008044 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

仏眼院(ぶつげんいん)は、三重県桑名市南魚町に位置する天台宗の寺院。山号は寳興山(ほうこうざん)と称する。本尊は文殊菩薩。

由緒[編集]

この寺の創建については不詳であるが、最澄の創建と伝えられる。寛永年間(1624年 - 1644年黒衣の宰相と称された天海の弟子天尊によって中興され、江戸時代には幕府から朱印状が与えられた。また、江戸時代桑名藩藩士の寺であったが、火事によりその多くを焼失してしまう。現存する墓地には桑名藩士の先祖代々の墓が残る。刀工千子村正の菩提寺であったとする説もある[1]

文化財[編集]

  • 桑名市指定有形文化財
    • 喚鐘
  • 桑名市指定史跡
    • 伊藤武左衛門実房・伊藤武左衛門実倫墓

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 福永 1993, 5巻, pp. 166–169.

参考文献[編集]

  • 福永酔剣 『日本刀大百科事典』 雄山閣、1993年。ISBN 4-639-01202-0 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]