仏教用語一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

仏教用語一覧(ぶっきょうようご いちらん)では、仏教用語を、日本語にしているものを中心として一覧形式で表す。

概説[編集]

仏教用語は、仏教発祥の地であるインドが起源であり、そこで生まれた様々な用語は中国において、「般若」「三昧」など発音漢字を当てはめた音訳、あるいは、「」「」など意味の該当する漢字に置き換えた意訳の、2種の方法によって中国語化された。さらに、それらの漢字化された仏教用語は日本にも伝わり、「有頂天」や「玄関」などといった一部の語は、一般社会においても日常語として使用されるようになった。

また、「」(kapāla、鉢、頭蓋骨)や「鳥居」(torāna、仏塔の垣門)も仏教用語が起源であるとする説がある。


あ行[編集]


か行[編集]


さ行[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

た行[編集]

な行[編集]


は行[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

ま行[編集]

や行[編集]


ら行[編集]


わ行[編集]

各地の仏教[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 売る買う販売購入」ではなく、授かる、授ける、享けると言う
  2. ^ 販売する、とは言わない
  3. ^ 報恩記報恩坊報恩院報恩寺、など

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]